« な、なんだろうコレ・・・ | トップページ | エコカー・コンプレックスww »

2008年10月19日 (日)

そしてオデッセイは・・・

03_l オデッセイが新型になりました。
たとえば「日本を代表するクルマを10台挙げろ」と言われれば確実にその中の一台に入ってくる、そんなクルマですよね、オデッセイ。
「いいクルマが好きだ。男ですから。」というキャッチとBee Geesの曲とセンターラインが流れる映像のティーザーCMは、すごいベタだなぁとは思ったけど、コレがグッと来る人たちは多分いっぱいいるだろうし、出てきたクルマを見ると、それなりに説得力を感じたりもするわけで・・・カタチのイメージは先代とほとんど変わってないのに、プロモーションの仕方でこうも変わるものなんですね。
5328_o それと個人的に新型を見て思ったのが、ホンダはオデッセイで、ただミニバンをつくってるんじゃなくて、新しいファミリーカーのカタチを模索しているんじゃないかということ。
オデッセイが目指しているのは、かつてのアヴァンシア的なところなんじゃないか。アヴァンシアというのは2代目オデッセイが発表される以前に、セダンでもミニバンでもない新しい上級車のカタチとして登場したクルマで、当時のアコードワゴンとオデッセイの間を埋めるようなクルマでしたが、それらよりも少し豪華でオトナな雰囲気を強調した不思議なクルマでもありました。
結局あまりそのコンセプトが理解されず、売れなかったというオチは言うまでもないけど、そのアヴァンシアと今のオデッセイがどうしてもダブって見えてしまう。さらにミニバン的な匂いの薄まった新型ではなおさら。
トヨタや日産だったら、ダメだったものはすぐやめる。モデルチェンジがあった場合は売れ線に軌道修正する。たとえばマークXジオなんてのは、多分もう次は無いでしょう。でもホンダはやめなかった。
アヴァンシアで跳ね返されたコンセプトを、今度はある程度ブランド力のあるオデッセイに託してきた。つまりそういうことなんじゃないかな。
きっとホンダは、アヴァンシアのコンセプトは絶対に間違ってなかったっていう確信があるのでしょう。もしかしたら次のオデッセイは2列シート化ないし2列シートのグレードが出てきたりするかもしれない。そうなって本当に困る人も実はそんなにいないんじゃないか。
そうやって少しずつ自分たちの理想とするところに近づけていく。ユーザーに媚びるのではなく、ユーザーを導いていく。
もし本当にそうなったら、私は本気でホンダはカッコいい会社だと思う。次期NSXなんかを出すよりも、よっぽどホンダスピリッツだと思う。

|

« な、なんだろうコレ・・・ | トップページ | エコカー・コンプレックスww »

コメント

僕もあのティザーCMにグッときた口です。
アヴァンシアも出たときはこれはこれで合理的だなと思いましたけど、姿はあまり見ませんでしたね。それから、アヴァンシア以外にも実例がありますよね。例えばHR-V→クロスロードみたいな。僕なんか性懲りも無く…って思っちゃうんですけど、ポリシーはあるってことなんでしょうね。
ユーザーを正しい方向に導けるメーカーであることは重要なことだと思います。
こんなこと書いたら失礼かもしれませんが、今回の記事はなんだかパンダさんらしい切り口の文章で楽しませてもらいました。

投稿: C4 | 2008年10月19日 (日) 22時01分

C4さん、コメントありがとうございます。
そのように言って頂けるととても嬉しいです。私自身も最近は自分の意見を表に出すのを意図的に避けていたような気がしたので、久しぶりにまたこういうものを書いてみました。

クロスロードの場合はいろんな要素をプラスしすぎてちょっと純度が落ちちゃった感じがしますね。
キープコンセプトというのは一見つまらないもののように見られがちですが、以前と考え方がズレていないということは、なかなか素晴らしいことなのではないかと思っています。

投稿: パンダ | 2008年10月20日 (月) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« な、なんだろうコレ・・・ | トップページ | エコカー・コンプレックスww »