« 基礎からやり直し! | トップページ | V36クーペ発表! »

2007年3月21日 (水)

軽快感はどこへ行った

000062262 昨日206のカタログが届きました。なーんも考えずにそろそろかな?って感じで請求したら、変わりましたね、207に。滑り込みだったのか・・・

しっかし207、売れるんかなー?
スタイリングは206からの正常進化に見えるけど、実は一番大事なモノが欠けてるんじゃ・・・
軽快感というか、あの引き締まった感じが無い。なんかだらしがない感じ。特にリアなんかは、キュッと引き締まった206に対し、ダラーッと垂れた207。似てるようでも、もう見え方が全然違う。今まで206に好感を持ってた人たちの間でも「コレはちょっと違うような・・・」というような見方があるみたいだし。000062265_1
日本で206が大ヒットした最大の理由はスタイリング。だから今まであまりクルマを知らなかった人たちにも、カッコいいという理由で売れました。
そんなスタイリングが最大の武器な206の後継、207。果たして先代よりカッコ悪い(俺はそう思う)、そして1.4が無いとはいえ安くはない(239万円から)このクルマは、果たして以前のように受け入れられるのでしょうか。
最終型206のカタログを眺めながら、そんなことを考えてみました。000062271

|

« 基礎からやり直し! | トップページ | V36クーペ発表! »

コメント

欧州では良いかもしれないけど、やっぱりサイズが大きいと思います。
大きいのは307に任せればいいのでは…
個人的には306がベストなような気がしますが、時代の流れですかね。
皆さんのように欧州車よく知らないので良いコメントができませんが…

投稿: セレRX | 2007年3月22日 (木) 12時21分

セレRXさん、
さすがに2シリーズで3ナンバーは大きいですよね。
ウチの車庫入らないし・・・

それにしても306とはなかなかシブいです。私も106・306・406の時代が好きですね。

投稿: パンダ | 2007年3月22日 (木) 19時27分

仰る通り、日本におけるプジョーはファッション性が何よりのウリでメカ的な面では特に驚くことも無いという印象を持っていたのですが、今度の207のGTはツインスクロールターボ+直噴エンジンでこういう方向で魅力を出していってくれるのはそれはそれで良いかななんて思います。エクステリアのダラリ感の意味は分かります。何とも言えない爪の甘さというか、もっとシャッキリしてほしい!って感じです。僕は、似たような印象を407にも感じます。

投稿: C4 | 2007年3月23日 (金) 01時25分

C4さん、
そんな変わった機構を搭載してるんですね。
しかし「アラ、オシャレね♪」という風に206を買った人たちにはツインスクロールとか言っても見向きもしないだろうなぁ・・・
でもGTはBMWと共同開発のエンジンだというし、ホットハッチとしてのポテンシャルはかなり高そうですね。

投稿: パンダ | 2007年3月23日 (金) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134146/5761350

この記事へのトラックバック一覧です: 軽快感はどこへ行った:

« 基礎からやり直し! | トップページ | V36クーペ発表! »