« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

サファリ完成!

P1030168 最終型サファリ描きました。みんカラの方からのリクエストです。もうこうなったら、大々的に絵のリクエストを募集してしまおうか・・・いやでも、まだ画力はそういう域には全然達してないし、実際募集して来なかったらそれはそれで悲しいよね。どうしよう・・・

最終型サファリ、なかなか難しかったです。なんかイマイチ塊感が表現できて無いような気が・・・
今日で秋休みも終わりです。なんか早かったなぁ・・・
これから“トランスポーター2”があるみたいですね。一作目ちゃんと観てないけど、やはりアウディA8の勇士はチェックせねば。でも今から宿題やるので録画にしときます。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0)

2007年9月29日 (土)

4ドアセダンなのにエ●い

P1030146 最近イタリア車に遭遇することが多いような気がするとこないだ言いましたが、先代のマセラティ・クワトロポルテです。初めて見た。そしてフロントが切れている。
現行型もなかなかカッコいいですが、実はこの四角いヤツの方が好きだったりします。いかにもイタリアって感じの尻上がりスタイル。4ドアセダンなのになんかエロい(おっと)。アブナイ香りがする。実際アブナイクルマらしいし。なんかマセラティのクルマってエロいよね。
・・・・・・アレ?俺だけ!?

確かデザイナーはマルチェロ・ガンディーニって人。あのカウンタックをデザインしたことで有名です。こんなクルマが鹿児島で見れるとはね・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4)

スズキ版タント

000072613 スズキから今度は市販予定車。先のX-HEADとは対称的に今度はあまり手放しでは喜べないクルマです。
どう見てもスズキ版タント。パレットといいます。まあタント対抗馬なんですが、それにしたってよく似てるなぁ。まあタントもそろそろ見飽きてきた頃なんで、ちょっとその分こちらの方が少し新鮮ではあるけど・・・000072615g
タントと違うのは、両側スライドドアだということです。両側電動の設定もあるみたい。軽のくせにそこはやるじゃないか。
いやしかし、乗用タイプで室内の広さを追求するとどうやってもこういうカタチになってしまうのかな?私にはこのスライドドアが、タントとの差別化のために苦し紛れでやったようにしか見えないんですが・・・
000072616 ちなみに室内は広いです。リアシートを目一杯後ろにやればこの通り、Sのロングモデルもビックリの足下空間。いや広けりゃイイってもんでもないけどね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4)

どこでも軽トラ

000072604_2 スズキが東京モーターショーの事前情報を発表しました。さあ、これから忙しくなるぞぉ!
まずはコレ、X-HEADというコンセプトカー。和製ウニモグといった感じのクルマです。なんか凄くカッコいい。フロントの“SUZUKI”のロゴでかっ!キャリィの積載能力と、ジムニーやエスクードの走破能力を合わせ持つクロスオーバー。サイズ的には軽枠超えてますが、まさにどこでも行ける軽トラといった感じです。
000072605 スズキっていつも面白いコンセプトカーを持ってくるんだけど、そういうのって大抵市販せずに終わる・・・しかし、今回ばかりは何としてでも市販して欲しい一台。私は以前から、軽トラにはもっと遊びの要素があってもいいのでは?と思っていました。アレほど素材として楽しいクルマは他に無いぜ、と。コレはまさにその理想的なクルマ。出たら欲しい。もちろん遊びだけじゃなくて、山の中や雪の多い地域でもかなり重宝するんではないか。いろんな自治体とかから結構需要あると思うんだけどな。今最もノリにノってるメーカー、スズキ。その勢いで、やっちゃって。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2)

2007年9月27日 (木)

素のインプレッサいいなあ

P1030073 初代インプレッサです。STIでもWRXでもワゴンでもない、まさしく素のインプレッサです。意外とこういうの見ないですよね。ターボじゃないのはワゴンが多かったりするし。
コレ見ると、「インプレッサは初代が一番カッコいい」っていう意見が多いのも分かる気がします。なんて綺麗なカタチなんだ。とにかく無駄がない・・・のに普通のカローラやサニーみたいな実用セダンで終わってない不思議。最近のクルマは派手なキャラクターラインや迫力のある顔でやみくもに存在感を出そうとしている一方で、この頃のクルマは部分部分というよりは、“ボディ全体で魅せる”クルマが多いような気がします。このインプレッサとかはその最たる例。こないだヴィヴィオ描いてて同じようなことを考えました。なんか90年代のスバルのデザインってかなり優秀だったのでは?インプレッサにしてもヴィヴィオにしても、これ見よがしな派手な演出は一切無く、しっかりボディ全体で魅せてるじゃないですか。今のスバル(いや、日本車)にそれはできるのか・・・?
でもこういうクルマって、絵に描くのが凄く難しいんですよね。もう似せるのが大変。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (5)

無かったことにされてるクルマ

P1030048 ギャランです。えーっとコレは確か7代目ですよね。VR-4でラリーで活躍した次のモデル。コレは珍車なのか?なんかこの型のギャラン、もの凄く見る機会が少ないような気がするのは気のせいなのでしょうか・・・そんなに古いクルマではないのですが。
で、お馴染みカー●ンサーで調べてみたところ、それは気のせいでは無かったようです。非常に不思議な現象が起こっていました。なんと、「ギャラン」の項目では一台も引っ掛かりませんでした。ほとんどがつい最近まで売られていた8代目。それ以外は先程もちょっと出てきたラリーで活躍した6代目。7代目が抜けています。まさに、“無かったことに”なっている!ちなみに、何故かキワモノ的な5ドアの“ギャラン・スポーツ”は2台ヒットでした。サイトや検索の方法によっては結果は少し変わってくるかもしれないけど、やっぱりコレってヘンですよね。不思議だ・・・
画像は先日撮ったモノです。あまりに久しぶりに見たモノで、「ああ、そういやこんなカタチだったな」と忘れかけてました。いやーしかし、当時でこんなに2トーンが似合わないクルマも珍しい。ちなみにこの7代目ギャラン、三菱に勤める親戚の叔父さんがだいぶ前に乗ってました。それは普通のシルバーで結構カッコよかったような。あと、コレが3ナンバー?っていうぐらい小さく見えたのを覚えています。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2)

2007年9月26日 (水)

Mk.バツ塩出たー!

000072285 マークXジオについて語ろうじゃないか。男の真ん中+7人乗りじゃないか。意外と全長短いじゃないか(4695mm)。タワーパーキングに入るじゃないか(1550mm)。“4+Free(フォー・プラス・フリー)”って3列目の人の扱いひどすぎじゃないか。セダンがFRでワゴンがFFって前もあったけどヘンじゃないか。外観ムーミンみたいじゃないか。というか全然セダンと似て無いじゃないか。エンブレムがダサ過ぎじゃないか。3列目の窓あまりにも小さいじゃないか。ぶっちゃけベースがオーリス/ブレイド=カローラクラスじゃないか。やっぱりV6、3.5Lで280馬力じゃないか。エクステリアのわりにインテリア平凡過ぎじゃないか。ワゴンというよりどう見てもミニバンじゃないか。

「男の真ん中で痛いじゃないか」
私の中では名キャッチコピーです(笑)

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (7)

秋休み始まる

P1030093 そういえば今日から秋休みでした。5日間です。
2学期制ってなんかトクした気分・・・?

写真はこの前クルマ乗ってたときに撮ったモノです。よく見るとホラ、初代パンダ。見事にタイミングを逃し、この有様。最近何故かちょい古のイタリア車に出会う確率が高いです。なのにどれ一つとしてマトモに捕獲できたモノが無い・・・なんで?

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0)

先行予約始まる

000072278 新型GT-Rの先行予約がはじまりました。車名はやはり“日産・GTーR”でいくという正式発表もありました。特設サイトはコチラ。
先行予約は始まりましたが、エクステリアなどは10月24日の東京モーターショー開幕までおあずけということです。ディーラーにはプレカタログなども来ているようですが、それにも完全なエクステリアが分かる写真は載っていないとのこと。とことん隠し通すつもりだな日産め。そういえばマガジンXとかにもあまりスクープ載らないから、やっぱりガードの堅さはハンパ無いんでしょうね。まあ私としては発表の日までワクワクできて楽しいんですが、実際購入を考えている人にとっては結構大変ですよね。なんせエクステリアが完全に分からないまま予約するか否かを決めなければならないのだから。価格も価格だし。
ちなみにベースグレードは700万円台後半。発売は発表からさらに後の12月。全国160ヵ所の“日産ハイパフォーマンスセンター”(要はデカくて設備の整ったディーラー)で取り扱われます。ちなみに調べたところ、取扱店は鹿児島には二ヵ所。事前に聞いていたとおり、親戚の人がいるいつもお世話になっているお店もそのうちの一つだそうです。というわけで東京には行けないですがその分触りまくってやるGT-R!

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0)

2007年9月25日 (火)

マツダ版カリーナED?

P1030103 またまた珍車。コレも最近はほとんど見なくなりましたね。当時からそんなに見るクルマでも無いと思いますが・・・

マツダのペルソナ・・・じゃなかった、ユーノス300です!なんか勝手ですが、できればユーノスじゃなくペルソナであって欲しかった。何故ってそっちの方が名前的に好きだから。でもユーノス、それが現実。
当時の事情を全く知らない私ですが(まだ生まれてない)、やっぱりマツダがカリーナEDのヒットを見て同じようなところを狙ったクルマ、ということでいいのかな。でもカリーナEDよりだいぶ振ってますね。グローブボックスとか無いらしいし、リアシートも凄いカタチだ(格好いいけど絶対長時間座りたくない)。カリーナEDよりずっとスペシャリティ。それが失敗の原因だったのでしょうか。
似たようなカタチのクルマで何年か後に出た日産のプレセア(祖父が乗ってた)がありますが、コチラはまだたまに見かけますね。あ、今度はプレセアをネタでやってみようかな。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0)

謎パジェロ

P1030092 今日の珍車。いや実際そんな珍しいワケではないのですが(結構見かける)、明らかにヘンなクルマであることに間違いは無いので珍車。
パジェロジュニアをベースにクラシック風な外観に仕上げたモデル。でもこのテのモデルとしてはそのクラシック度が結構ハンパ無い。ボンネットからフェンダーまで全くの専用品だし、しかもなんかデボネアとかに付いてるボンマスが。いったいこのクルマは何者?
というわけで、調べてみました。その名もパジェロジュニア・フライング・パグ!パジェロジュニアをベースにレトロな外装と、黒革張りの内装を与えた記念限定モデルです。何の記念かって言うとコレがちょっと意外。カープラザ系販売店20周年の記念車なんです。販売会社の記念車でここまでやるとは・・・普通既製の車種にちょっとお買い得な装備とか付けたりしてお茶を濁すよね。で、それがまたなんでクラシックなパジェロなのか。三菱の伝統に則ってジープ風の外観にするとかならまだ分かりますが、コレは・・・というかこのクルマ、元ネタ何なんだろう。謎は深まるばかり・・・
それにしてもこの頃の三菱はやりたい放題だったんだなあ。なんともバブリーな話です。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2)

2007年9月24日 (月)

最もハマってる光岡車

P1030137 昨日の祭り会場の駐車場で見かけたクルマ。
多分光岡の初代ガリューです。クルーをベースにしているヤツ。ただし、シャコタン&インチアップで少し弄ってありました。なんかそれが凄くシブくきまってた。光岡車はちょっと弄るだけで全然印象変わります。
さすがあのクルーをベースにしているだけあって、光岡のクラシックなスタイルが見事に違和感なくハマってますね。最初鼻先だけ見えたときはどんなロールスロイスかと思ったし。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2)

ヴィヴィオRX-Rゆい姉さん仕様

P1030161 先日のハイエースに続く(?)作品です!
青のスバル・ヴィヴィオRX-R。ゆい姉さんの愛車ついに完成!本当は最終回までに完成させる予定だったのですが、大幅に遅れてしまいました。最近なんか筆が進まない・・・劇中でも頭文字Dのパロディネタで、黄色いFDをこのヴィヴィオが溝走りでブチ抜くシーンが印象的でした。実はそれがらき☆すた知ったきっかけだったりします。

そんなわけで、今さらといった感じですがらき☆すた終わっちゃいましたね。なんか、見事に予想通りの終わり方でしたが、なんかもうひと波乱あっても良かったような。2期はあるかどうか分かりませんが、結構期待してます。その際はまたヴィヴィオ出てきて欲しいな。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4)

2007年9月23日 (日)

祭り会場にボルボC30

P1030138 タダETCを申し込みに“KTSの日”祭り会場に乗り込んだら、お祭りということで、デミオとこのボルボC30が展示されてました。
コレは思わぬ収穫!ちょろっと見てきました。

正直、写真では「どうかな~?」と思っていたのですが、実車はかなりカッコいいですね。ボルボが主張する、スタイリッシュなクーペというのも十分わかる。このスタイリングは街中でもかなり異彩を放つことでしょう。写真映えしないのが可哀想なクルマです。
P1030139 インテリアもかなりイイ!ブラックの革に木目の組み合わせでしたが、なんというか、初めてティアナのインテリアを見たときに似た感動が。
ドアはさすがボルボといった感じで、重たく分厚いモノでした。そしてクーペだから長い。
このクルマはゴルフなどと比較して選ぶクルマって言うよりは、このスタイリングが気に入ればコレしかない、そんな感じのクルマだと思います。P1030140

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4)

やっとETC!

Img_9912 我が家のクルマにもついにETCが付くことになりました!
昨日今日と、“KTSの日”という地元テレビ局のイベントをやってて、そこでETCタダキャンペーンをやっていたので、「機械タダでくれるんなら・・・」ということで、申し込みをしてきました。車載器とセットアップ費用は0円で、取り付け費用は別途必要だそうです。とりあえず、ドライブなどで高速道路を利用することの多いセレナに付けることにしました。有料道路を毎日利用しているのは母が通勤で使っているアイの方なのですが、あいにく通勤で利用する有料道路は高速とは管轄が別で、ETCが対応していないんです。ほとんど高速みたいなモノなのに・・・残念。
2週間ぐらいで車載器が届き、利用できるようになるそうです。今まではETCレーンを通過していく車を羨望のまなざしで見ていましたが、これでセレナもその仲間入り!楽しみです。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (8)

ターボルック!

P1030079 昨日見たクルマ。
ミラ・ウォークスルーバンです。ボンネットから先がターボルック。というかホントにターボかも。窓の上のベンチレーション(?)も開いてるし、なんかラリーな雰囲気・・・
ところで最近こういうクルマ無くなりましたね。ちょっと前の商用車ショーでスズキとダイハツがこんなの出してましたが。こういうの乗ってた人もワゴンRとかで十分だったのかな?
というか、どう見ても食パ●マンカーに見える・・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0)

2007年9月22日 (土)

4ドアのGT-R!?

P1030036 今日見たクルマです。4ドアのR32GT-R(?)。4ドアのGT-Rと言えば、R33のオーテックバージョンが有名で、一部覆面パトカーなどにも使われたりしてましたが、アレ?32にもあったんだっけ。
GT-R顔を移植しただけか、でもリアフェンダーが微妙に出てるような気もする・・・詳しい方、教えてください!!

・・・スカイライン好きとか言っておきながら結構疎いな・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0)

2007年9月20日 (木)

新型フィットもうすぐ

Carscoop_hionda08jazzfit_0_2 新型フィットのオフィシャルフォト(?)が出回ってます。少し前からマガジンXなどで晒されてましたが、ついにちゃんとした写真が出てきました。
今回、フィットもキープコンセプトで行くみたいですね。全体的にはさらにワイド&ローフォルムでスポーティさを強調。まあ常套手段ですが、なかなか悪くないです。ただ、背後にチラつくエディックスの影・・・その辺がちょっと不安にさせますね。ま、大丈夫だろうけど。Carscoop_hionda08jazzfit_4
というかこのクルマ、結構幅広く見えるんですが、デザインの演出上そう見えるだけなのか、5ナンバー枠内なのでしょうか?スクープ記事とかあまり読んでないので分からないのですが、実際のとこ、どうなの?
新型もまたコンパクトカーの常識を大きく書き換えることができるのか、大いに注目です。Carscoop_hionda08jazzfit_6_2 Carscoop_hionda08jazzfit_15

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (5)

2007年9月18日 (火)

新型陸の巡洋艦

000074916 トヨタの大型SUV、ランドクルーザーが新型になりました。先代のランドクルーザー100から丁度10年ぶりとなるモデルチェンジ。全長5m弱、幅2m弱と非常に巨大なボディサイズも、若干丸みを帯びつつも基本はボクシーで、いかにも4駆といった感じのスタイリングも10年前のそれとさほど変わっているようには見えません。しかし最近のトヨタにありがちなわざとらしくダイナミックさをアピールするキャラクターラインや、これ見よがしな高級感の演出も見られず、その点はなかなか好印象。05_lnannkuru
実際は結構な高級車であることに疑いの余地は無いんですが、レクサス仕様があるからなのか、「今度のランクルはきっとギラギラの派手派手になるんだろうなー」なんて思っていたら、意外と飾り気無くて少しビックリ。しかし、なんだかこのクラスはイイですね。ランクルは依然としてどこから見てもランクルだし、パジェロはどう見たってパジェロだし、今は無き最終型サファリもサファリ以外の何者でも無いカタチしてた。海外向けがメインだからなのか、ライフスパンが長いからなのか、このクラスのクルマが一番余計なモノを取り入れようとせず、安定したデザインのような気がします。
16_llankuru エンジンは4.7LのV8で5速ATとの組み合わせのみ。このエンジンは先代の改良型みたいですが、プラットフォーム自体はフルフレーム構造ながら一からやり直してるみたいです。燃費はさすがのトヨタでもコレが精一杯だったのか、10・15モードで6.6㎞/L.。やはりディーゼルの導入が望まれますね。じゃないとこれじゃあガソリン価格高騰のこのご時世、とても乗れたモノじゃないでしょう。
000074893 その他ハードなオフロードなどで安定して走るために、エンジンとブレーキを自動制御する世界初のクロールコントロールなど、とにかくなんかスゴイ機構が満載みたいです。
グレードはシンプルに2種類。要するに布シートの普通のヤツか、革シートの豪華なヤツ。国産車では数少ない、骨太な選択のひとつとなりそうです。でも普通のヤツでも470万・・・やはり高級車だなあ。この新型も世界中の砂漠とかで活躍するんだろうな。
30_lrunnkuru 最近の一連のトヨタ新車のなかでは最も好感の持てる一台です。なんかヘンなのばっかりで・・・昔からの名前ってコレだけですよね。実はちょっとカローラルミオンあたりも期待しているんですが、四角い車好きとして。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3)

2007年9月17日 (月)

楽しそうなbB

P1020993 最近珍しいクルマネタがあまり無いです。「あっ、コレは珍しい」と自分では思ってても、「それ、結構見るよ」的なことを言われることが多くて・・・やはり地方であるということを実感しますね。すみません、程度低くて・・・

今日はこんなクルマ見ました。bBオープンデッキ。出たときはbBのキャラとは正反対のクルマだったので、「なんでこんなの?」って思ってましたが、今はなんか好きです。楽しそうなクルマだ。今のbBではますます望めそうにありませんね。日産がキューブあたりでやってくれたら最高なんだけど。
P1020994 ところでここでふとある疑問が。このbBオープンデッキ、今までことごとくこの黄色しか見たこと無いような気がするのですが、ひょっとして他に設定色無かったのか?さすがにそんなハズはないと思いますが、ちょっと気になります。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3)

2007年9月16日 (日)

夢のクルマをつくった男

Csp_delorean 先日BSでバック・トゥ・ザ・フューチャーの3部作をやっていました。私は録画して観たのですが、やはりこのシリーズは何度観てもイイですね。もうドクは全てが面白過ぎる・・・あとビフの悪者っぷりも最高です。特に2に出てくるジジイになったビフが好き。

しかしやっぱり一番外せないのはやはりタイムマシンのベースになっているデロリアンの存在でしょう。ジウジアーロ氏がデザインした、ガルウィングドアと無塗装で地肌剥き出しのステンレスボディを身にまとった、タイムマシンでなくても十分非現実的なクルマです。
正式には“デロリアン・DMC-12”、企画したのは元GM副社長、ジョン・ザッカリー・デロリアン氏。1975年、彼は自分の思い描いてきた夢のスポーツカーを実現させるため、突然世界一の自動車メーカーの副社長の職を辞し、“デロリアン・モーター・カンパニー”(DMC)を立ち上げます。そしてイギリス政府の資金援助でアイルランドに工場を建て、ロータスの協力をもとでこのDMCー12を開発し、81年のジュネーヴショーで発表します。同年からアメリカで販売されましたが、開発不足と生産クオリティの低さが原因でトラブルが続出、顧客からのキャンセルが相次ぎ、翌年82年にはDMCにはかなり厳しい状態に陥りました。それに追い打ちをかけるようにデロリアン氏はコカイン密売容疑で逮捕され、それが引き金となって、DMCは倒産してしまいます。結局8500台ほどが生産されました。成功すれば4ドアセダンや大型バスをつくる計画もあったらしいです。そしてその3年後、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーが大ヒット。これだけで別の映画がつくれそうな波乱に満ちたドラマチックなストーリー。
P1020944 というわけで今私の中ではデロリアンがかなりHOT!丁度今月号のカーマガジン・ティーポにデロリアンの記事があったので、思わず買ってきてしまいました。意外と知られていない、このクルマの素性。シャシはエスプリのモノを流用していて、当時安くで手に入りやすかったプジョー・ルノー・ボルボ共同開発のV6をリアに搭載。エスプリがMRなのに対し、このクルマは純粋なRRです。パワーは130馬力、最高速度は220km/h。ミッションは5MTか3AT。どうやら走りよりも格好や雰囲気を楽しむクルマだったようで、当時の価格は約2万5000ドル。意外と安いのね。日本にも100台程が現存しているとのこと。是非とも一度は見てみたいものです。
そんなデロリアン、昨今の復活ブームの影響か、復刻版が出るとの噂があります。デロリアン氏は2005年に80歳でこの世を去りました。もしその噂が現実となるのなら、デロリアン氏の夢を受け継いだクルマになって欲しいですね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2)

2007年9月15日 (土)

カスタムな500

Carscoop_fr_500cup_1 フランクフルトショーにて気になるクルマを一台。
もうすぐ日本にもやってくるフィアットの新型500のカスタム仕様です。派手なエアロパーツやワイドフェンダー、大径ホイールが特徴。これかなりカッコいいです!アバルト仕様もこんな感じになるのかな?
ところで新型500、正規輸入に先駆けて並行輸入の業者が予約などを受け付けたりしているようですが、やはり価格は最低でも200万。正規輸入になればもう少しは安くなりそうですが、やっぱりちょっと高いなあ・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2)

2007年9月14日 (金)

フランクフルトいろいろ

Furannku 今週は体育祭ウィークで疲れてほとんど更新できませんでした。明日が体育祭です。私はいちおう美術部に所属(夏休み以来ロクに行ってなかったけど)してるんで、看板の製作や設営なんかが忙しかった・・・

そんななか遠いドイツのフランクフルトではモーターショーの真っ最中。いろんなショーカーやニューカーが出てきましたね。一台ずつとりあげるのは無理なので、こうしてまとめて紹介します。
まずは新型ルノー・カングー(右上)。現行型カングーは大好きなクルマなので、やはり期待してました。カタチはほとんど先代と変わらない印象ですね。ただ、異型ライトやルーフレールなど、細部のディティールに若干遊びが見られる。先代には余計な要素は全くなかったのですが、やはり新しく見せるためには必要なのか・・・質感もだいぶ向上しているようですが、多くの人がカングーに求めているのはそこじゃなくて、カングーならではの潔さから生まれる“楽しさ”。そこがちゃんと残っていることを祈るばかりです。
次、アコード・ツアラー・コンセプト(右中)。ドデカいアメリカ仕様に比べると全然良さそうですね。スタイリングも先代のイメージを継承していていいぞ!世間的には不評ですが、今のアコードのカタチ、結構好きなんです。
メルセデス・F700(左上)は、未来のSクラスを思わせるコンセプトカー。スタイリングはともかく、この5m級の大柄なボディで1.8Lターボエンジンを使い、過不足無く走らせるというのは、かなり高い志を感じますね。余計なパワーなんて要らないことにやっと気付いたか。いや、とっくに気付いていたんでしょうね、50年ぐらい前から。
ダイハツのOFC-1(左下)は次期コペンと目される軽サイズのオープンカー。なるほど確かにどこから見ても次期コペンですが、ダイハツは前のフランクフルトの時も似たようなオープン2シーターのコンセプトを出しておいて、以降音沙汰無し。コペンの1.3Lも日本では売らないみたいだし、そもそもコペンに次期モデルなんてあるのか?とちょっと疑問視。でも出てくれたら嬉しいですね。つーか新型が出れば、あの現行型の理不尽過ぎる中古価格も少しはマトモになるのかね?
スズキがやりおった!スズキ・コンセプト・キザシ(左下)は、スズキでは珍しい大型乗用車のコンセプト。以前ならスズキがこんなことをやってもきっとシカトされたでしょうが、今度ばかりは状況が違うかも。さすがにこのまま市販化ってのは難しいでしょうが、スイフトやエスクードの例があるし、なんだかもの凄いカッコいいクルマが出てくる可能性は結構あるのではないでしょうか。
最後、VW・UP!(右下)は、面白い名前のコンセプトカーですが、内容も面白い。軽自動車並みのコンパクトなボディで、なんとRRワンモーションフォルムの4人乗り。・・・ってコレ、アイじゃね?なんて思ってしまうのが性。しかし全然結構マジで売りそうな感じですね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4)

2007年9月11日 (火)

クーペなSUV出た

E1e42e7ac3fc67552e6c35e31e8f96f8 本日開幕のフランクフルトショーで、X6コンセプトが発表されました。
X5をベースにしたクーペ風スタイルのクロスオーバーSUV、BMWのラインナップで3台目のSUVです。

2479893b0341b5cd8c6ebac145ac428c 最初スクープ段階では正直「こんなのつくってどうすんの?」って感じでしたが、実際この後ろ姿を見たら納得。コレはカッコいいですね。今まで見たことのない種類のカタチ。まあでも後方視界やスペース効率は絶望的に悪そう・・・こんな成りでユーティリティはトヨタ・プリウス以下とか、結構アリそう。
85822cb703670683b9d3a04ef6fe1912 これはコンセプトモデルなのでこのまま市販されるかどうかは分かりませんが、大きく変わることも多分無いでしょう。というか、顔がX5と同じなのはなんとかならなかったのか?せっかく後は面白いカタチしてるのに。Da1aedf5b5fe4e4b6b2d04262cc0c55e

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2)

2007年9月 9日 (日)

GT3で何を!?

P1020932 昨日日産に驚くべきクルマが停まってました。
コレ!なんと996型のポルシェ911。しかもしかも、GT3です!!
996型のGT3といえば、サーキット走行を考えた超硬派でレアな伝説的仕様。鹿児島にもいたとはね。しかも何で日産に停まってるの?鹿児島でも最近結構ポルシェを、見かけるようになりましたが、コレはもはや別格ですね。いったいこんなクルマで何しに来たのか。GT-Rの情報でも聞きに来たのかな?

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0)

新型GT-Rのハナシ

Carscoop_nissan_gtr 昨日日産に行って得たもうひとつの大きな収穫。なんと!新型GT-Rのハナシを聞くことが出来ました。それも結構突っ込んだところまで。さて、どこまで話していいものやら・・・いつもお世話になっている親戚の人からなのですが、なんとその人は先日某県のサーキットで行われたGT-Rの研修会に行ってきたのだそうです。実際にテストドライバーの助手席に乗ってサーキットを走ったらしい、新型GT-Rで。
内外装のデザインは、今雑誌で出ているモノとほとんど変わらないそうですね。アレで確定と思って良し。なんだか今度のGT-Rは、いろんな意味でスポーツカーではなくスーパーカーなんだそうな。設備のしっかりした大きなディーラーでしか取り扱えないという噂は本当だったみたいで。でもなんとかこのお店には来るみたいです。どうやら私も目の前でGT-Rを拝むことができそうです。いやあヨカッタヨカッタ。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (5)

エクストレイルをさわる

P1020930 昨日の続きです。新型エクストレイルです。正直マイクラを見てて肝心のコレはあまりじっくり見ることが出来ませんでした。でもいちおう紹介。
ショールームに置いてあったのはブレードシルバーのXでした。オーディオは未装着、ハイパールーフレールも無しです。

P1020925 インパネはデュアリスと共通のイメージですが、よく見ると違いますね。質感も先代からするとだいぶ進歩してます。まあ、質感を求めるようなクルマでもないような気がしますが。オーディオレス仕様はなんだか寂しいです。ダッシュ上部のモノ入れはなかなか奥が深いです。

P1020926 ステアリング近くの謎のレバー。コレなんだろうな?ワイパーとかじゃないし・・・と思ったらポップアップステアリングのレバーでした。これはエクストレイルならではです。ちなみにポップアップステアリングはXにしか付きません。

P1020908 荷室はかなり広大で、見るからに使いやすそうです。開口部の方も文句無し。噂の引き出しは、なかなか思ったよりしっかりとした造りでした。これなら走行中にカタカタ言ったり勝手に開いたりはしないでしょう。
と、全体的には正常進化といった感じですね。ただ、デュアリスの存在があるからか、よりSUVらしい方向に振っているような気もします。うまくキャラ分けがなされているようです。私なら、今のところはデュアリスかな・・・
P1020909

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0)

2007年9月 8日 (土)

なんと!マイクラC+C

P1020907 今日一番のサプライズ。エクストレイルを見に日産に行ったら、なんとあるはずのないマイクラC+Cが!!試乗車・展示車検索では鹿児島は一台も引っ掛からなかったので、もう見れないと思っていたのですが、嬉しい誤算です。

P1020920 やはりカッコいいですね。マーチとは全然違って見えます。この色いいな。やっぱりマイクラグリルはイイ。黒いユーロプレートサイズのナンバー台も萌えポイント。このクルマは一ヶ月ぐらい前に来たそうです。結構前からあったんだな・・・このお店でも今までに何台か出てるみたい。鹿児島にも買う人がいたとは。
P1020914 ここだけ見るとただのマーチ。オーディオレス仕様です。オープン時の開放感はさすが。実際にルーフの開け閉めもしました。コレを目の当たりにすればこの価格にも納得。このクルマはマーチの背中に100万円分の機構を背負っているようなモノです。

P1020923 しかしこれで4人乗りとは・・・ほぼ犯罪ですな。国土交通省も馬力や速度リミッターなどに関してはうるさいクセによくこんなの認可するよね。
フロントシートは革張りでなかなかイイ感じです。後は荷物置きか。

コレに夢中になってるあまり、肝心のエクストレイルがあまりしっかり見れなかったのは秘密。

ルーフの開閉やその他の写真はこちらから↓

フォトギャラリー:なんと!マイクラC+C

今日はこのへんで。続きはまた明日。P1020924_2

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4)

ついでにデリカD:5

P1020896 ついでに前から興味のあったデリカD:5も少し見ました。箱形ミニバンの中では一番好きなクルマです(除くセレナ)。まずこのエクステリア。かなりツボです。初めて見たときは鳥肌が立ったぐらいカッコいい。そんなミニバン他にはありません。
セレナと比べるとドアの開閉感が全然違います。コレはかなり重厚でしっかりしてます。箱形ミニバンにしてはドアが凄く分厚い。さすがデリカといった感じです。
P1020889 インテリアは少し銀パーツ使いすぎですね。ちょっと古いかも。ブラック内装で暗いし。ベージュだったら印象変わるかな?サイズはセレナより少し大きいはずですが、広さはそんなに変わらないような気がしました。その分がドアの厚みに使われいているということか。まあ、狭いということは全然ありません。
P1020891 スライドドアの開閉感も良好です。パワースライドドアはしっとりと動きます。まあ開閉感以外はセレナとそんなに差はないです。しかしやはり床が少し高いか。シートの分厚さでは完全にセレナに勝ります。

P1020895 ワイルドかつ高級感もある18インチホイール。コレがほとんどのグレードに付くというのだから三菱は太っ腹!
SUVらしい肉厚なタイヤも気に入ってます。まあ、タイヤ代が高くつきそうだけど。

P1020885 噂のシャコタンデリカ、ローデストもありました。コレは一種異様な雰囲気をまとっています。でも写真で見るよりはだいぶマシ。4WDモデルの堅牢さはそのままだし、コレはコレで面白いかも。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0)

ギャラン・フォルティス見てきました

P1020883 まずはギャラン・フォルティスです。
アイのオイル交換をやっている間に見ました。店内に置いてあったのはブラックの“スポーツ”。販売の中心となる、エアロ付きのヤツです。思ったよりもコンパクトに見えます。でも案外背が高いかな?(何故かルーフには犬が)フロントは本当に逆スラントしてて驚きました。このエアロは、個人的にはあまり好きではないんですが、オプションのリアスポイラーと合わせてエボ並みに実際の効果などを考えて真剣に設計された代物だそうです。しかしどうしてこう、付いていて実際効果を発揮するエアロって付いてない方がいいようなカタチしてるんだろう。マーチ12SRのとかも。
P1020881 リアです。アルファロメオ似とも言われますが、実物はそんなに騒ぐほど似てないと思いました。ナビ付きなのでバックカメラがスリーダイヤの下にボコっと付いてます。もう少し何とかならなかったのかコレ。まあブラックだからそんなに目立たないけど。真横から見ると分かりますが、トランクの後端が尋常じゃないぐらいスパッと切れてます。コレはスゴイ。

P1020876 インテリアです。スポーツなので内装色はブラックのみ。コレは写真で見るよりも印象が良かったです。質感もまあまあ。シートも硬めでしっかりと造っている感じがして好印象でした。リアシートの空間も不満無し。やっぱりヘッドレストと3点式シートベルトが3つ付いてるのがイイですね。コレだけでなんか嬉しくなる。

P1020878 このクラスでは珍しい18インチホイールです。コレはカッコいい!弄る必要性を全く感じさせません。乗り心地はどうなのか気になりますね・・・
個人的にギャラン・フォルティス、結構今マイブームです。一番安いエクシードでも2Lでオートエアコンにオーディオは標準だし、それで170万ちょっとってかなりスゴイ。他車で同じような条件だと10万20万は必要です。このクラスとしてはなかなか若々しい内外装と、エボのベースとなるしっかりとした走り。あとニーエアバッグや3点式シートベルトなどの安全装備。コレはこのクラスでもなかなかスゴイものが出てきたんじゃないかと。唯一難点といえば、エクシードには18インチが選べないんだよね。エアロ無し+18インチとなると、上級グレードのスーパーエクシード。コレはコレでダークブラウンのレザーシートがなかなか渋くて・・・なんて妄想はさておき、イイですギャラン・フォルティス。日産には悪いけど、俺はシルフィより断然こっちです。まあいろいろ不満もありますが、このクラスで唯一乗りたいなと思えるセダン。P1020901
ちなみに、試乗車はホワイトのやはりスポーツでした。スポーツ以外のグレードも見たかったな。スーパーエクシードのレザー内装とか、実際どんななのか気になる。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0)

ディーラー巡り!

P1020933 今日は久々にディーラー巡りをしてきました!といっても、いつもの日産と三菱ですが。三菱にはアイのオイルを交換に行きました。半年ぶりに。
目的はもちろん新型エクストレイルギャラン。でもそれ以外にもいろいろと収穫がありました。後でアップしていきたいと思います。

今日の戦利品はコチラ。ギャランのカタログとエクストレイルのティッシュ。ギャラン見てたらお店の人がカタログを持ってきてくれて、さすがに「もう持ってます」とは言えないので頂くことに。さてギャランのカタログが2冊、どうしたものか。某アニメみたく保存用か?布教用か?
日産では試乗したらチョロQ貰えるというキャンペーンをやってたのですが、お客さんもかなり多くて(駐車場一杯)、さすがに「チョロQちょうだい」とは言えず。まあ試乗もしてないし。

| | コメント (3)

あっ、テンザ。出たー!

Carscoop_mazda6_18_2 出たよアテンザもといマツダ6。
なかなかカッコいいですね。フロントフェンダーをデミオに通じる感じで仕上げてきました。デザイナーも同じ人かな?とにかく、期待を裏切らない出来です。
Carscoop_mazda6_19 リアはこんな感じ。ちょっとバブル期のマツダ車っぽいですね。いや、いい意味で。サイドビューはプラットフォームを共有しているフォード・モンデオに似てますね。アレもかなり幅が拡大されたみたいだけど、アテンザもそうなのかな?この画像を見た感じでは、やはり少しサイズは拡大されているように見えます。
Carscoop_mazda6_31_2 インテリアはわりとオーソドックスなデザインです。しかし質感はかなりアップしているように見えますね。でも青や赤のメーターは相変わらず。こちらでもフォード・モンデオとの近似性が伺えます。

Carscoop_mazda6_24 ワゴンも同時発表となるようです。
このワゴンがまたなかなかカッコいい。新型アテンザ買うならワゴンかな?
ところで現行型も今見てもいいですよね。今日は初期のイメージカラーだった黄色のスポーツを見ました。「派手だな~珍しいな~」と思ってたら、車名エンブレムのところが“MAZDA6”になってました。なかなかこだわりのアテンザ乗り。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2)

2007年9月 7日 (金)

コレは次期ディアマンテ!?

000074114 三菱の新しいコンセプトカーをもう一台。
先頃発売されたギャラン・フォルティスとも通じるイメージのセダンは、コンセプトTZといいます。“和”をテーマにした高級セダンのコンセプトカーです。
000074117 全長5m弱のなかなか大柄なボディサイズです。エンジンは2.2Lのクリーンディーゼル。ミッションは間もなく発表予定のランエボXに搭載される予定になっている6段2ペダルMTのツインクラッチSST。ボディ構造はアルミスペースフレームで、ドアやボンネットなどの外板は樹脂でつくられています。
000074120 そんな三菱の新技術の見本市的な役割も兼ねているこのクルマですが、注目すべきは何と言ってもこのスタイリング。コレはカッコいい!インテリアもなかなか。私はこういうのに弱いのです。「来年から新型ディアマンテとして販売されます」と言われても全然違和感の無い、完成度の高いエクステリアです。しかしこのクルマ、今のところ市販化の予定は無いとのこと。本当かぁ?などと疑ってしまいますが、そこはグッとこらえて、お願いします!売ってください!!と頼み込む。
000074123 実際会場ではランエボXやアイ・ミーヴ・スポーツの陰に隠れがちになってしまいそうですが、このクルマは今後の動きにも期待してます。というか、前回もそうでしたが今回の三菱もかなり気合い入ってそうですね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (5)

噂をすれば影!

000074093 いやいやびっくりだ。昨日こんなことを言ってみたら、こんなクルマが出てきましたよ。アイ・ミーヴ・スポーツです。今年の東京モーターショーに出品される予定のコンセプトカーだそうです。もう東モの事前情報とは、早いな。
アイ・ミーヴ・スポーツは、電気自動車のアイ・ミーヴをベースに背の低いスポーツカー風のボディを載せたモデル。というわけでいちおうコレは電機自動車なワケですが、長らく噂されていたアイをベースにしたコンパクトなクーペというのはきっとコレのことでしょう。
000074096 スタイリングは究めてシンプルで斬新なモノです。なんだか飛行機の胴体部分みたいですね。欲を言えばもう少し煮詰めて、細部のディティールなどにも凝って欲しいですね。市販化される場合はそこに期待します。
フロントのインホイールモーターが27馬力、リアのモーターが63馬力。最高速度は180㎞/h。“スポーツ”の名に恥じない十分な動力性能です。コレ電機自動車のままでもイイかも。
このクルマが街を走り出す日はそう遠くないかもしれません。000074099

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3)

2007年9月 6日 (木)

アイにスポーツグレード?

000074041 アイに特別仕様車が出ました。アイ・スポーツ・スタイル・エディション。
見ての通り三菱らしい、エボっぽい雰囲気のエアロ仕様になっています。実はこのエアロ、以前からオプションカタログに載っていたものなんですが、他にも革巻きステアリングだったりスピーカーが6個になっていたり、これだけの内容でこの価格なのならまあまあ買い得なのかもしれませんね。000074043
しかしそろそろ動きが欲しいところです。本格的なスポーツグレード・・・ラリーアートとか。ワイドバージョンもなかなか出てきませんね。近いうちにあるであろうマイチェンで新たな動きがあることを期待します。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4)

バカっ速ワゴンの時代が来る

000073933 アウディがフランクフルトショーでRS6のアバントを公開します。コレがそのRS6アバント。RS4ではアバントの人気が最も高いと言うことで、今度のRS6はアバント、つまりワゴンからの発表になります。
エンジンはS8に搭載されてた5.2Lの直噴V10をさらにツインターボ化したもの。そのパワーなんと、580馬力!M5ツーリングやE63ワゴンを置き去りにする動力性能。コレはもう、完全にスーパースポーツの領域です。おそらく史上最速の市販アウディです。R8に乗っている人なんかはさぞ複雑な思いでしょうね。しかもそれがワゴンだというのだから。
000073936 まあ積めないよりは積めた方がイイ、狭いよりは広い方がいいでしょってことなんでしょうね。それならセダンよりワゴンの方がイイじゃないかっていう感じなのでしょう。そう考えるとこのクルマはスゴイ。580馬力で4駆の全天候型で、荷物積めて室内広くて・・・これ以上何を求めるというのか。まさに完璧なオールラウンダー、最強です。一台欲しいな・・・

000073960 もう一台、激速ワゴン。このブログでは取り上げていませんでしたが、新型Cクラスのワゴンが既に発表されています。で、早くもAMGバージョンもデビューというわけです。
C63AMGエステートです。AMG製6.2LのV8エンジンをCクラス・エステートのボディに搭載。457馬力を発生し、エクステリアはもっこりふくれあがったボンネットとワイドフェンダーでバリバリ本気仕様。コレもまた、ワゴンであることが犯罪みたいなクルマです。000073963
この2台を見てると、もはや2人しか乗れない、荷物積めない、車高を気にするようなスーパースポーツはもう古いのか?なんて思えてきます。これからのスーパースポーツは、実用面でも最強、なんてね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2)

パンダ100万台達成!

Carscoop_pandaaa 現行型のフィアット・パンダが生産台数100万台を突破したようです。これはめでたい。写真で見ると、ちょうど100万台目は4x4だったみたい。しかしもう100万台とはペースがかなり早いですね。さすが多くの人々に愛されているクルマだけある。
最近いろいろあって疲れ気味な私。でもパンダも頑張ってるんだ、俺も頑張らないと!
・・・というわけで、今日は平日にもかかわらず更新多めで行きます。いきなり頑張る方向性を間違ってるような気もしないでもないですが。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2)

2007年9月 4日 (火)

カエルっぽいシトロエン

Carscoop_ccactus2bconcept_2_2 久々の学校、2日目ですが、正直辛いですね。いない間に溜まった提出物や課題に追われています。テストも受けてなかったから成績にかなり大打撃・・・体育祭の練習ももう始まるし、かなりキツイなー。
ああ、あの退屈だった入院生活が懐かしい。
ところでこちらはシトロエンの新しいコンセプトカー。多分フランクフルトショーで公開。最近のシャープなラインのシトロエンとは少し違って、だいぶ丸っこい感じです。ちょっとポルシェ・カイエンに似て無くもないけど、カエルっぽくてなかなか面白そう。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (1)

2007年9月 2日 (日)

新型エクストレイルをチラ見

P1020859 昨日日産のディーラーの前を通ったときに見ました。かなり気合い入ってますね。そんなに大きなとこでもないのに展示車と試乗車と一台づつ置いてあったみたいだし。何カ所かディーラーの前を通ったのですが、このまさにCMに出てくるバーニングレッドにハイパールーフレール付きっていう仕様が多いですね。カタログもやっと届きましたが、今度のはこの赤とブレードシルバー以外に“コレだ!”っていう色が無いなような。デザートアンバーっていうヤツはなかなか面白いけど、似合ってるかどうかはまた別問題で・・・まあでも、依然としてエクストレイルといえばこの赤ですよね。
今度はチラ見じゃなくて、ラゲッジやインパネ周りをいろいろいじくり回してみたいなー。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (6)

痛車だぜ

P1020865moza 最近何かと話題の痛車というヤツを、私もやってみました。といってもイラストで。どうせ描くなら派手な方がイイだろうということで、ベースはハイエースで、最近話題の某アニメをテーマに思いっきり派手に仕上げました。結果なんだか宣伝カーみたいになってしまった。でも実際やってる人いそう。

いちおうこういうの不快に思う方もいるかとと思うので、画像は修正で見れなくしてあります。見たいという方だけ、こちらからどうぞ↓

200系ハイエース・ら●☆す●仕様

以前友達にコレのアイデアスケッチ的なモノを見せたら大ウケでした。いやーでも、色付けたりするとなかなか難しいですね。というか正直、あまり満足できない出来です。入院も挟んだので、描き始めてから半月も掛かってしまいました。なんか途中で挫折気味に・・・結構随所にネタを散りばめたつもりですが、汚くて分からないし。カラーリングも微妙だし。

次はあるのか・・・!?

ところで明日から学校です。社会復帰です。正直体がついて行けるか心配ですが、まあなんとかやりたいと思います。これからは以前よりも絵を描いていきたいと思います。暇を見つけてちょくちょくと。さて、次は何を描こうかな・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4)

2007年9月 1日 (土)

アルミのアウディ

P1020861 今日も絵描きました。昨日のエクストレイルとはうって変わって超マイナー車です。アウディA2。2000~2005年まで生産された、アウディのベーシックモデルです。日本には結局正規輸入はされていません。このクルマ、まずこの個性的なスタイリング。TTと共に当時のアウディのデザインを引っ張るクルマです。さらにこのクルマ、何とフレームやボディ外板がアルミでできているんです。A8と同じアルミスペースフレーム構造です。よってフィットよりやや大きめのボディで車重はなんと約800㎏。まさに夢のような“小さな高級車”です。しかし商売としては失敗で、つくるのにかなりコストが掛かるということで、わずか5年で絶版。後継モデルもありません。しかし熱心なファンも多いようで、日本でも乗っている方がいます。そこで、興味本意で調べてみると、何と!カー●ンサーで「アウディ その他」で3台ヒットです。そのうちの一台がコレ。この値段・・・安いのか高いのか・・・・しかし唯一無二の存在であることは確か。んー、乗りたい!

P1020856 アルミボディのアウディつながりで、今日はこんなクルマを見かけました。先代のS8です。コレはラッキー。現行型もいいですが、この先代S8(A8)もかなりカッコいいです。映画自体は全く知らないんですが、このクルマ、“ローニン”って映画に出てくるんですよね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »