評論ぢゃないよ

2009年10月29日 (木)

東京モーターショー雑感

行ったワケじゃないけど、いろいろ思ってることもあるんで。
結構書いてる人多いしww
まあやっぱり規模に関しては、大幅に縮小しちゃって、主要な輸入車メーカーが来なかったりとか、寂しい面があったけど、個人的には前回(2年前に)コレと同じくらいかコレより小さい福岡のモーターショー見に行ったんで、あんまり変わらないんですよねー。国産メーカーもコンセプトカーの数が減ったりしてるワケですが、これはむしろ良い傾向ないんじゃないかと。確かにモーターショーを華やかにするためには、ああいう派手なコンセプトカーは必要かもしれないし、ネットや雑誌の写真見るとやっぱりワクワクしてたけど、前回福岡に見に行って思った。なんか壇上の遠くにあるから間近で見れないし、人も群がってるし、ステージ上のハデな演出効果でよく見えないし、お姉さんもいるし、当然触れないし。こんなの意味ねぇーって。ハッキリ言って、あんなハリボテに時間とお金を掛けるぐらいだったら、今売ってるクルマをもっと良くして貰った方がイイです。未来の車って言っても、何年後かにホントにそうなるとは限らない(というか多分絶対ならなかったりする)モノだし。今までってそういう意味のない、でもお金はすごい掛かったコンセプトカーが多すぎたんだと思います。
そういう意味で今回は、規模は小さくても実のある内容だったのでは。まあ相変わらずナニ考えてんの?的な提案もいくつかありましたが。
000108197 俺にとってのそういう筆頭はやはりこのクルマなんですがw
レクサスLFA。3750万円というのは仰天ですね。GT-R4台買えるしwいやまあGT-R4台分より遙かに値打ちのあるクルマ、別格のスーパースポーツなのかもしれないけど、それにしてはサイドマーカーや給油口の処理が不細工すぎないかというツッコミも、ツッコんだら負けなんじゃないかと思うぐらいの出来なんですが。というか若者向けお手軽スポーツカーのFT-ハチロクと、見た感じの印象が変わらないのも問題のような・・・
まあコレ以外はなかなか興味深い、日本車の底力というか、これからを担っていくような重要なモデルが多いような気がします。さっきのFT-ハチロクとか、CR-Zとか、どういう結果になるのかホントに興味があるし、「まだまだ日本車も面白いじゃないかー」と思わせてくれるようなモデルです。でも、これだけベンツやビーエムがシカトしても、相変わらず「ドイツ車マンセーww」って状況に変化が無いのはちょっと寂しいけどね。
ああでも俺も見たいな新しいアルピナ・・・
000108652 久しぶりに気合い入れて書くとナニ言ってんだかわかんなくなりますねorz

| | コメント (3)

2009年3月26日 (木)

不参加が意味すること

Fd5xu8 今年の東京モーターショー、なんとなく縮小する的なことは知ってました。まあ、世の中がこんなだから、“華やかに”というのはなかなか難しいだろうとは思ってた。でも不参加リストを見てビックリ。

乗用車 おもな不参加
▼GM(▼キャデラック▼シボレー▼ハマー)▼クライスラーグループ(▼クライスラー▼ジープ▼ダッジ)▼フォードモーター▼フォルクスワーゲン▼アウディ▼BMW▼メルセデスベンツ▼スマート▼プジョー▼シトロエン▼ルノー▼フィアット▼アルファロメオ▼ランボルギーニ▼MINI▼ジャガー▼ランドローバー▼ボルボ▼サーブ▼光岡自動車

イベントが寂しくなるとかそういうレベルじゃなくて、要は光岡は別にしても、これだけのブランドがもう日本で本気で商売する気は無いってコトでしょう。欧州車メーカーから如何に日本市場が軽視されているかということが浮き彫りになったわけです。よくインポーターのコメントであるような「我々としても、日本は非常に重要な市場だと考えており・・・」なんて大ウソなんです多分。その結果がコレでしょう。
あれだけ数売ってるVWもメルセデスもBMWも、あの場所に顔を出さないというのは、無責任というか・・・ある程度見切りをつけられてしまったのではないでしょうか。今後もしも日本経済がこれ以上ヤバくなるようなことがあれば、簡単に撤退してしまうかもしれません。
「もう日本でクルマ売っても仕方ない」というのが彼等の本音なのでは・・・?

それなのにまだ、日本のクルマ好きの人達の中には、日本人でありながら堂々と「欧州車>日本車」を掲げる人達がたくさんいるわけです。私だってこれまでに何度と無く輸入車に憧れを抱いてきたけど、でもどうなのだろう。
どんなに素晴らしいクルマをつくっていても、私たち日本人を相手にするつもりが全くないのだとしたら。
・・・片想い?

・・・とまあ、すごーく極端な意見で行ってみたけど、じゃあもしそうじゃなかったとして、メルセデスもVWもこれまで通り日本で商売をやっていくつもりだとしても、ソレはソレでひどい。ナメてるでしょう。モーターショーをボイコットしておきながら我がもの顔で「輸入車No.1」というのは、個人的には納得できない。何もコンセプトカーやワールドプレミアを見せろと言っているのではなくて、参加するかしないか、そこが重要なんじゃないかと。モーターショーに参加するというのはただ単に新車を見せるとかだけじゃなくて、「日本の皆様、●●でございます。どうぞよろしくお願いします」といった挨拶の意味も含まれているのではないかと、自分は勝手に思っていたワケだけれど、でもどんな業界にもそういうモノは存在するし、やっぱり挨拶は大事じゃないですか。特に日本では。

まあこの東京モーターショーというイベント自体、もう五大でも何でもないんだし、そろそろやり方そのものを大きく変える必要があると思うのですが、それはまた今度。

| | コメント (7)

2009年1月29日 (木)

52万台のリコールが

Ytwyuw 某所で聞いた話。
なんでも某国産自動車メーカー最大手の某車種に、台数にして52万台以上のリコールがあったとかで、なんでもシートベルトの巻き取り装置の不具合で、最悪の場合火災になるとか、そんなの。
で、そのニュースが、昨晩はいろんなニュースサイトのトップに出ていたのに、翌朝見てみたらほとんど消されてて、その代わりといってはアレだけど三菱がコスト削減のために、本社への来客にコーヒーを出すのを止めた、というニュースが大きく取り上げられ話題になっていたと。そういう話。

これって・・・・

まあ、なんだろう。

実際某車のリコールに関してはそれほど知られていないのに対して、三菱の来客用コーヒー中止に関しては非常に話題になっていて、「本社への来客」の部分を「販売店への来客」だと勘違いして叩いている人も結構いるんだとか。

んー、なんというか、明らかにフェアーな報道体制じゃないですよね。
隠蔽・・・とかいうのは仮に無いにしても、情報は明らかに操作されているんだなということを感じました。
え?このブログはどうなのかって?
もちろん十分な情報操作を行った上でお送りしていますwww

| | コメント (8)

2009年1月12日 (月)

日本車のヒーロー

000095102_2 出ましたね、次期レガシィ
正直去年は自動車業界的に冷え込んでいたけど、出てくる新車を見てみると結構賑やかで、なかなか面白い年ではあったのですが、コレを見た瞬間に確信しました。「今年は本当に厳しい年になりそうだ」と。
ある程度「今度のレガシィは大丈夫かなあ」と予想はしていたのですが、主にカタチ方面が想像以上の酷さで、絶句。年明け早々かましてくれます。
000095104 全体のシルエットも良くないけど、特に細部のディティールが酷い。びろーんと伸びた口にヘンなカタチのヘッドライト、中にはLEDがギラギラ。顔は凄いのに実は平凡なサイドビュー(ウィンドウグラフィックはBMW系)を無理矢理盛り上げているのは、全くボディに調和してない下品なオーバーフェンダー。そしてバンパー内蔵テールパイプでフィニッシュ。どうですか(笑)
個人的には、よくもまあこんなに酷いデザインのクルマがあったものだと思うほどです。要はいろんなトレンドを盛り込んだだけで、それが一台のクルマのデザインとして全く調和できていないということ。それでいて全幅1.8m越えの排気量3.7L。
そしてそれが新しいレガシィ。
ボディは一回り以上大きくなり、価格も大幅に上昇する。今一番行ってはいけない方向に進んでしまった。しかもそれがレガシィ。
レガシィの魅力って何だったのでしょうか。ただ四駆で速ければそれはレガシィなのか。少なくともコレを設計、デザインした人たちはそう考えていたようにしか思えない。そしてそれはおそらく間違っている。たとえば手頃なサイズや価格だったり、トレンドに流されすぎない実直なスタイリングだったり。
日本におけるレガシィ信仰が崩壊する瞬間です。私はそれを少し望んでいました。国産ワゴンがいつまでもレガシィ一人勝ちってのはつまらないから。でもまさか、こんな形で実現することになるなんて思いもよらなかった。
不安と言うよりはショック。クルマ好きというか、自動車業界全体で見ても、コレは相当ショッキングな出来事なのではないでしょうか。みんな大ピンチで困っている。そんなときに颯爽と現れて助けてくれるはずのヒーローが、裏切った。それぐらいの絶望感。レガシィってそういう存在だったんじゃないのかな。

| | コメント (9)

2008年11月16日 (日)

「真面目」な自動車メーカー

08_l ついに出たトヨタ製スバル、DEXの評判は芳しくないようです。
主な理由はbBをベースにしていることみたいだけど。でもbBは悪くないんじゃないかなあと、個人的には思う。
bBに関しては、「欲しい」とか「いいクルマだなあ」とは思わないけれど、「ああいうアプローチのクルマがあってもイイじゃないか」ぐらいに思っていました。あのスタイリングを見れば分かると通り、そういうクルマなんであって、bBをつかまえて「美しくない」と言うということ程ナンセンスなことも無いわけで、そういう視点で見てみると、なかなかキャラが立ってて面白いクルマだと思うんですよ。要は「どういうモノで、どういう人に満足して貰おう」っていう考えがハッキリしてる。
一方DEXはその真逆。嫌々やってる。「本当はやりたくないんだけど・・・」というヤツ。スタイリングを見れば一目瞭然で、どうすればあのbBをレガシィやインプレッサと並べて違和感の無いクルマに出来るか、ということなんか全く考えられていない。「やりたくないから適当にやった」感が滲み出てます。そういうクルマを売らなければならない販売側や、そういうクルマと毎日を共にするユーザーのことを考えると、本当にヒドイ話だと思う。
よくスバルは、「真面目」な自動車メーカーだと言われる。確かにレガシィやインプレッサなどの、安全や走行性能に対するこだわりは本当に素晴らしいものだと思うし、本当にクルマが好きでやっているんだなあ、と思う。でも同時に、そうじゃないクルマもあるんじゃないかな?と思わずにはいられない。
例えば最近では、エクシーガ。まるで「本当はミニバンはつくりたくない」という気持ちを代弁するような、あのレガシィを分厚くしただけのスタイリングを見ると、本当に全力でやったのか?と疑いたくなる。R2の反動で思いっ切り個性の薄くなったステラも、アウトランダーと見間違えられることの多いと言われる現行フォレスターも、本当に全力でデザインしたのか?と思ってしまう。なんというか、迎合したときの半分なげやりな感じが、そのまま表に出てきてしまっているような感じ。「ハイハイ、こうすりゃ売れるんでしょ」みたいな。
いつから「真面目」という言葉は、「好きなことだけ一生懸命やって、あとは適当」を指す意味になっちゃったんだろう・・・と言ったら大袈裟かな。
かつて「スバルはポルシェみたいになれば良い」と言った自動車評論家がいたけど、そのポルシェだって、今はSUVやセダンをつくっている。それも、すごく一生懸命つくっている。
だからスバルも・・・というワケではないけれど、そのうち出てくるダイハツ製スバルでは、もうちょっとちゃんとやって欲しい。いじけないで。

| | コメント (7)

2008年11月 1日 (土)

三菱はすごく新しいことをやったのかもしれない

28_l もう先週のCGTVの話になってしまうけれど、軽自動車特集で、ワゴンRにパレット、コンテにタント、そしてこのクルマという顔ぶれの対決でした。ちょっと酷いなと思った。
だってバリバリ最新の軽の中にあのトッポを混ぜて、戦わせようとするんだから。
結果としてその扱いはヒドイもので、最後の方にちょろっと出てきていくらか言っただけで、総評では触れられもしなかった。
でも逆に、ワゴンRとかと比べて「全くダメだ」みたいなことも言われてなかった。むしろちょっと高評価なところもあったぐらいで。一部の評論家やそれ気取りの方の言う通りなら、トッポは10年前のモデルの顔と内装を付け替えただけのクルマのはず(実際は違うけど)なのに。意外にも善戦。あらら。例えばいろんな媒体なんかを見ても、トッポの評判は意外と悪くなかったりする。それはまあ、ここ10年で軽自動車が全く進化していないからではなくて、三菱が単なる焼き直しではなく、今の基準に合わせていろいろやり直したりしてるからなんだと思いますが。でもやっぱり基本設計は10年前と同じで。
実は私、このクルマに対する見方がだいぶ変わりつつあるんです。というかクルマ造りそのものに対する見方が変わった。
このクルマ、一見すごく後ろ向きな姿勢でつくられたように見えるけど、実はそれは全くの逆なんじゃないかということ。開発の人たちは「変える必要のないところは、変えなくても良いんですよ」的なことを言っていた。新車の開発をする人が凄いことを言うなぁとは思ったけど、よく考えたら全然間違ってないような気もする。
要はコレ、「エコ替え」に対するアンチテーゼなんじゃないかな。極端な話、一番エコなのは新車の開発をやめることで、三菱はそれに近いことをやった。変える必要のない、目に見える部分はそのままで、中身を今の基準に合わせて進化させた。「エコ替え」はこの全く逆で、新しい車をバンバンつくって古いクルマと取り替えていこうという考え方。さてどちらがよりエコなのか。
それはともかくひとつだけ言えるのは、例えば新型のプリウスが出て、燃費や環境性能は向上してるけど、カタチが前のとあまり変わらない、例えばドアやらフェンダー部分やらを先代から流用してたり、内装が他車からの流用だったりしたら、黙っちゃいない人がたくさんいるだろうということ。なぜ黙っちゃいないのかというと、それはやはりより新しく、特別に見えるカタチのモノが欲しいからで、「独自性が」とか「所有する喜びが」とか言うんだと思う。で、そこにしっかりツッコミを入れなきゃいけない。
「アンタ、エコがやりたいんじゃなかったのか?」
このトッポとか現行パジェロとか、昔だったらプレーリージョイとか、世間の特にクルマ好きからの見方は凄く厳しい。でもドアやフェンダーに関して、新しいカタチをつくる必要が無いのであれば、それはコスト的にも環境的にも優しい。
つくる過程で環境に優しいクルマというのも、エコカーと言っていいんじゃないかな。そうなるとトッポは間違いなくエコカー。
トッポが出た当初、「大メーカーとしてどうなのか」とか「プライドはないのか」などと言った人もいた。でも三菱は、実はものすごく新しいやり方を提案したのかもしれない。新しいクルマづくりの在り方を。
だから「エコ替え」アンチテーゼというのはちょっと違うかな。
「これが三菱流の『エコ替え』ですよ」というところでしょうか。

| | コメント (5)

2008年10月21日 (火)

後ろのことも考えて

16_l 後ろの席の印象って結構大事だと思う。
ホントに純粋に2シーターとしてしか使わない、と言うのなら、どうでも良い部分なのかもしれないけど、そうじゃないならすごく大事だと思う。
ドライバーが、自分のクルマのリアシートに座るということは、一般的には多分そんなに無いでしょう。でもたまに他人を後ろに乗せたりなんかしたとき、例えばその人が「このクルマ、何か怖いなあ」と思ったとき、きっとこう言うんじゃないでしょうか。

『ちょっと、運転乱暴じゃない?』
たとえそれが本当はクルマのせいだったとしても、そう言うんじゃないでしょうか。

よく自動車評論家の方々はドラポジはとても大事!と言ってますが、大事なのはドライバーじゃない人のポジションも同じなんだと思います。まあ、それも言ってる人はいるけど
快適なクルマ、安心して乗っていられるクルマというのは、「どのような姿勢でどのように座らせるか」ということをきちんと考えてつくられたクルマのことだと思います。どれだけシートが分厚いかとか、足下が広いかとか、そういうことじゃなくて。
例えば某国産コンパクトカー(意味無いけど名前伏せる)は、インテリアのクオリティはこのクラスとは思えないほど高級感があって、空間自体も非常に広々したものですが、いざ後ろに乗って走り出すと「あれっ?」って思う。これはちょっと怖いぞと。掴まるところがない・・・ワケでもないのに凄く不安定。油断すると隣の人の肩に寄りかかってしまう→気を遣う→凄く疲れる。
これは決して運転が乱暴なわけではなくて。
要は上で言ったことがちゃんと考えられていない。どんなクルマも後席が付いていればそれなりに考えられているものなのに、この世界のコンパクトカーにはそれがない。言ってみれば後ろの人を人として扱ってない。荷物扱い。リアシートじゃなくてラゲッジルーム。後席は荷物置き場にはなるけれど、その逆にはならない。
こんなのをドライバーの運転のせいにされちゃったら、堪らない。

さて、画像のクルマはどうでしょうか・・・

| | コメント (6)

2008年10月19日 (日)

エコカー・コンプレックスww

000091173 やっと発売・・・じゃないんですね。トヨタ・IQ
発売は11月20日から・・・って、まだあと一ヶ月以上あるじゃんww
GT-Rじゃあるまいし、いつまで待たせる気だ!と思ったのは私だけではないはず。(いや、待ってないけど)
まあ、間違ってるワケではないんですよね。こういう時代に、小さくて、質が高くて、燃費の良いクルマを出すっていうのは、全然正しいことなんだけど、でもなんか釈然としないというか、うまく賛同できないのはなぜだろう。
それはこの微妙な格好のせいだけではなくて、ちょっとインテリ気取りすぎてる雰囲気がマズいんじゃないかなーと。今さらだけど、そもそも「IQ」って名前はどうなのかということもあるし、いかにもカネモチがデカい車から乗り換えて「どう、僕賢いでしょ?」って言ってるイメージを勝手に想像しちゃいます。実際ハイブリッドカーに関しても経済性がどうこう言うけど、アレをポンと買えるのは金持ちでしょ。「燃費悪いから」とか言って。
000091143 IQで嫌だなあと思うのはそこぐらい。実際の使い勝手に関してはまだ分からないし、値段が高いのは高級車だから当たり前だと思う。でも今もこれからも私はおそらく金持ちじゃないので、今のところは欲しくない。
でも「これならヴィッツを買う」とは言わない。以前後ろに乗ったら怖かった。運転に関係無しに。「後席環境を完全に見切ってる」という意味がよく分かりました。その分のお金がインテリアのチリ合わせなどに使われているんです多分。
だからもし、どうしてもトヨタのコンパクトカーを買うとなったらbBかな。意外な結論。でも多分言われるんだろうなあ「あんなガキっぽいデザインのクルマには恥ずかしくて乗れない」って。IQ派の方々には。

| | コメント (8)

そしてオデッセイは・・・

03_l オデッセイが新型になりました。
たとえば「日本を代表するクルマを10台挙げろ」と言われれば確実にその中の一台に入ってくる、そんなクルマですよね、オデッセイ。
「いいクルマが好きだ。男ですから。」というキャッチとBee Geesの曲とセンターラインが流れる映像のティーザーCMは、すごいベタだなぁとは思ったけど、コレがグッと来る人たちは多分いっぱいいるだろうし、出てきたクルマを見ると、それなりに説得力を感じたりもするわけで・・・カタチのイメージは先代とほとんど変わってないのに、プロモーションの仕方でこうも変わるものなんですね。
5328_o それと個人的に新型を見て思ったのが、ホンダはオデッセイで、ただミニバンをつくってるんじゃなくて、新しいファミリーカーのカタチを模索しているんじゃないかということ。
オデッセイが目指しているのは、かつてのアヴァンシア的なところなんじゃないか。アヴァンシアというのは2代目オデッセイが発表される以前に、セダンでもミニバンでもない新しい上級車のカタチとして登場したクルマで、当時のアコードワゴンとオデッセイの間を埋めるようなクルマでしたが、それらよりも少し豪華でオトナな雰囲気を強調した不思議なクルマでもありました。
結局あまりそのコンセプトが理解されず、売れなかったというオチは言うまでもないけど、そのアヴァンシアと今のオデッセイがどうしてもダブって見えてしまう。さらにミニバン的な匂いの薄まった新型ではなおさら。
トヨタや日産だったら、ダメだったものはすぐやめる。モデルチェンジがあった場合は売れ線に軌道修正する。たとえばマークXジオなんてのは、多分もう次は無いでしょう。でもホンダはやめなかった。
アヴァンシアで跳ね返されたコンセプトを、今度はある程度ブランド力のあるオデッセイに託してきた。つまりそういうことなんじゃないかな。
きっとホンダは、アヴァンシアのコンセプトは絶対に間違ってなかったっていう確信があるのでしょう。もしかしたら次のオデッセイは2列シート化ないし2列シートのグレードが出てきたりするかもしれない。そうなって本当に困る人も実はそんなにいないんじゃないか。
そうやって少しずつ自分たちの理想とするところに近づけていく。ユーザーに媚びるのではなく、ユーザーを導いていく。
もし本当にそうなったら、私は本気でホンダはカッコいい会社だと思う。次期NSXなんかを出すよりも、よっぽどホンダスピリッツだと思う。

| | コメント (2)