« 今さらながら、あけましておめでとうございます | トップページ | 少しだけ反省 »

2009年1月12日 (月)

日本車のヒーロー

000095102_2 出ましたね、次期レガシィ
正直去年は自動車業界的に冷え込んでいたけど、出てくる新車を見てみると結構賑やかで、なかなか面白い年ではあったのですが、コレを見た瞬間に確信しました。「今年は本当に厳しい年になりそうだ」と。
ある程度「今度のレガシィは大丈夫かなあ」と予想はしていたのですが、主にカタチ方面が想像以上の酷さで、絶句。年明け早々かましてくれます。
000095104 全体のシルエットも良くないけど、特に細部のディティールが酷い。びろーんと伸びた口にヘンなカタチのヘッドライト、中にはLEDがギラギラ。顔は凄いのに実は平凡なサイドビュー(ウィンドウグラフィックはBMW系)を無理矢理盛り上げているのは、全くボディに調和してない下品なオーバーフェンダー。そしてバンパー内蔵テールパイプでフィニッシュ。どうですか(笑)
個人的には、よくもまあこんなに酷いデザインのクルマがあったものだと思うほどです。要はいろんなトレンドを盛り込んだだけで、それが一台のクルマのデザインとして全く調和できていないということ。それでいて全幅1.8m越えの排気量3.7L。
そしてそれが新しいレガシィ。
ボディは一回り以上大きくなり、価格も大幅に上昇する。今一番行ってはいけない方向に進んでしまった。しかもそれがレガシィ。
レガシィの魅力って何だったのでしょうか。ただ四駆で速ければそれはレガシィなのか。少なくともコレを設計、デザインした人たちはそう考えていたようにしか思えない。そしてそれはおそらく間違っている。たとえば手頃なサイズや価格だったり、トレンドに流されすぎない実直なスタイリングだったり。
日本におけるレガシィ信仰が崩壊する瞬間です。私はそれを少し望んでいました。国産ワゴンがいつまでもレガシィ一人勝ちってのはつまらないから。でもまさか、こんな形で実現することになるなんて思いもよらなかった。
不安と言うよりはショック。クルマ好きというか、自動車業界全体で見ても、コレは相当ショッキングな出来事なのではないでしょうか。みんな大ピンチで困っている。そんなときに颯爽と現れて助けてくれるはずのヒーローが、裏切った。それぐらいの絶望感。レガシィってそういう存在だったんじゃないのかな。

|

« 今さらながら、あけましておめでとうございます | トップページ | 少しだけ反省 »

コメント

レガシィ、なんかすごいことになっちゃいましたね。最初の頃とまったくコンセプトが違うというか、もはやまったく別の車というべきですね。
軽自動車は枠があるから別として、普通車はモデルチェンジのたびに大型化してしまいますよね。その路線も、もはや見直すべき時期かもしれませんよね。

投稿: 787.TSUBAME | 2009年1月12日 (月) 23時47分

フロントはアウディ、サイドウインドウとリアは5シリーズ、でもドアはISみたいな、なんかごった煮になってますよね。コンセプトから実車になるにあたって少しは現実的にリファインされることでしょうが、それにしても残念なエクステリアです。
僕も排気量やサイズが大きくなってしまうのは歓迎できません。世の中の流れから言っても間違ってるし。

投稿: C4 | 2009年1月13日 (火) 00時46分

こんなになってしまったんですか! アメリカのためにレクサスを意識したサイズ&カタチなのでしょうね。

キープコンセプトにも限界がきていたのは事実なので、今回のモデルチェンジは難しいとは思うんですけど、方向性を間違えた。最近のアウディA4やBMW3のような方向性に、キープコンセプトながらドラスティックに変えるという方法もあったと思います。

トヨタがどこまで、どんな風に関わったのかが気になります。

投稿: LANDY | 2009年1月13日 (火) 00時50分

いつも楽しく拝見しています。
今年もよろしくどうぞ…。

さて、新レガシィですね。

(三代目に出たランカスターが欲しくて仕方なかった私でした。)
スバルなら四駆や水平対向ディーゼルという新旧の技術を武器に
ドイツ車と渡り合えるプレミアムブランドを確立できるものと期待していたのに…。

代を重ねるごとにスタイルが洗練されてきただけに、とても残念です。

走りの良さを表現するデザインとして、BMWの旧3シリーズのフロント・フェンダーのような伸びやかなフレアなど、シンプルでも強く
主張する手法はいくらも有るように思うのですが。

なぜ、あぁなっちゃったかなぁ。
プレミアム発言、撤回です…。

投稿: 4405 | 2009年1月13日 (火) 00時55分

すごいカタチですね。
ただ、あんまりレガシィに期待しないように覚悟していたので皆さんほどショックはないですね。(笑)
ただ人気車種だけあってモデルサイクルが長いので、いずれはコイツも見慣れてくるかなとは思いますが。もうちょっと貴重なボクサー搭載車種を大事にしてほしかったですね。トヨタは開発に携わったのでしょうか?

投稿: X5 | 2009年1月13日 (火) 18時31分

横から見ると、新しいレクサスに似ている気がする
トヨタはスバルを消滅させたいのかな。
レガシィは、シンプルデザインが底辺に有ったと思っていたけど。
誰がデザインしたのでしょう?

投稿: sin | 2009年1月15日 (木) 14時38分

皆さんコメントありがとうございます。
返信が遅くなってしまって大変申し訳ありません。


787.TSUBAMEさん、
私も、まさに「すごいことになってしまった」というのが最初の印象でした。
大型化に関しては、日本よりもむしろヨーロッパの方が顕著ですよね。ヴィッツクラスのクルマが幅1.7m以上というのはもはやあたりまえで、大きくなることがそんなに問題であるとは思われていないようです。その分燃費や走りが良くなっていれば、ある程度大きくなってもそれは構わないといった風に。


C4さん、
とにかくいろんなところから流行ってるデザインを持ってきた感じです。いろんなところから持ってくるのは別に良いとしても、でもそれをちゃんと最適化して、一台のクルマとしてどう見えるかというところで仕上げないと全然カッコ良くないんですよね。ちゃんとそれがなされているとは到底思えないデザインです。
排気量は3.6Lということですが、それより小さなエンジンもラインナップされるのでしょうか。まあサイズがサイズなので、それで全部救いになるわけでもないと思いますが。


4405さん、
ランカスターは私も好きでした。ベージュ系の内外装はGT系とは一線を画していましたよね。思うに、レガシィって「どんなときも全力」的な雰囲気のクルマで、それはそれで頼もしくてカッコいいけど、「どんなときも」っていうのはちょっとなぁ・・・と思ってしまうところがあると思うんです。そこに来てランカスターの立ち位置は、「脱力系だけれど中身まで脱力してるワケじゃない」といった感じで、それが魅力だったのではないかと。
なんだか凄くワケわからない言い方になってしまいましたが・・・


X5さん、
確かに、期待が大きすぎたところは必ずしも否定できませんね。たとえばコレがカムリとかだったらきっと「へえ」としか思わないんだろうな・・・
個人的にはこのデザインが見慣れてしまう前に、スバルブランドのクルマが全部トヨタのOEMに置き換わってしまうんではないかと・・・と言ったら言い過ぎかな(笑)
でもボクサーとか4駆とかを抜きにして、見た目だけで考えるなら、少なくともトヨタのガワを持ってきた方がまだマシじゃないかな・・・


sinさん、はじめまして。
新しいレクサスも相当アレだなとは思ったのですが、全体的に今の流れはこういう感じなんですかね。
本当に、トヨタはスバルをどうしたいのか、そして何よりスバル自身はどうなりたいのか、ということが全く読めないですよね。
私もレガシィは、決して最先端では無いけれど、トレンドに流されない実直なデザインというのが大きな魅力だったと思います。


投稿: パンダ | 2009年1月25日 (日) 10時26分

こんばんは。
いつも丁寧にコメントを返していただき ありがとうございます。

ランカスターの立ち位置、自分なりにちょっと考えてみました。
ツーリングワゴンやB4なら孤高のヒーローの変身アイテムといった
印象ですが、ランカスターには できる男の息抜きツール、あるいは
アウトドア親父の頼れる片腕といった雰囲気を感じます。
ゆとりや可能性を求めるオトナの持ち物…そんな感じですね。


そんなことを考えていたら、ふと昔のスバルのCMを思い出しました。

「500 miles a day」というシンプルなコピー。
氷原の凍てついた道路を疾走する一台のSUBARU車。
我が家にたどり着き、車を降りて幼い娘に花束を手渡す父親。
「笑顔のためなら、500マイルは遠くない」…とナレーション。

初代レガシィが出たか出ないかの頃の話です。
ずっと忘れていたのですが、スバルという会社の信念と確かな技術力が伝わってくる素晴らしいCMでした。

人の想いに応える優れた道具感…これこそクルマ好きが求める
スバル車の立ち位置なのではないでしょうか。
そうした期待を意識しつつ一本道をひた走って欲しいと願わずには
おれません…。

投稿: 4405 | 2009年1月25日 (日) 23時16分

4405さん、ふたたびコメントありがとうございます。
なるほど、確かにツーリングワゴンやB4が“男”って感じなら、ランカスターはカッコいい“親父”って感じがしっくりきますね。
スバルの昔のコマーシャルってなんか良かったですよね。霧がかった雨の中を走る初代レガシィの後ろ姿とか・・・見ているだけで「グランドツーリング」といった感じでした。
おかしいな・・・年代的に覚えてるはず無いんだけどなあ・・・

投稿: パンダ | 2009年2月 1日 (日) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今さらながら、あけましておめでとうございます | トップページ | 少しだけ反省 »