« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

あれも欲しい、これも欲しい

落ち込んでいるときこそ中古車検索ww
未来の愛車に思いを馳せます。
実際のところはそのときになってみないと分からないんだけど、とりあえず自分のクルマを買うという設定で、安めの中古車を探してみる。
条件は車体価格30万以下、排気量2L以下。
ホントは維持費の安い軽が良いんだけど、軽は異常に高いのでとりあえず除外。
10万走ってヨレヨレになった旧規格のアルトバンとかにそういう値段がついているのを見ると、やっぱり維持費って最強の武器なのかと。

P1060663 で、画像のようになりましたww
全車2L以下、
一部を除いて車体価格30万以内です。
特に意識してないんだけどセダンばっかりに。
スポーティを名乗れるクルマが辛うじて真ん中のヤツ(GTIですw)ぐらいというのが、ちょっと自分ってどうなんだろうとww
やっぱりセフィーロは良いね。あとローレルクレスタも前から欲しかったけど。レパードに2Lがあったなんて・・・
シルフィは新しいからまだちょっと高い。サニーは安いけど・・・
アベニールもイイ感じ。あとはここにはないけどP11プリメーラとか。
RAV4はなんとなくノリでいいなーと。トルネオは結構ダークホース。綺麗そうなの多いし、これでキセノン付きだったりします。遠目で見れば白のプジョー406に見える・・・?

皆さんはどれが良いですか(笑)

| | コメント (8)

2008年11月28日 (金)

帰ってきました。

P1060660 帰ってきました。昨日だけど。
結果は・・・・見事に玉砕orz
多分発表を待つまでも無いんじゃないかな・・・。

なので気持ちを切り替えて次に向けて頑張ることにします。
まだ次の目標イマイチ定まってないけど

皆さん、応援のコメント本当にありがとうございます!
今回は残念な結果に終わってしまいましたが、次こそは!良い報告ができるように頑張りたいと思います。

| | コメント (4)

2008年11月24日 (月)

あれー・・・

P1060419 連休もあっと言う間に終わってしまいました。
よく「楽しい時間は過ぎるのが早い」というけれど、楽しくなくても早いんですねwwホントにあっと言う間でした。やりたかったことというか、やらなければならないことの半分ぐらいしかできてない。どうしよう・・・
まあ、勉強したところが出るといいなorz
そんなわけで明後日、試験に向けて出発します。
行き先は北Q州。

画像はたまにはアイを出さないと、ということで。このブログいちおうこのクルマメインでやってるような、そうでもないような。
この時以来洗車してません。この時はまだ暑かった。
でも今も意外とそんなに汚れてないから不思議。
試験終わったらとりあえず洗車しよう・・・

| | コメント (7)

2008年11月22日 (土)

この3連休が勝負

ついに試験が今度の木曜日にあります。
水曜日には出発するので、この3連休を如何に有効に使うか・・・なんですが。
とか言いつつもう一日目が終わりかけてるww
コレで決まれば、良いんだけど・・・
000092868 US仕様のキューブ、かっくいい
こっちの方がより先代初期のアプローチに近いような
日本仕様とボディのつくりが全く逆になっています。
あとバンパーも気持ち大型になってて、内装ではベンチシート&コラムシフトから、フツーのフロアシフト&セパレートに変更。
さらに日本仕様には無い1.8Lを搭載。
まー1.5Lでも全然十分なんだろうけど、やっぱりちょっと気になりますね。
もっと気になることは、CVTに加えて6MTも用意されているというところ。いいなー000092870

とか言いつつやっぱりZ11も気になる。
1.5が載った中、後期はまだ高いですね。前期はだいぶイイ感じになってきてそう。もともと格好は前期が好き。
エアブルーの純正アルミ付きでCVTとか欲しいww
というか、意外と純正アルミを履いた個体が少ないんですね・・・

| | コメント (2)

2008年11月16日 (日)

あと2週間無いよ

Scionxbparker0 ついに試験まで2週間を切りました、、
まあまあ頑張ってるpandacarです。

友達も推薦が多いのですが、もう合格してたり、私のとこより明らかに倍率低かったりして、自分ひとり取り残される可能性大ですorz
まあ、そうならないために今頑張ってるんだけど・・・ああ・・・

そして新型キューブが待ち遠しい。
でも現行型とさよならするのはちょっと寂しいですね。
現行キューブは、初めて試乗して「コレはイイ!」と思ったクルマだったりするので。
それから、ラパンももうすぐモデルチェンジのようです。コレもカタチはほとんど変わらないとか。
考えてみると、最近のクルマはほとんどキープコンセプト。
ヘンなカタチになるよりはよっぽどマシなんだけど、これも不景気の影響か・・・なんて思ったりします。

カーオブザイヤー?・・・どうでもいいやwww

| | コメント (6)

「真面目」な自動車メーカー

08_l ついに出たトヨタ製スバル、DEXの評判は芳しくないようです。
主な理由はbBをベースにしていることみたいだけど。でもbBは悪くないんじゃないかなあと、個人的には思う。
bBに関しては、「欲しい」とか「いいクルマだなあ」とは思わないけれど、「ああいうアプローチのクルマがあってもイイじゃないか」ぐらいに思っていました。あのスタイリングを見れば分かると通り、そういうクルマなんであって、bBをつかまえて「美しくない」と言うということ程ナンセンスなことも無いわけで、そういう視点で見てみると、なかなかキャラが立ってて面白いクルマだと思うんですよ。要は「どういうモノで、どういう人に満足して貰おう」っていう考えがハッキリしてる。
一方DEXはその真逆。嫌々やってる。「本当はやりたくないんだけど・・・」というヤツ。スタイリングを見れば一目瞭然で、どうすればあのbBをレガシィやインプレッサと並べて違和感の無いクルマに出来るか、ということなんか全く考えられていない。「やりたくないから適当にやった」感が滲み出てます。そういうクルマを売らなければならない販売側や、そういうクルマと毎日を共にするユーザーのことを考えると、本当にヒドイ話だと思う。
よくスバルは、「真面目」な自動車メーカーだと言われる。確かにレガシィやインプレッサなどの、安全や走行性能に対するこだわりは本当に素晴らしいものだと思うし、本当にクルマが好きでやっているんだなあ、と思う。でも同時に、そうじゃないクルマもあるんじゃないかな?と思わずにはいられない。
例えば最近では、エクシーガ。まるで「本当はミニバンはつくりたくない」という気持ちを代弁するような、あのレガシィを分厚くしただけのスタイリングを見ると、本当に全力でやったのか?と疑いたくなる。R2の反動で思いっ切り個性の薄くなったステラも、アウトランダーと見間違えられることの多いと言われる現行フォレスターも、本当に全力でデザインしたのか?と思ってしまう。なんというか、迎合したときの半分なげやりな感じが、そのまま表に出てきてしまっているような感じ。「ハイハイ、こうすりゃ売れるんでしょ」みたいな。
いつから「真面目」という言葉は、「好きなことだけ一生懸命やって、あとは適当」を指す意味になっちゃったんだろう・・・と言ったら大袈裟かな。
かつて「スバルはポルシェみたいになれば良い」と言った自動車評論家がいたけど、そのポルシェだって、今はSUVやセダンをつくっている。それも、すごく一生懸命つくっている。
だからスバルも・・・というワケではないけれど、そのうち出てくるダイハツ製スバルでは、もうちょっとちゃんとやって欲しい。いじけないで。

| | コメント (7)

2008年11月 5日 (水)

トミカからこんにちは

Tomicanissancubenew5 発売前の新型車で、実車よりも先にミニカーの写真が公開されるという、ちょっと珍しいことが起こっています。そんなわけで、新型キューブが早くもトミカになってこんにちはww
こうしてみると先にスクープされた海外仕様よりもイイ感じ。トミカだから細部のディティールは分からないけど。どうしてこんなに早くトミカがつくられているのかというと、今度のキューブではお店でのカラーサンプルとしてトミカを使うんだとか、そういう話らしいです。
Tomicanissancubenew8 後ろはこんな感じ。やはり細かいところ(特に顔)がどーなってるのか気になるけど、まあ順当に進化。イイなあ欲しいなあ。
室内もいろいろ進化するらしいけど、国内仕様のみコラムシフトを残すらしいということで・・・キューブ特有の雰囲気が大事にされていることをうかがわせる話でした。

P1060657 それとこないだ友達と勉強行った帰りに人生2回目のアニ●イトww
なんか移転してて、凄いことになってました。「ねんどろいど」買いました。ヤバいwwこれハマりそう。今さらながら団長さん可愛いですね。試験終わったらまた行こう・・・

| | コメント (0)

2008年11月 1日 (土)

三菱はすごく新しいことをやったのかもしれない

28_l もう先週のCGTVの話になってしまうけれど、軽自動車特集で、ワゴンRにパレット、コンテにタント、そしてこのクルマという顔ぶれの対決でした。ちょっと酷いなと思った。
だってバリバリ最新の軽の中にあのトッポを混ぜて、戦わせようとするんだから。
結果としてその扱いはヒドイもので、最後の方にちょろっと出てきていくらか言っただけで、総評では触れられもしなかった。
でも逆に、ワゴンRとかと比べて「全くダメだ」みたいなことも言われてなかった。むしろちょっと高評価なところもあったぐらいで。一部の評論家やそれ気取りの方の言う通りなら、トッポは10年前のモデルの顔と内装を付け替えただけのクルマのはず(実際は違うけど)なのに。意外にも善戦。あらら。例えばいろんな媒体なんかを見ても、トッポの評判は意外と悪くなかったりする。それはまあ、ここ10年で軽自動車が全く進化していないからではなくて、三菱が単なる焼き直しではなく、今の基準に合わせていろいろやり直したりしてるからなんだと思いますが。でもやっぱり基本設計は10年前と同じで。
実は私、このクルマに対する見方がだいぶ変わりつつあるんです。というかクルマ造りそのものに対する見方が変わった。
このクルマ、一見すごく後ろ向きな姿勢でつくられたように見えるけど、実はそれは全くの逆なんじゃないかということ。開発の人たちは「変える必要のないところは、変えなくても良いんですよ」的なことを言っていた。新車の開発をする人が凄いことを言うなぁとは思ったけど、よく考えたら全然間違ってないような気もする。
要はコレ、「エコ替え」に対するアンチテーゼなんじゃないかな。極端な話、一番エコなのは新車の開発をやめることで、三菱はそれに近いことをやった。変える必要のない、目に見える部分はそのままで、中身を今の基準に合わせて進化させた。「エコ替え」はこの全く逆で、新しい車をバンバンつくって古いクルマと取り替えていこうという考え方。さてどちらがよりエコなのか。
それはともかくひとつだけ言えるのは、例えば新型のプリウスが出て、燃費や環境性能は向上してるけど、カタチが前のとあまり変わらない、例えばドアやらフェンダー部分やらを先代から流用してたり、内装が他車からの流用だったりしたら、黙っちゃいない人がたくさんいるだろうということ。なぜ黙っちゃいないのかというと、それはやはりより新しく、特別に見えるカタチのモノが欲しいからで、「独自性が」とか「所有する喜びが」とか言うんだと思う。で、そこにしっかりツッコミを入れなきゃいけない。
「アンタ、エコがやりたいんじゃなかったのか?」
このトッポとか現行パジェロとか、昔だったらプレーリージョイとか、世間の特にクルマ好きからの見方は凄く厳しい。でもドアやフェンダーに関して、新しいカタチをつくる必要が無いのであれば、それはコスト的にも環境的にも優しい。
つくる過程で環境に優しいクルマというのも、エコカーと言っていいんじゃないかな。そうなるとトッポは間違いなくエコカー。
トッポが出た当初、「大メーカーとしてどうなのか」とか「プライドはないのか」などと言った人もいた。でも三菱は、実はものすごく新しいやり方を提案したのかもしれない。新しいクルマづくりの在り方を。
だから「エコ替え」アンチテーゼというのはちょっと違うかな。
「これが三菱流の『エコ替え』ですよ」というところでしょうか。

| | コメント (5)

近頃のこと

久々のブログです。
昨日は学校で「27㎞遠行」という行事がありました。
山の中の何もない道路を延々と27㎞歩いたり走ったりする行事なんですが、途中から雨、ずぶ濡れになりながら歩きました。
すごい、寒かった・・・雨があんなに冷たいと感じたことは無かったぜww

P1060656_2 そんなこんなでとうとう試験日まで一ヶ月を切ってしまったんですが、相変わらずアタマの中ではクルマのことばっか考えてますww
最近は、こんな感じで気になったクルマをプリントアウトして常に目の届くところに置いておくようにしてます。
もうね、病気かとww

最近はなぜか、セダンピックアップがマイブーム。
エルカミーノとか凄いカッコいい!
困らない程度にボロいアメ車・・・なんてのがあったら欲しいですねww
それからみんカラの某氏の影響でwA32セフィーロが気になる!
これノーマルで乗っても弄ってもなかなかカッコいいですよね。
後期の2Lエクシモ、外装シルバーなんて良いなぁ・・・
新車の方ではスプラッシュが良いですね!
あのクラスで、あれだけ安全装備に力を入れてる日本車なんて皆無ですよ。しかもそれが123万でオマケにカッコいい!ハンガリー製の信頼性がどんなモノなのかというところですが、アレはヤバいwwスタイリングもツボだし、スズキ神過ぎるww
こうなってくると、近々出るであろう「キザシ」辺りは、とんでもないモノが出てくる可能性もありますね。
あと新車でもうひとつ、新型キューブがそろそろですね。
情報管理が徹底してるのか、スクープもなかなか無いなぁ・・・と思ったら、某所で画像を発見。
ああ、うんまあ、でも楽しみ。
試験終わったら見に行こう!!

(写真のどこかに新型キューブが隠れているよ)

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »