« シボレー謎の3兄弟 | トップページ | ダッヂが日本にやってくる! »

2007年4月10日 (火)

M3発表!

08e24a3df51ac8b6c0b404515ef8bed8 M3がついに発表されましたね。
コンセプトとほとんど変わらない外観はやはり、カッコいいの一言に尽きます。ランプやドア類以外のボディパネルは全部通常のクーペとは違う専用設計だそうで。違いを探すより、同じ所を探す方が早いというわけですか。
000063501 それにしてもM3とえば私のイメージは、あの先代。コンパクトな3シリーズクーペにごついエアロつけてぶっといタイヤ履かせて幅も広げて、というワイルドでズングリムックリなスーパーカーを連想しますが、それから考えるとこの新型は随分スレンダーになったものだ。でもインパクトでは先代の方が勝っているように思う。「ああ、コイツはただものじゃないぜ」感が先代に比べると弱いような。それは元のクーペが最初からただものじゃないってのもあるのかもしれませんが。
3cdfe7dc5ad9362475af53548faea380 このM3、もちろんカッコいいだけではありません。むしろこのクルマのメインは速さであって、その辺も抜かりなし。
4LのV8でなんと驚きの420馬力。M5のV10が500馬力なので、M5まであと一歩というところまできました。いや、ひょっとしてM5より速いんじゃねえか。いずれにせよ、M5は更なるパワーアップが近いうちにあるかもしれませんね。
5f8c110fd7199ab28eb9dad0daf0254d この黒い天井はグラスルーフなどではなく、カーボン製なんだとさ。これって先代では特別スパルタンなCSLっていう仕様にしか無かったものです。それが今度は普通のM3から付いてる。軽量化にもかなりカネがかかってますなー。
こうなってくると、そのうち出ると言われるM3サルーンも断然楽しみです!

にほんブログ村 車ブログへ

|

« シボレー謎の3兄弟 | トップページ | ダッヂが日本にやってくる! »

コメント

カーボンルーフという言葉の響きが、車オタクの琴線にきますね。
屋根が軽いって事は、極限性能はもとより、通常走行での安定性にも効きますから、「全てにおいて先代を凌ぐ」という目的に於いては、必然の選択なんでしょうね。
軽い事は十難隠す・・とでも言うんでしょうか。

投稿: わに太郎 | 2007年4月11日 (水) 13時02分

セダンのほうがカッコイイと言ったのはバカでした…。
クーペカッコよすぎます!!
早速、オフィシャルのフォト自作して携帯の待ちうけにしちゃいました。
これはパンダさんと同じで俄然セダンが楽しみですよ。

投稿: ゼミル | 2007年4月11日 (水) 18時03分

わに太郎さん、
「全てにおいて先代を凌ぐ」ですか・・・
それってよく考えたら当たり前のことじゃないか。実際は難しいですが。
しかしBMWより早くカーボンルーフに目をつけた三菱、ちょっと凄いですよね。


ゼミルさん、
カッコ良さは文句無しですね。
しかし以前のようなGTRみたいな仕様はあるんですかね。それも気になる・・・

投稿: パンダ | 2007年4月11日 (水) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シボレー謎の3兄弟 | トップページ | ダッヂが日本にやってくる! »