« みんな、気をつけな、二セレナ! | トップページ | またまたキャデラック »

2007年1月24日 (水)

スズキでセレナを売るワケ(パンダ的考察)

Pg_f3 スズキからランディが出て、「なんでスズキでセレナを売らなければならないのか」といった疑問や意見をあちことで目にするようになりました。そこで、私パンダが勝手に理由を考えてみます。

まずこれには、誰もが複数の車種をじっくり調べた上であれこれ比較し、数週間検討した上で決定に至る、というクルマ選びをしているワケではないということをしっかり頭に入れる必要がありそうです。でなければ、セレナより装備が貧弱で価格が高いランディの存在は成り立ちません。

ところで、スズキの販売網って結構すごいモノがあるんですよね。ちょっと田舎の方に出れば、「ワゴンR」とか「キャリイ」とか「エスクード」とか書いたスズキの看板を掲げた修理工場やナントカモータースがあちこちにあります。いわゆる“特約店”というヤツです。取り寄せればスズキのクルマが普通に買えてしまうこのお店は、本当に星の数ほどあります。数だけなら、トヨタの店舗数の比じゃない。で、こういうお店では結構家族ぐるみの付き合いがあったりして、きっとランディが生きてくるのはここなんです。そう、例えば・・・

あるところにAさんという人が住んでいました。Aさんの愛車は、仕事用に使うのキャリイトラックと、普段用のカルタス・クレセントワゴンです。どちらも知り合いのSさんの経営するスズキ系列の修理工場で世話をしてもらっていました。
ところがある日、普段用のカルタスを買い換えることになりました。
もちろん今回も親しいSさんのところから買おうと思っていたのですが、2人の子供も小学生ぐらいになったし、最近の流行ということもあり、次は室内の広いミニバンにしたい。しかし、スズキにはミニバンが無い。これは困ったぞ、というわけです。
Aさんは考えました。
こうなったらミニバンはあきらめて、スズキでそれに一番近いと思われるエスクードあたりでも買おうか。しかし自分は4駆は必要ないし、それではもともと欲しいモノとだいぶ違ってくる。3ナンバーというのもネックだ。
となると、ここはもうスズキを諦めて、国道を30分ぐらい行ったところにあるネッツで、ヴォクシーでも買おうか。しかしやはり大事なクルマの世話は信頼できる人物にやって貰いたいし、その方が安く付きそうだ。ことあるたびにいちいちあそこのディーラーまで行くのは面倒だし。
さて、どうしたものか・・・

Pg_f4 と、ここでランディ君の登場なワケです。
AさんはランディをSさん経由で購入し、幸せに暮らしましたとさ。
めでたし、めでたし。

というお話。
スズキは、こういうお客さんのためにこのクルマを出したのではないでしょうか。もしくは売る側の人々のために。
結構そこに無いモノを求めてくるお客というのは、結構多いらしいです。日産でも軽トラを扱い始めて、随分お客さんに喜ばれたといいます。それだけ欲しがってた人がいたってこと。

スズキにはもともと、エブリィ・ランディというクルマがありましたが、アレよりも2Lクラスにした方が客は多いだろう、と考えたのでしょう。OEMならそのためにわざわざ自社開発するよりずっとリスクは少ないだろうし、日産は日産で、セレナの工場が稼働します。
そういう理由で、セレナがスズキで売られているのではないか、と私は思いました。

にほんブログ村 車ブログへ

|

« みんな、気をつけな、二セレナ! | トップページ | またまたキャデラック »

コメント

いやはやよく分かりました。
売れなさそうですが、特約店のおかげで実は売れているんですね。
しかし、昔母の軽自動車(アルト)を特約店で購入したところ、
欠陥だらけで嫌な思い出があります。
まあ、今ほど軽の品質が良くないので
そのせいなのかも知れませんが…。

投稿: ゼミル | 2007年1月25日 (木) 17時47分

ゼミルさん、
ワゴンRの販売台数1位も、ナントカモータース等の特約店が影で支えていると思います。

そのアルトはきっとハズレだったのでしょうね。我が家は引き当てたことはありませんが、全体的に信頼性の高い車でも、ハズレってのはあるみたいです。
我が家でもアルトに一時期乗っていた頃がありましたが、ボロボロだったので古くて壊れることはありましたが、欠陥とかは無かったような気がします。全然気にしなかっただけかもしれませんが・・・
http://pandacar.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_1b8e.html

投稿: パンダ | 2007年1月25日 (木) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134146/5062888

この記事へのトラックバック一覧です: スズキでセレナを売るワケ(パンダ的考察):

« みんな、気をつけな、二セレナ! | トップページ | またまたキャデラック »