« 今日の代車は・・・? | トップページ | デリカC2、変わる印象 »

2007年6月19日 (火)

ふとした疑問、ヘッドライトについて

Fuga_72 最近ふと思ったのですが、ヨーロッパのクルマってヘッドランプウォッシャーが付いているクルマが多いですよね。確かヨーロッパでは、キセノンヘッドライトのクルマはヘッドランプウォッシャーを付けることが義務づけられている、という話を聞いたことがあります。水滴などで強力な光が拡散すると危ないからってことみたいです。
それに対して、国産車でも最近キセノンヘッドライトやディスチャージヘッドライトのクルマが増えましたよね。最近ではメーカーオプションの定番アイテムです。それなのに、国産車でヘッドランプウォッシャーが付いているクルマってのはまだまだ少ないです。パジェロとか四駆系のクルマには付いてますね。コレっていいのかなー?こないだレベライザーの装着が義務づけられたばかりですが、これもやった方がいいんじゃないかなってチラッと思ったりします。

ところで、キセノンは非常に便利な装備ですが、対向車から見ると結構眩しかったりするんですよね。正直、対向車のこととか考えられないドライバーにはあまり使って欲しくないです。街中で見た目重視の青白い光をハイビームにしてるクルマとか見ると、「見た目以前にやることあるんじゃねーの?」って思ってしまいます。愚痴でした。

にほんブログ村 車ブログへ

|

« 今日の代車は・・・? | トップページ | デリカC2、変わる印象 »

コメント

ご無沙汰です。
多分なんですが、恐らくヨーロッパは北欧も抱えているし、スイスの山間部もあるしで、結構寒いからだと思います。
ハロゲンランプなら熱量が大きいので、氷が付いて焦点がおかしくなる事は少ないのでしょうが、ディスチャージだと、氷が解けるほどの熱を発しないのだと思います。

それと、日本ではそこそこ、洗車はしますが、あちらでは特に冬場は洗車なんてしなさそうなので、ワイパーをつけているのでは??僕個人としては、いままで、ヘッドライトが雪や氷で照射がおかしくなった経験はないので、要らないとおもいますが、北海道などの寒冷地仕様ならあってもよいかもしれませんね。

あと、思うのですが、ドイツやスイスなどを旅行した経験から言うと、とにかくヨーロッパは平均速度が早いという雑誌の説明も、意外とマユツバだと思います。アウトバーンも九州道と同程度で流れていました。
意外だったのは、でっかい外人さんがシビックやマツダ3(デミオ)にギュウギュウになって移動していた事。結構台数も多かったです・・・もっと大きいクルマにすればいいのにって思いました。

投稿: フクちゃん | 2007年6月19日 (火) 23時27分

ヨーロッパ車にヘッドランプウォッシャーがついているのは、雪がヘッドランプに張り付いたときに吹き飛ばすためみたいです。キセノンはもちろん、ハロゲンのライトにもどの車に必ずと言っていいほど装備されています。しかしヘッドランプウォッシャーを左右同時に使うと一時視界が悪くなるので、中でも高級車はそれを防ぐため左右片方ずつずらして噴射します。よく考えられてますよね。

僕は雪が降る地域に住んでいるので、ぜひつけてほしい装備の1つです。雪が張り付くと夜とかほんとに前見えなくなりますからね…

投稿: DB7 | 2007年6月19日 (火) 23時57分

フクちゃんさん、
なるほど、確かに北国などでは重宝しそうですね。だから4駆などには付いてるのかも。
アウトバーンがそんなに速くないというのは意外です。まあ、速度無制限な区間とそうでない区間があるという話ですからね。
ところで九州道のあのトンネルが2車線で開通してから、鹿児島のスピードレンジもだいぶ上がったような気がします。

DB7さん、
雪を吹き飛ばすとは思いつきませんでした。私は実際にヘッドランプウォッシャーが働いてるところを見たことが無いんですが、そういう機構が付いているとは、なかなか考えられているモノなんですね。

投稿: パンダ | 2007年6月20日 (水) 23時17分

ヘッドランプウォッシャーってそういう理由で義務化されていたんですね。知りませんでした。日本のメーカーは何事も義務化されない限り採用しないでしょうし、日本の行政はクルマをちゃんと理解した上での法規制が出来ないのでそういう装備を義務化する気はないでしょうからウォッシャーを装備したクルマが当たり前のように走るのはずっと先のことでしょうね。

投稿: C4 | 2007年6月21日 (木) 01時24分

どうなんでしょうか?
環境対応と安全対応以外は、何事も一律で法規制というのは、あんまり良い方法ではないと思います。欲しければオプションがあればいいかな・・・と。
実は、最近スポーツカーが売れない理由の一つに、実質リトラクタブルライトの禁止というのがあると思います。
折角のスポーツカーなのだから、その象徴であったリトラクタブルライトが欲しい。特別感があってほしい。というのは人情だと思います。
あれなどライトを上げていれば、鼻先の位置が手に取るようにわかり、実は結構運転もしやすいのですが・・
ヘッドライトウォッシャも全ての車種でライトの種類に関わらず義務化されると、ポルシェやフェラーリは困るんじゃないかなぁと思います。
また、S13のような超薄型ライトも選択できなくなりますよね。

投稿: フクちゃん | 2007年6月21日 (木) 22時56分

C4さん、
確かに日本の行政にはそういう部分もありますね。ただ、ヘッドランプウォッシャーに関しては、皆さんの意見を聞くうちに、かなり特殊な用途でしか必要とされないことが分かってきたので、無くてもいいかなーとも思っています。

フクちゃんさん、
リトラクタブルが無くなったのも法律が原因だったんですね。確かに、あまり法律で縛りすぎて、例えば昔のアメリカ車のように、決まった規格のヘッドライトしか認められないとかなるのは御免です。

投稿: パンダ | 2007年6月23日 (土) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の代車は・・・? | トップページ | デリカC2、変わる印象 »