その他の国のクルマ

2008年4月 5日 (土)

気になる方がいたようなので・・・

Skodaroomster_2006_800x600_wallpape 昨日の記事の、写真のクルマが気になる、という方が結構いたようなので、紹介しておきます。
コレです、シュコダ・ルームスターと言います。
チェコの自動車メーカー、シュコダの窓のグラフィックが特徴的なコンパクトワゴンです。現地には、外観をSUV的な雰囲気に仕立てたソフトローダー仕様もあるようです。日本で言うキューブみたいなものかな?

Skodaroomster_2006_800x600_wallpa_2 このルームスターや、最近発表された最上級車種のスパーブ(4ドアセダンみたいな5ドアハッチバック)も、個人的に結構ツボなデザインです。シュコダは日本に正規で輸入されたことは無く、これからも輸入されるとは思えませんが、気になるメーカーのひとつです。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4)

2008年1月11日 (金)

インドは大変なクルマを造り上げました

02tatananonew インドの自動車メーカー、タタが世界で最も安い小型乗用車を発表しました。
その名も“ナノ”といいます。価格はなんと10万ルピーということで、約28万円!624ccのエンジンをリアに搭載した4ドア車です。カタチはいろんなところから影響を受けてるような気もしますが、某国のようなあからさまなコピーデザインではないみたい。四隅に追いやられたちっこいタイヤ&鉄ホイールに激しく萌え。ってかコレ、4人乗って大丈夫なのか?何㎞/h出るんだろう?事故ったらどうなるんだろう?など、いろいろ疑問は尽きないけど(笑)何はともあれ28万円。日本ではこのままの価格で買えるとは到底思えないので、現実的な選択肢になるのは難しいでしょうが、コレをきっかけにインドの自動車産業が発達してくる可能性は大いにあるわけで。Standard4 Interior7

激安車で思い出すのはスズキのツイン。アレも4人乗りだったらまだ生き残っていたかもしれない・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (5)

2007年9月23日 (日)

祭り会場にボルボC30

P1030138 タダETCを申し込みに“KTSの日”祭り会場に乗り込んだら、お祭りということで、デミオとこのボルボC30が展示されてました。
コレは思わぬ収穫!ちょろっと見てきました。

正直、写真では「どうかな~?」と思っていたのですが、実車はかなりカッコいいですね。ボルボが主張する、スタイリッシュなクーペというのも十分わかる。このスタイリングは街中でもかなり異彩を放つことでしょう。写真映えしないのが可哀想なクルマです。
P1030139 インテリアもかなりイイ!ブラックの革に木目の組み合わせでしたが、なんというか、初めてティアナのインテリアを見たときに似た感動が。
ドアはさすがボルボといった感じで、重たく分厚いモノでした。そしてクーペだから長い。
このクルマはゴルフなどと比較して選ぶクルマって言うよりは、このスタイリングが気に入ればコレしかない、そんな感じのクルマだと思います。P1030140

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4)

2007年8月29日 (水)

フォード・ファルコン大特集!?

P1010837 今日はちょっと変わったネタをアップします。
画像の整理をしていたら、今年のオーストラリアでの修学旅行の画像がたくさん出てきました。で、今さらですが、フォトギャラリーにフォード・ファルコンの画像をいくつかアップしました。一晩だけファームステイでお世話になった家のクルマです。この修学旅行でバス以外に唯一乗ったクルマ。日本ではまずお目にかかれないクルマなので、興味のある方はどうぞ。
みんカラのフォトギャラリーですが、こちらから↓

フォトギャラリー:思い出(?)のフォード・ファルコン

フォード・ファルコンは日本で言うカローラやサニーみたいなクルマです。かなり大柄なセダンですが、オーストラリアではコレがスタンダード。文化の違いを感じますね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2)

2007年7月12日 (木)

飽きるほど見た

P1010792 オーストラリアのクルマシリーズ第5弾。
日本ではあまりポピュラーではないトヨタのカムリですが、アメリカやオーストラリアではメジャー中のメジャー。もうかなりたくさん走ってました。現行型も飽きるほど見たよ・・・
しかしよく見てみると、こんな風に日本では買うことのできない仕様もあるんですね。日本仕様のカムリってエグい顔してるくせにオプションカタログにもエアロは載ってないんですよね。
でも実を言うとこっちの方が気になります。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2)

2007年7月11日 (水)

美しい汚れ・・・

P1010853 オーストラリアのクルマシリーズ第4弾。
コレは田舎の方でみかけたおそらくホールデンの大型セダンなんですが、この茶色いの、ペイントでもなんでもありません。なんと汚れです。土や砂です。私も初めて見たときは目を疑ったんですが、田舎の何もないところなどではこういう汚れ方をしているクルマを結構見かけました。なんというか、綺麗に汚れているというか、汚れなのに美しい。やっぱり雨がほとんど降らないとこんな感じになるんですかね。コレを見て改めて「あぁー、外国に来てるんだなぁー」と実感しました。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4)

2007年7月 8日 (日)

バスもやっぱり

P1010786 オーストラリアのクルマシリーズ第2弾。
2回目にして早くも番外的な感じですが、オーストラリアといったらコレです。バスもやっぱり付けてました、カンガルーバンパー。あとフロントガラスを守る金網。
ただ、オーストラリアのクルマもみんながみんなコレを付けてるというワケではないようです。都市部を走ってる乗用車なんかはむしろ付いている方が珍しかったり。しかし少し田舎に行くと、やっぱりほとんどのクルマがカンガルーバンパー付きでした。長距離走るトラックやバスももちろん装備。おかげでゴツい大型トラックがさらにゴツい。こればっかりはオーストラリア独自のクルマ文化ですよね。
あとそう、バスは全席シートベルト装着が義務づけられてます。違反時の罰金は乗客個人に請求されるんだとか。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4)

2007年3月28日 (水)

オイ!

000062649 オイ!
貴様らには恥というものが無いのか!!

・・・とでも言いたくなるようなクルマの登場です。
冒頭から暴言失礼
000062652 “ヒュンダイ・コンセプト・ジェネシス”といいます。
パクったパクらないで騒ぐのは非常に愚かなことだって分かってるんだけど、やっぱり反応しちゃうよ、コレじゃあ。
まず顔ですが、よくLSとカムリの顔は似てるなんて聞きますが、コイツは丁度その2台の中間といった感じ。よう考えたな。
ヒュンダイも高級車市場に進出するということで、立ち位置までまんまレクサス。
そしてサイドはV36(特に窓のカタチ)似です。
その他全体の雰囲気として、こないだモデルチェンジしたフォード・モンデオにもどこか通じるような・・・
000062655 恐ろしいのはヒュンダイ、このクルマを400万以下で売ろうとしているところでしょうか。エンジンは4.6LのV8、6速ATで、LSとだいぶ通じるところがありますが、価格は約半値。ちょっとズルくね?だってパクリだろうが何だろうが、そんなプライスタグを見せつけられたら誰だってクラっときちゃいますよ。レクサス危うし!

しかしまあ、こういうデザインのクルマが出てくるってことは、まだまだデザイン面では韓国は日本より格下ってことの証明でもあります。そういう意味ではちょっと安心。日本車が韓国車真似たって話はあんまり聞かないし。
そしてきっとドイツ人も日本車に対して同じ気持ちでいるに違いない・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (6)

2007年3月11日 (日)

国籍不明のイカしたセダン

5936c7784ddc138de3f76636a0c2a8b0 またまた面白いクルマを見つけました。
これもジュネーヴショーのコンセプトカーなのでしょうか。
妙に目の細い、ランチア風の4ドアセダンです。なかなかカッコいい。
私はよくノートの落書きで国籍不明のオリジナルのクルマを描いたりしているのですが、まさにこんな感じのヤツ。79897a74fc39b88f69d87e6f495a19dd
どうやらTataっていうブランドのクルマみたいですが、私にはいったいどこの国のクルマなのか見当もつきません。
なんとなくインドにそんな名前の会社があったような、なかったような・・・
誰か知ってる方いませんか?

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月 9日 (金)

ドンカーブート?

F44f6bfa74a8d59cf3dbd0002ddcd955 なんかすごくカッコいい&面白いクルマを見つけました。
詳しいことはよく分かりませんが、ドンカーブートというブランドのクルマのようです。

457ada5123c7f544a6473adb0028d387 ドンカーブートは、言ってみればスーパーセヴンみたいなクルマをつくっているオランダのメーカーです。
多分このクルマもそれがベースだと思われます。
しかし、ベース車は非常にシンプルで古風なスポーツカーなのに、ちょっと屋根を付けたりするだけでこんなに“未来のクルマ”チックになるんですね。
誰か詳細を知っていたら教えてください!

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧