« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

デリカD:5発売!

000058875 今日はあの三菱の4WDミニバン、デリカが13年ぶりにフルモデルチェンジして、デリカD:5となりました。

これは私が今年に入って最も楽しみにしていたクルマです。
ベースとなったのはアウトランダーで、エンジンは2.4L直4。全車CVTが組み合わされます。もちろん4WDです。
000058878 このクルマの特徴は何と言ってもこの角張ったスタイリングです。歴代デリカの伝統を取り入れたというこのスタイリングはなるほど、確かにデリカ以外の何にも見えませんな。重ね重ね言うけど、補助ミラーの付け方がイイです。
000058881 インテリアも角張ったデザインです。ちょっとメタル調がうるさい気もしますが、全体として見れば、あえてごつさを残した好感の持てるデザイン。
角張ってるから広くて、見晴らしも良さそうです。

000058884 これはフツーのミニバンとして見てもなかなか競争力高そうですね。同じようなモノばかりが溢れているミニバンの世界で、ひときわ目立った個性として活躍してくれそうです。三菱気合い入ってるなー。

ところであのカタログ、私も予約したのですが、いつ届くのでしょう。あまり発売から時間経ってからだと、予約の意味無いですよね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年1月30日 (火)

次期フィットは・・・

Fit1 これは次期フィット(欧州名ジャズ)のテストカーです。
ガワは現行型ですが、中身はきっと次期型のプロトタイプなんでしょう。へぇ、今度のフィットはデザインほとんど変わらないんだ・・・ってことじゃないです多分。
よーく見ると、フェンダーが無理矢理拡大されてますね。これはきっと幅が拡大される証拠ですね。見た感じ非常に微妙ですが、果たして3ナンバーになるのか5ナンバーに収まるのか・・・Fit2

最近のホンダは、個人的にちょっと心配であります。シビックの欧州仕様は今まで見たこと無いようなカッコいいカタチなのに、日本向けにはわざわざダサいのをつくって売ったりとか、気合い入れてつくったレジェンドの影を早くも抹殺し始めたりとか、エリシオンをあんな大変なことにしちゃったりとかね。
この次期フィットは、そういうマイナスポイントを一気に挽回するチャンスだと思っています。逆にコレがコケたらちょっと日本市場はヤバそうですが。
そんなわけで、期待してます!

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年1月29日 (月)

今月のオートカー

R0012644_1 さっきも言ったように今日は学校帰りにオートカー買ってきました。もうホント、毎月の楽しみ。
今月は「2007年に乗りたいクルマ」という特集で、いろいろ今年出るニューカーを予想も混ぜて取り上げていました。
「車会」は、シトロエンC6とランチアテージスの対決。何とも濃い~2台でありますが、いろんな意味で“濃さ”ではテージスの方が高かったみたい。テージスの前ではC6も全然メジャーなクルマです。しっかしどちらもため息が出るほど魅力的なクルマです。
あと、「もし年末ジャンボに当たっていたら・・・」っていうのも面白かった。超高級サルーンの比較テストで、メルセデスSクラス、レクサスLS、ベントレー・アルナージT、ロールスのファンタム、そして少し違ったところでレンジローバー、といった面子だったのですが、いくらなんでもみんな1000万超えは当たり前なのに、この中に800万のレクサスは可哀想だった。結局散々コケにされて、最下位という結果でした。しかもサルーンの比較テストなのに優勝はレンジローバーが持ってっちゃったよ。おいおい。

にほんブログ村 車ブログへ

| | トラックバック (17)

これは激辛ホットハッチの予感

Im48544panda100hp 昨日と同じクルマの話、というか詳しいことが少し分かったので追加。

今日学校帰りにオートカーを買ったら、「今年気になる3台」という特集で、森さんと木原さんがこのパンダ100HPを挙げてて、ちょっと紹介されてました。
Im48541panda100hp やはり名の通り、本当に100馬力みたいです。
1.4L直4NAを100馬力までチューン、100キロ加速が9.5秒、最高速度は185キロと、かなりパフォーマンスがアップしています。めちゃくちゃ速いじゃん。
こりゃあ街中や狭い峠なんかをもの凄い速さで駆け抜けて行きそうですね。
そういえばこないだ街でパンダを見かけたのですが、思ったよりかなり小さく見えました。なんかこう、軽自動車とほとんど変わらない大きさに見えます。実際は一回り大きいのですが、それでもヴィッツやマーチなんかと比べるとかなりコンパクトです。この上のオネイサンの画像を見れば、その小ささがだいたい分かって頂けるかと思います。

Pandaparidaka ところでパンダ、4x4ベースのマシンでパリダカにも出たんですね。無事完走だったらしいです。すごいや。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

アバルト復活か?

Pandaabauuto 本国イタリアで、フィアット・パンダにハイパワーバージョンが追加されましたようです。その名も“パンダ100hp”。詳しいことはあまり分からないのですが、名の通り100馬力なのでしょうか。100馬力といったらそんなにたいしたこと無いと思うかもしれませんが、ノーマルのパンダはせいぜい60馬力そこらですから、かなりのパワーアップです。あの超コンパクトなボディでいったいどんな走りをしてくれるのでしょう。
Pandaabauutoo2 スタイリングはご覧のように、オーバーフェンダーやエアロバンパーなどで、スポーティに手が加えられています。かなりカッコいいです。ちょっとグリルがアレに似てるけど、まあいっか(ひいきしてますけど、何か?)。背が高いのも愛嬌があっていい。まあ実際そんなに高くないんですよね。

フィアットは今後こういったスポーツモデルをいろいろな車種でやるようです。アバルトの名前が復活するといった噂も結構流れています。そういえば今度出る新型500でもこういうスポーツモデルがあるとか。そこでアバルト復活か?

どちらにしろ、今後フィアットの動きも楽しみですね。Pandaaabouuto3

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

いつの間に変わってる

000055460 こないだエルグランドのカタログを頼んだときに気付いたのですが、いつの間にか小変更を受けておりました。
ご覧のように、死角解消のキノコミラーが付いちゃってます。ついにエルグランドにまで・・・

あと、インテリアも木目パネルが大幅に増えていました。エリシオン・プレステージ対策?そんなことしなくても良かったのに・・・

R0012541 ところで、これは以前から温めていたアイデアなのですが、次期エルグランドを勝手に創造してみました。
現行型のデザインを残しつつ、かつコンセプトの“アメニオ”のカタチを取り入れ、顔はムラーノやプレサージュに通じるデザインでまとめてみました。ウィンドウの切り方は少しセレナを意識。
どんなもんでしょう。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

街のエイリアン

R0012572 bBのイメージカラーといえば、あのギラギラメタリックなグリーンなわけですが、ほとんどブラックやホワイトばかりで、あのグリーンは滅多に見かけることがありません。

こうやって実際に遭遇してみると、その理由が嫌という程分かります。
これはスゴイ色です。とてもクルマに塗るような色じゃないですよ。刺激が強すぎです。このbBのバイオチックなスタイリングも相まって、気持ちエイリアンVSプレデターぐらいの勢いです。「このクルマにはグロテスクな表現が含まれています」っていう表示ステッカーを貼った方がいいかも。お子様及び心臓の弱い方は・・・ってね。どんなに遠くからやって来ても一目で分かります。とにかくスゴイ色ですね。
まあでも、このスタイルにはこの色が一番似合ってるような気もします。もしも何かの間違いで私がbB買うとすれば、この色にするかも・・・ま、ないけどね。
しかしこのブッ飛び具合、嫌いじゃないのです。CMもリップとかホームメイド家族とかライトめのヤツじゃなくて、思い切ってBUDDHAとか使って欲しかったなあ・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月25日 (木)

F1よりこっち

なんか最近、F1の各ワークスチームが新車を発表したりして話題になってますね。・・・というのも私、モータースポーツの方はほとんど分からんのです。お恥ずかしいですが。

000058418_1 もちろんルノーも、ニューマシンを発表したわけですが、私はそれと同時に発表されたこのクルマの方がとても気になりました。
“ルノー・クリオF1チームR27”です。このクルマは、2度のワールド・チャンピオンに輝いたルノーF1チームの偉業を記念して、ワンメイク用のクリオ・カップをベースにしてつくられたモデル。
いやーコレ、メチャクチャカッコいいじゃないですか。クリオRSも同じスタイルなのですが、なんか刺激の足りない普通クリオに比べて、RSやカップは別物のようにカッコいいです。そこにこの派手なイエローカラーとガンメタホイールとくれば・・・
000058421 そういえば普通クリオは既にルーテシアとして日本で売っていますが、RSはまだかな・・・?

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

またまたキャデラック

Photo_145 先日のセヴィルに続いて、またまたキャデラックネタです。
これも家の近所にときどき現れるクルマ。いつも見るときはこの車庫にこうして停まっているので、フロントを見ることができません。
これはフリートウッドか、それともドゥーヴィルか、正直車種は分からないのですが、ナンバーの地名のところが一文字なので、結構旧いことがわかります。外車でこのナンバーは珍しい・・・

なんかタイヤなんかも背負ってるし、かなりレトロな感じでカッコいいです。わりと綺麗だし、大切にしてるんでしょうね。
このバカでっかいトランク、いったい何を入れる為なんだろ。
あと、リアウィンドウには可愛らしい犬のマスコットが鎮座してます。この怖そうなキャディと犬のミスマッチが絶妙で、最高です。
このオーナーの方は相当センスがありますね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月24日 (水)

スズキでセレナを売るワケ(パンダ的考察)

Pg_f3 スズキからランディが出て、「なんでスズキでセレナを売らなければならないのか」といった疑問や意見をあちことで目にするようになりました。そこで、私パンダが勝手に理由を考えてみます。

まずこれには、誰もが複数の車種をじっくり調べた上であれこれ比較し、数週間検討した上で決定に至る、というクルマ選びをしているワケではないということをしっかり頭に入れる必要がありそうです。でなければ、セレナより装備が貧弱で価格が高いランディの存在は成り立ちません。

ところで、スズキの販売網って結構すごいモノがあるんですよね。ちょっと田舎の方に出れば、「ワゴンR」とか「キャリイ」とか「エスクード」とか書いたスズキの看板を掲げた修理工場やナントカモータースがあちこちにあります。いわゆる“特約店”というヤツです。取り寄せればスズキのクルマが普通に買えてしまうこのお店は、本当に星の数ほどあります。数だけなら、トヨタの店舗数の比じゃない。で、こういうお店では結構家族ぐるみの付き合いがあったりして、きっとランディが生きてくるのはここなんです。そう、例えば・・・

あるところにAさんという人が住んでいました。Aさんの愛車は、仕事用に使うのキャリイトラックと、普段用のカルタス・クレセントワゴンです。どちらも知り合いのSさんの経営するスズキ系列の修理工場で世話をしてもらっていました。
ところがある日、普段用のカルタスを買い換えることになりました。
もちろん今回も親しいSさんのところから買おうと思っていたのですが、2人の子供も小学生ぐらいになったし、最近の流行ということもあり、次は室内の広いミニバンにしたい。しかし、スズキにはミニバンが無い。これは困ったぞ、というわけです。
Aさんは考えました。
こうなったらミニバンはあきらめて、スズキでそれに一番近いと思われるエスクードあたりでも買おうか。しかし自分は4駆は必要ないし、それではもともと欲しいモノとだいぶ違ってくる。3ナンバーというのもネックだ。
となると、ここはもうスズキを諦めて、国道を30分ぐらい行ったところにあるネッツで、ヴォクシーでも買おうか。しかしやはり大事なクルマの世話は信頼できる人物にやって貰いたいし、その方が安く付きそうだ。ことあるたびにいちいちあそこのディーラーまで行くのは面倒だし。
さて、どうしたものか・・・

Pg_f4 と、ここでランディ君の登場なワケです。
AさんはランディをSさん経由で購入し、幸せに暮らしましたとさ。
めでたし、めでたし。

というお話。
スズキは、こういうお客さんのためにこのクルマを出したのではないでしょうか。もしくは売る側の人々のために。
結構そこに無いモノを求めてくるお客というのは、結構多いらしいです。日産でも軽トラを扱い始めて、随分お客さんに喜ばれたといいます。それだけ欲しがってた人がいたってこと。

スズキにはもともと、エブリィ・ランディというクルマがありましたが、アレよりも2Lクラスにした方が客は多いだろう、と考えたのでしょう。OEMならそのためにわざわざ自社開発するよりずっとリスクは少ないだろうし、日産は日産で、セレナの工場が稼働します。
そういう理由で、セレナがスズキで売られているのではないか、と私は思いました。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

みんな、気をつけな、二セレナ!

000058086 で、その代わりってワケではないですが、スズキからはセレナのOEMで“ランディ”が発売されました。
別にニセモノってわけじゃありません。紛れもないホンモノです。
セレナとの違いはグリルとエンブレムのみです。
私はこのフロントデザインに若干の違和感を感じるのですが、それはそうでしょう。だって1年と半年オリジナルのセレナのデザインを見てきているわけですから。
まあちょっとエスクードに似ているような気がしないわけでもない。
000058089 グレードはSとGのみ。ボディカラーのバリエーションも全く同じです(個人的にはこのへんをちょこっと変えてきて欲しかった)。
あとセレナと違うところは、全車オーディオレス仕様になることぐらいかな?

スズキはこれまでグランドエスクードやシボレーのトレイルブレイザー、アストロなど、結構クセのある大型車も扱ってきているのですが、こんな直球ストレートど真ん中のミニバンは初めてです。
これを活かして、近いうちに自社開発をするつもりなんだろうなあ、スズキのことだから・・・000058092 000058095

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

4台目の軽

000058025 日産がスズキアルトのOEM車、ピノを発売しました。
日産にとって4台目の軽自動車ラインアップです。他社に開発&生産を任しているOEMもここまでくればリッパ。
アルトとの違いはフロントマスク、ホイールキャップ、そしてシート柄です。
000058027 このピノ、前に日産に行ってとき販売マニュアルをこっそり見せて貰って、顔はだいぶ前から割れてたのですが、正直そのときは微妙でした。これならアルトのほうがいいかなと。しかし、その素のアルトもコレに合わせて顔を変えてきたので、なんか個人的にはどっちでもいい感じです。でも
私だったらアルトの真髄、アルトバンを買うよ。(バンはスズキがくれなかったという大人の事情)

000058033 価格は86万円からで、ちょっとベースのアルトより高くなりますが、その分装備も充実していて、運転席・助手席SRSエアバッグや4輪ABSなどの安全装備もしっかり付いています。このへんは日産の方針だそうで。

最初のモコを導入してからまだ5年、すっかり「日産の軽」っていうイメージは普通に定着してしまいましたね。全てOEMだというのに・・・
初めは「日産の軽なんて・・・」と思っていましたが、ビジネスとしては結構成功なのかな?
でもそろそろ日産さん、次は自社開発は無理でも、ガワはオリジナルとか、してみませんか?

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

セレナでお出かけ

R0012546 で、今日は久しぶりにセレナを引っ張り出してお出かけ、ドライブをしてきました。

行ってきたのは、去年の四月まで我が家が住んでいた街です。
こないだの探偵ナイ●スクープを見ていたら、そこが出てきたので、なんとなく、別に用事もないのに行って帰って来ました。なんか不思議な気分だった。R0012542

今日はデジカメを持っていったので、いつもより若干まともな写真になっております。
かなり旧いのですが、それでもやはり携帯カメラとは全然違いますね。
やっぱり自分のデジカメ欲しい。R0012567 R0012570

セレナ君は快調そのものです。
日産に新型キューブを見に行きたいなー、と思っているのですが、とくに何も用事が無いので困っています(笑)。

Photo_144 以前FMトランスミッターでipodを聴こうと試したのですが、イマイチだったので、どうしたものかと考えていたら、セレナには3色コードが付いてたことを思い出しました。コレに繋げて聴けばいいじゃん。音質はかなりクリアです。しかもコンセントもあるので、充電しながら聴けばバッテリーを気にする必要もありません。
セレナでしか使えないワザなのがちょっと残念。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いろんなクルマ触り放題!

R0012561 今日はココに行ってきました。
ココは何でも売ってるでっかいホームセンターみたいなところなんですが、本当になんでもあって、なんと車も売ってます。
なんか軽やコンパクトカーの新古車が結構たくさん置いてあって、ディーラーマンもいないので、気軽に見ることができます。
型落ち車も多いですが、メーカーや車種はバラバラでいろいろ揃っているので、かなり面白いです。

R0012550 つい先日新型が発売されたキューブですが、ここにはマイチェン前の型が!ちょっと本気で欲しい一台。いつも行ってる日産にはライダーしか展示車無かったし、じっくり見る機会あまり無かったんですよねー。
ちなみにこの137万ってのは全部コミコミです。

R0012553 セレナのライバルのステップワゴンもちょっと観察。
これも触るのは初めて。
確かにセレナに比べると室内は狭そうでしたが、ドアノブとか細部のデザインは斬新さがあったなあ。

R0012557 スバル・R1の内装。
いやホント、雨が降っていたのでチラッと見ただけです。
かなり華やかなデザインですね。
なんかスタイルも小さくて可愛かった。

R0012559 コペンもありました。
なんかたくさんの人が触ったみたいで、結構傷だらけ。
思ったよりもずっと低いですね。
中も、実際に座ったりはしませんでしたが、かなりタイトそうでした。
コミコミで169万は高いけど、でもいいなあー。

R0012560_1 ラパンSSです。これも大好き。

他にもスイフトやらekやらエッセやらハイゼットやらいろいろあるのですが、時間もあまり無かったのであまり見ることができませんでした。
今度またじっくり見に行きたい!

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年1月20日 (土)

スズキとダイハツ

Photo_143 スズキがダイハツに負けそうです。
これは軽の販売台数の話。

去年これでもかと新車を立て続けに発売したダイハツ。ソニカやムーヴやミラなどの軽自動車の枠を超えたクオリティの高さで、西日本では大ヒットとなっています。
それに対し、スズキが去年出した新車といえば、セルボとMRワゴンぐらい・・・
最も売れ筋の車種というわけではないし、質の高さなども、正直ダイハツ勢に見劣りしてしまいます。これまで何年も軽自動車トップの座を守ってきたスズキですが、ここに来てとうとうダイハツがその座を奪いそうな見方が世の中で広がっているようです。

しかし、私はちょっと疑問に感じる部分もあります。確かにダイハツとスズキのクオリティには、圧倒的な差があります。でも、果たして今のスズキは“本気”を出しているのでしょうか。なんか今のを見ていると、ダイハツがひとりで本気になっているだけのような気がする。セルボの発表会でもなんか「角形のばかりだから、ここらで丸いのもつくってみるかということで・・・」なんていうすごいゆるーいことを言っていました。
そうそう、それより大事なのが「軽自動車市場はもう飽和状態だ」と、軽に見切りをつけているようなことを言ってました。そういえば、最近のスズキはスイフト、エスクード、SX4と普通車にかなり力を入れているような気がします。ワゴンRとムーヴでは圧倒的な差があるわけですが、パッソ/ブーンとスイフトでも、これまたお話にならないぐらい圧倒的な差があるような気がします。
なんにせよ、軽の大御所、スズキが動き始めていることだけは確かです。

ここからは私の勝手な予想ですが、スズキが動いているということは、近いうちに何かあるんじゃないでしょうか。
例えば、軽規格撤廃とか、大幅な変更とかね。
そうなってくると、断然普通車のコンパクトカーをキチンとつくれるところが有利です。今のダイハツのつくりの良さは軽規格でこそ生きてきますが、コンパクトカーと比べた場合、別にそれはすごいことでは無くなるし、その“背伸び感”が、かえって貧乏くさいものに感じられてしまうかもしれません。そうなったら最後、ダイハツは本当にトヨタの下請け工場になってしまいます。あの会社で今のところそうならない要素のクルマは、コペンとエッセだけのような気がします。

まあこういう戯言はともかく、いったいどうなってしまうんだろう軽自動車業界。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年1月19日 (金)

Cクラスがフルチェン。

000057924 メルセデスの基幹車種で、おそらく日本で最も売れている輸入車の一台、Cクラスがフルモデルチェンジしました。

ご覧の通り、スタイリングは先代よりだいぶスポーティになっています。ボディサイズは拡大されましたが、全幅以外は依然としてコンパクトです。そしてなにやらハイテクも満載のよう。

000057930 エンジンはガソリンが、スーパーチャージャー付き1.8L直4、V6の2.5L、3L、3.5L。個人的には現地の仕様でもNAの1.8Lとか非力なエンジンが無くなってしまったのが残念です。俺はときおりどうでもいい旅番組なんかのヨーロッパの町並みに登場する、コロコロ走ってる薄汚れた低グレードのCとかに萌えてたんだけど・・・
やはりプレミアム化が進んでるのかなー。

000057927

後ろ姿です。なんかマフラーあたりが3シリーズのMスポに似てるような・・・
個人的にはCクラスをここまでスポーティにする必要は無いような気もします。これは“アバンギャルド”っていうエアロ風の仕様なのですが、大半売れるのはコレだし、AMGとどう違うんだっていうぐらい下品極まりないデザインです。AMGならその下品さも魅力のうちだから許せるけど、ノーマルの仕様でコレはないでしょう。ただでさえメルセデスのイメージはあまりよろしくない(それでも人気なんだけど)というのに、ここで下品な部分をさらに押し出しちゃってどうするのよ。もちろん、普通な非アバンギャルド仕様も用意されているようですが(“エレガンス”とかいうのかな?)、そっちはどんな風になっているのでしょう。画像がないので分かりませんが、気になります。

いやーでも、きっと内容はいいクルマなんだろうな・・・
いつか、せめてこういうクルマに乗れる身分になりたいものです。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年1月18日 (木)

ワイドボディ!

01_l4564567 こちらは先日のオートサロンの中でも個人的に最も興味深い一台。
三菱が展示していたアイです。

パッと見、ローザのエアロを付けたカスタムカーなのですが、よく見ると、フェンダーが拡大されてます。ワイドボディです。

03_l5454545 「アイはもっと幅が広かったら最高にカッコいいのに・・・」なんて思っている人は結構多いと思います。私は軽自動車だからいいんじゃないか、と思っていたのですが、確かにこうしてワイドにしてみるとかなりカッコいいですね。やっぱいいなーワイドボディ。04_l454545
そういえば、今年のデトロイトショーにアイの1Lワイドバージョンが出展される、という噂があったみたいです。結局デマだったみたいですが。
しかしもし今後こういうモデルが出る予定があるとすれば、それはかなり楽しみ。ぜひ、もっとスポーティなモデルも追加して欲しいです。

05_lttr555454 ちなみにこのクルマ、かなりレーシーなカスタムが施されております。シート全部取っ払ってますし、なんかMTっぽいシフトレバーも見えます。

これは期待できるかも!?

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月17日 (水)

エアロ・コンセプト

もう終わってしまったオートサロンですが、ネット情報見てて、いろいろ興味深いクルマがあったので、少しずつ紹介していきたいと思います。

01_ldrrdrdrr

まずこれ、“スカイライン・エアロ・コンセプト”です。
既にいろいろなパーツメーカーから新型V36が出展されてたようで、やはりこういう分野でも依然として日産は強いなあと思ってしまいます。
しかしこれはそうしたパーツメーカーではなく、オーテックやニスモでもない、本家日産が発表したコンセプトカーです。ここが結構興味深いところですね。

それはそうとこのエアロ・コンセプト、もともとエアロなんて必要ないV36ですから、ちょっと派手派手で重たい感じもしますが、そのわりに結構違和感なくまとまっているような気もします。完成度は予想していたよりかなり高そうです。
20インチホイールが気になります。このデザインを見ると、専用品っぽいですね。02_lt87689
リアはちょっと厚ぼったいような気がします。リアスポは要らないような気がするし、この某X似のマフラーのデザインも止めて欲しいです。

さて、いったいこのエアロ・コンセプトはいったい何を意味するんでしょうか。ひょっとしてさらにスポーティなモデルが存在するのか!?
個人的には、そうであって欲しいですね。何か動きがあって欲しいです。だってこんなの見せられたら、格好良かろうが悪かろうが、「何もありませんでした」ってオチじゃ気が済まないですよ。

01_l34435 ちなみに、インテリアに手を加えた、“インテリア・コンセプト”ってのも出展されました。こちらは特別仕様とかで出てきても何もおかしくないですね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月16日 (火)

そんなこんなで発売一周年

Img4_20070116_16591225_1_l 我らが三菱アイに、特別仕様車が出ました。
その名も“1st Anniversary Edition(ファースト アニバーサリー エディション)。
そう、あの軽自動車界を変えた衝撃的なデビューからもう一年です。ホント、あっという間ですね。去年は軽自動車のニューモデルが続々発売されたわけですが、そんな中でも全く色褪せることはありませんでした。さすが・・・

Img4_20070116_16591225_2_l この特別仕様は、NAのLグレードとターボのMグレードがベースで、ブラック色のドット柄シート生地が与えられます。普通のブラックインテリアとはちょっとひと味違った上品な感じになってます。
えー、その他ドアミラーと左右フロントドアを撥水コーティング、クリアサイドターンシグナル等々が異なっております。

価格はNAが119万円、ターボが144万円となっております。
まだ買ってない人はオススメですよ!

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年1月15日 (月)

ゆるーいサルーン

Photo_142 こちらはキャデラック・セヴィルです。
ここはいつもの駐車場なんですが、ウチの隣は床屋の駐車場になってて、結構デカいセダンとかが停まってるんですよね。よくもまあこんな狭いところにこんな大きなクルマを綺麗に入れるなあ、と感心してしまいます。

クラシカルさと今っぽさ(それも当時の)が同居するなんか不思議なデザイン。でも渋くてカッコいいです。
うーん、まさにアメ車って感じの面構え。とくにスモールがオレンジなところとか、イイですね~。
キャデラックのこの顔、私は好きだったので、なんで止めちゃったんだろうと思ってます。

000029582 と思ったら、顔は変わってもなんか佇まいなんかはしっかり受け継いでる現行最上級モデルのDTS。ま、旧世代のドゥビルの顔を変えただけなんだから当たり前か。
でもなんだかいいですね、コレも。見てると後からじわじわやってきます。000029585
ヨーロッパや日本の、やたらスポーティさを強調するサルーンばかり見てきてるせいかな?このゆるーい感じが好きです。ホッと一息付けそうな感じ。日本でも普通に売ってるんだからちょっと驚き。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2007年1月14日 (日)

ものすげぇ増え方

000047847_1 最近、あちこちで新型ムーヴのカスタムをよく見かけます。
いやホント、ものすげぇ増え方です。異常ですよ。
既に近所に何台か生息していますし、いつの間にかお隣さんも乗ってるみたいです。
大きめの駐車場なら大概一台は見かけます。
いやだって、これまだ発売して半年も経ってないんですよ。これがもう1年とか2年とかだったら分かりますが。
今、K児島で一番売れてるクルマは間違いなくコレなんじゃないか、と思います。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こんなのいました

Photo_141 今日はちょっとおもしろいモノを見つけました。
これです。
R34のセダンなんですが、リヤがなんか違うことになってます。なんか貼ってるみたいです。R33っぽく見せるための工夫なのかな?
それとも純正オプションであったの?
なんか昔のミニ・スカイラインとか言ってた、ラングレー(だっけな?)に似てる気もする。
世の中にはいろいろな人がいるものです。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

マイクラC+C発売へ!!

6367643743 これは久しぶりにきた!と思いました。
日産はついにこのマイクラC+Cを今年半ばに国内で発売することを決めたようです。
本当に要望が多ければ、当初は予定に無くても導入することがある、といういい証拠になりました。ありがとう、僕らの日産!
なんか、自分の願いが通じたような気がして(実際のところどうなのかは知らん)、スゴク嬉しいです。6387872
ちなみにこのクルマは先日開幕した東京オートサロンに出展されています。こうして見ると、マーチのデザインってとても発売後数年経っているとは思えない程斬新ですね。まだまだイケるな。
価格はやっぱり200万ぐらいになるのかな?ちょっと割高になるでしょうが、こういうのは売ることに意味があると思います。

H102797590101010101b0001008l ところで、先代K11にもカブリオレがあったよな、ってことでコレが気になります。こういう幌被ったスタイルの方が正直好きなんですよね。これぞオープンカーって感じで。実は意外と電動だったりもします。
最初のクルマはオープンカーってのもアリかな、と思いました。
・・・やっぱ危険過ぎるかな・・・・雨漏りとかするんだろうか。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

フォルザ!

Photo_140 これはさっき補習から帰って来るときに撮りました。
ラシーンの最終型、“フォルザ”です。
結構珍しいよね、コレ。
シティ派ライトクロカン&癒し系のハシリ的な存在のラシーンだったわけですが、何故かイマイチ流行らなかった。
理由はテラノ譲りのムダに本格的な4駆の機構を搭載していたからでしょう。これによって外観から想像するより室内はずっと狭く、荷物も全然積めなかった。オマケにヘビーな車重に1500しかないものだから、アンダーパワーで走らない。カッコはいいけど道具としては落第。そういうクルマだったようです。その後1800、最終的には2000へとエンジンはどんどん拡大されていくのですが、パワー不足を補ったと思ったら今度は価格が高くなっちゃって、結局誰も買わなくなってしまいました。
このフォルザは、その2000ccの最終型なのですが、もともと癒し系だったスタイルに、いったい何を思ったかオーバーフェンダーを付けたり顔やリアをスポーティ(?)に造りかえたりして、そのころ混迷をきわめた日産を表すようにスタイリングが大変なことになっています。

でもラシーン、アイデアは悪くないんですよね。今キューブベースにやったらきっといいのに。それにしてもキューブ、これほど楽しい派生車種がどんどん思いつくクルマはありません。モデルチェンジなんてまだまだもっての他。キューブビジネスはまだまだ行けますよ!

そういえば最近モーターショーネタばっかりで、こういうゆるーい記事が無かったなぁ・・・
こういうのも結構大切ですよね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

ピカソ5人乗り登場。

000056870 シトロエンの独創的なミニバン、C4ピカソに、スタイリングの異なる2列シート5人乗り仕様が発表されました。
すでに3列シートのグランドC4ピカソはヨーロッパで発売されているのですが、それとはリアの造形が全く異なります。000056876
つるんと落ちるタマゴ型のリアスタイルは、先代のクサラピカソ譲りです。これだけ大胆なカタチなのに、実用性をそこなわないのはさすがシトロエンです。奴らは魔法使いか何かなのか・・・!?
クサラピカソには3列モデルは無かったので、むしろこっちがコンセプトを引き継いでるわけですね。(ちなみに、先代クサラピカソも継続生産される模様)000040148
C4ピカソの日本導入はまだハッキリ決まっていないようですが、3列モデルが濃厚とのことです。でも個人的にはこの2列モデルも入れて欲しいなー。どちらも魅力的で捨てがたいです。
これなら、オシャレで快適な便利グルマとして、何にでも使えそう。このスタイリングだと、どうしてもパッと見の印象ばかりが気になりがちですが、実はバンバン使ってこそ真価を発揮するんですよ、シトロエンは。000056873

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

次期ランエボ登場!

000057038 さてさて、まだまだ続くデトロイトモーターショー速報(?)ですが、三菱からはついに、次期ランエボのプロトタイプが登場です。
以前、東京で発表されたコンセプトXよりもだいぶ市販型に近いカタチです。というより、シルエットはほぼコレで決まりかと思います。
結構幅広なのですが、なかなか引き締まって見えるスタイルです。ランエボ特有の無骨さも少し残っています。000057041
後ろがちょっと平べったいのが気になるかな?もう少し立体的な造形になるかと思っていたのですが。
まあでも、なかなかカッコいい後ろ姿だと思います。大きなリアウィングが無くても十分迫力満点ですね。特に下まわり。好みの分かれそうなデザインですが、私は好きです。000057044
インテリアです。アウトランダーに似たカタチ。これまでの商用車然とした雰囲気から、やっと脱出した感じです。過剰な装飾や派手な演出も、エボなら許せるかな・・・・と。
でも発売時は大人っぽい仕様も出して欲しいな。GT-RのMスペックみたいな。000057047
エンジンはついに4G63型から、新開発の4B11型に変わります。直列4気筒2LDOHC・MIVECターボエンジンです。
スペックはまだ公表されてませんが、4G63型を上回るのは確実とか。
これにパドルシフトの2ペダルMTと、一般的な3ペダルMTの2種類が用意されるらしい。
その他、ボディの一部には軽量化のためアルミが使われる等々・・・・

いやー、誰がなんと言おうがコレはカッコいいです。
私はランエボファンになってから日が浅いのですが、それでもコレは発売が楽しみ。
一年なんて、待てないよー!!

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年1月10日 (水)

呼び方変えませんか?

000056908 レクサスのLF-Aに対抗して、ホンダの高級ブランドアキュラは、“アドバンスド・スポーツカー・コンセプト”を出してきました。
このクルマ、雑誌などではしきりに「次期NSX」と騒がれているモデルです。
まあレクサスのとカッコが似てしまうのはしょうがないかな、と思ってしまいます。色もシルバーだし、レイアウト等も似ていて、ロングノーズと来れば、まあだいたいがこんなカタチになるんじゃないかな?と。000056911
しかし私は、このクルマを「次期NSX」と呼ぶのにかなり疑問を感じます。
だって、「これのどこがNSX?」って感じじゃないですか?
別にこのクルマ自体を否定するわけではないですが、レイアウトだってMRからFRのしかも4WDに変わって、コンセプトもなんか高級スポーツカー的なものに変わっています。あのNSXとの共通点は全く無いように見えます。全く別物です。これをNSXの後継というにはチョットね・・・

市販型がどういう名前で出てくるかは分かりませんが、「次期NSX」っていう呼び方は変えた方がいいんじゃないですか?

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年1月 9日 (火)

洗練された

000056938 ついに開幕したデトロイトショーで、レクサスのスーパーカー・コンセプト、“LF-A”が公開されました。

前回公開されたものの進化型ですが、かなり洗練されてますね。前回のヤツは「これ、マジで出すんですかぁ!?」ってぐらいヒドく思ってたのですが、これは結構好印象でした。相変わらずフロントは、「なんでフツーのヘッドライトできないの?」と思ってしまいますが、まあ前のより確実にいい意味でレクサスに見えます。000056941
後ろです。以前よりだいぶ立体的になった感じですね。これはフロントよりもいいです。GSやLSにもなんか通じるモノありますね。ちょっと上品な感じもするかも・・・

私は断然GT-R派だったので、まさかこんなときにこんなクルマにコツンとやられるとは思っていませんでした。ああ日産、こんなときにSUVばっかり。何やってんの!
まあそれでも私はGT-R派なわけですが、このLF-Aもなかなか良さそう。お楽しみがひとつ増えました。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年1月 8日 (月)

明日から・・・

1168255004053 ついに明日から学校です。

ホント、アッという間ですね、冬休み。

ああつらい。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

どうしたらアレがコレになるのか

000054628 さてさて、デトロイトショーネタまだまだ続きます。
日産からは“ローグ”っていうクロスオーバーSUVが出品されます。正直日産はこの場でこういうクロスオーバーSUVのコンセプトを何台も発表してきたので、「またかよ~」って感じだったのですが、イラストを見た感じではシャープな感じでカッコ良さそうだったので、「ま、いいか」ぐらいに思ってました。
で、先日実車の写真が公開されたのですが・・・

01_l ・・・・え?・・・・えっ?・・・・・ええぇっ?・・・・な、何コレ・・・・・

何か、イラストと全然違う・・・・
なんか、全然カッコ良くない・・・・02_l
今まで散々似たようなコンセプト出しといて、結果このザマかと。
これならムラーノやデュアリスやFX45やエクストレイルの方が全然カッコいいじゃないですか!
まあ総合的に見て別に不細工なデザインってわけじゃないけど、なぜこんないろいろラインナップが揃ってるなかで、また新しいのを出してきたのか。しかもスタイリングはこんなに中途半端で、よく見ると他の日産車のディティールの使いまわしがかなり見られる。
よくイラストと実車ではだいぶ印象が違うってのはありますが、それでもあのシャープなイラストがどうやったらこんな芋みたいなのになるのかを考えると夜も眠れない。

トヨタは次期スープラのコンセプト、ホンダはアコードクーペ、三菱はランサーとエボのプロト。それぞれ他のメーカーはいろいろ重要で期待度の高いモデルを持ってきてるというのに、この日産のヤル気の無さっていうか、ホントに残念です。これじゃ本当に今年GT-Rが発表されるかどうかも怪しいゾ。

ちなみにこれはいろんなコンセプトカーを集めたサイトです。ここを見れば、日産がアメリカのショーで発表したコンセプトカーで実にSUVが多かったかが分かると思います。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

やっぱりマッスルカー

もう現地では今頃デトロイトショーやってるのかな?

日本や欧州勢もなかなか面白そうですが、地元ビッグスリーも負けていません。普段は日本や欧州勢に押されてますが、一年に一度、このときだけはアッと言わせるもの凄い派手なコンセプトカーを連発して、大騒ぎです。依然としてこのショーはビッグスリーの連中のためにあるようなものですね。

000056778で、今度はフォードが面白そうなのを一台。
大ヒットしたクライスラーの300Cキラーと言われている、“インターセプター”です。このネーミングがまずそれっぽくてイイ。アメリカンポリスカーとかを連想させます。
見ての通りかつてのマッスルカーやフルサイズセダンを連想させるスタイリング。やっぱりアメ車はこうでないと。000056781
ベースとなっているのはマスタング。だから駆動方式はもちろんFRです。リアサスが安い構造なのもマスタング譲り。
エンジンはレースカー用のV8で5Lを、エタノールを含む代替燃料が使えるように改造したもので、それでも400馬力。6速MTが組み合わされます。MTとはアメリカ車にしてはなかなかホットな仕様です。
これからこういうのが流行るかもしれません。アメ車がアメ車らしさを取り戻す。それはなかなか嬉しいこと。000056784000056787_1 

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年1月 6日 (土)

ニューSタイプはクーペスタイル。

000056711 ジャガーはデトロイトで中堅モデルのSタイプの次期型コンセプト“C-XF”を発表します。

まずこれを見て分かるのが、スタイリングがガラリと変わるということ。現行型のXJの流れに沿ったクラシカルなスタイルから一転、XKのような現代的でスポーティなスタイルになるようです。
000025386 ←今のヤツ
これはまた賛否両論を呼びそうなモデルチェンジ。個人的に今のクラシカルなデザインも好きですが、この大胆なモデルチェンジを支持します。何もジャガー全部がXJの縮小コピーである必要は無いわけだし。000056713
リアは何代か前のトヨタのマークⅡ(ジャガーのヤツじゃないよ)に似ていいるような・・・でもカッコいいです。気になるのは、背が低い4ドアクーペスタイルってところ。フツーのセダンでいいのに。

エンジンはスーパーチャージャー付きの4.2LV8で420馬力。BMWのMやメルセデスのAMGとも張り合えそうなスポーツセダンですね。

このまま市販、というのは無いでしょうが、イメージはだいたいこんなものだろうと思います。コレは今年はジャガーにも期待大ですね。000056715

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

キング・オブ・屋根無しグルマ

いよいよ明日、1月7日からデトロイトショーが開催されます。
さすが自動車大国アメリカのモーターショーだけあって、すごいニューモデルやコンセプトカーが盛りだくさん。楽しみー。

000056764_1 そんな中でもおそらく最も“スゴイ度”の高いクルマが、このロールス・ロイスのニューモデル、“ファントム・ドロップヘッド・クーペ”です。
キング・オブ・高級車のロールス・ロイス・ファントムをベースにした贅沢な2ドア4シーターコンバーチブルです。000056767
全長5.6m、全幅2mの巨大なボディを、たった4人乗せるためだけ(しかも2ドアだから普段は2人)に使うっていう究極の贅沢です。
クルマというより城のような迫力満点のデザインはファントム譲り。この顔結構好きです。ハマーなんかよりずっと迫力あると思う。まあでも、ハマーの数倍のお値段だから当たり前か・・・
こんなクラシカルなカタチしてても、中身は結構最先端です。シャシーとかは総アルミ製のスペースフレームだったりして。
エンジンは6.7LのV12。459馬力という最近にしては控えめの数値がロールスらしい。とばすクルマじゃないってことか。
これに6速ATが組み合わされます。

まさにコレは“キング・オブ・屋根無しグルマ”。全てのオープンカーの頂点に立つクルマですね。やっぱりロールスって凄いなー。

価格はまだ分かりませんが、ファントムの値段からすれば6000万超(!)ぐらいかな?
日本導入は未定だそうですが、ごく一部のカネモチには売れるでしょうね。ファントムのセカンドカーとかで・・・000056770 000056773

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

これはアリなのか・・・?

R0012526 これは新型キューブのカタログのワンシーン。

キューブの冷蔵庫みたいなドアを開けると、そこでは3人の男女が楽しそうにコタツに入って鍋を囲んでいる・・・
「あんたら、何やってんだー!」と言いたくなるぐらいぶっ飛んだ図です。
誇張表現というか何というか、カタログや広告ではこういう現実離れした図というのを見かけるのも珍しくないわけですが、そういうのって人がガイジンさんだったりして、それで明らかに現実と違うものとして見ることができますが、これはどこにでもいそうな日本人がモデルになってるわけで、一瞬だけでも「この使い方はアリなのか・・・?」と思ってしまいます。そのあたりが絶妙で、この写真は結果的にすごくシュールな図になってます。しかもそれが渋滞中もみんなでワイワイ楽しいねとか、デートに行って眺めが最高とか、そういうのと同列に扱われているのがスゴイ。最近いろんなカタログを注文する機会がありましたが、そんな中でもこのワンシーンが最高に衝撃的でした。

このカタログを見て、ちょっと今の新しい顔のキューブが好きになりました。
やはり日産は分かってるんですね、キューブの立ち位置を。実際、“もの凄く奇抜そうで意外と実用的”っていうキューブのデザインと、“絶対有り得なさそうで、やろうと思えば出来ないことも無い”っていうこのカタログのシチュエーションには共通するモノがあると思います。
こんな見てて吹き出しそうになる図、bBのカタログには無いですよ。

Cube874843 ところで余談ですが、こういう遊びをやってみました。
でもコレ実際にやったら楽しそう。
このデジタル文字風のグリルに、電球を埋め込んで文字が浮かび上がるようにするってのは、我ながらなかなか面白いアイデアだと思うのですが・・・デイライト的な感じで。
文字だけじゃなくて、時計とか速度とかが表示されれば、サイコーに愉快ですよ。ナンバープレートの番号を表示するってのもいいなー。
ただ光るイルミネーションよりコレだったらよっぽど発展性があって、何より見てる方が楽しいですよ。ハッキリ言ってただ光るだけのイルミは、他人から見たら「ああ、光ってる」ってぐらいですからね。
だれかやんないかなぁ・・・(俺がやるか?)

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初絵描き

R0012528_2 昨日は久しぶりに絵を描きました。今年初めて、よって初絵描き。

さて2007年最初に描いたクルマは・・・

プレーリー・ジョイです。例によって微妙!!
新年と何の関係もありません。
しかも何かヘンなキャラクターが!
言っちゃなんですが、最近こういう華の無いのばっかり描いてるなぁ・・・

ところで、年末大掃除で少し前のスケッチブックを整理していて、2006年はホントに手で数えられる程度しか絵を描いていないことに気付きました。前はかなりやる気があったんだけど・・・
そこで今年2007年は、このジョイを始めにいろいろ描いていきたいなと。これ、今年の“ウラ目標”です(表向きは、「勉強を頑張る」とか「成績を上げる」とかね)。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

まずはコイツに期待!

今年もいろいろな新車が出るみたいですね。今年は東モの年だから、かなり期待できそうです。いやー、楽しみ・・・

000050684_2 で、まず私が期待しているのがこのクルマ、デリカD-5です。
ご存じ三菱の4WDミニバン、デリカの新型。既に去年スタイルは公開されているのですが、私はこの角張ったスタイルにビビッときたわけです。まあこのクルマは結構賛否両論あると思いますが、どうしても好きなんだよねぇー・・・どこからどう見てもデリカ以外の何にも見えないし。パジェロのときもそうだったけど、そういうのって大事だと思います。これが出れば、どれも似たり寄ったりだったワンボックス型ミニバンの中に強烈な個性が加わることになるでしょう。売れるかどうかは別として、応援しますよ。
ところでこのクルマ、もうすぐ出るってことは聞いてるんですが、具体的にいつなのかまだ知らないんですよね。昨日新年の挨拶といっしょにDMが来てたんですが、発表の日は書いてなかった。早くカタログ欲しいなー。06_l Imgres89709_3_r

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

洗車・・・キューブ篇

  まだ続いてる洗車シリーズ、去年の話題ですみません・・・

211111_1 で、祖父のモコを洗っていたらそこに、先代キューブに乗る親戚一家が到着。ついでだから洗っちゃおうってことで。
いやーしかしコレは凄まじいクルマでした。洗車したら色変わるぐらい汚れてました。しかもあちこち傷だらけで・・・

4124312このキューブは先代の末期、「アルテ」とかいう特別仕様。この見る角度によって印象の変わるボディカラーが特徴です。超個性的な現行型に比べ、この先代はどこにでもありそうなワゴン型で、デザイン的にはまったく見るところは無いクルマだと思ってたのですが、なかなかエンブレムとかカッコ良かったりします。
976876767 キーも面白いカタチで、キューブ専用品です。今のインテリジェントキーのデザインもいいけど、あれは全車共通だし、キューブのイメージにはこういうのが合ってる気がする。
しかしそれでもやっぱりキューブは現行型が断然好きだな。これも洗うのが大好きな現行型だったら100倍嬉しいんですけど。

65265322 エンジンルームは時代を感じます。旧いマーチをベースにしているので、1.3Lながらエンジンがかなりのスペースを取ってます。
これはウチのセレナの2Lと同等ですね。このころから小型軽量化が始まっていくんだね。

89443

898943

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗車・・・モコ篇

67323232 そんなわけで、大晦日から今日までを父の実家で過ごした我が家だったのですが、あっちに行ったら行ったで、私はセレナやアイに続いてのモコも洗車しました。
いやー、我ながら大晦日なのに働き者・・・

まあ軽だし、いちおう車庫保管でそんなに汚れてなかったので、ラクではありました。

Moko7 祖父は初代のモコに乗っています。前はサニーに乗っていたのですが、そんなに乗ることなくモコに乗り換えました。いわゆる“ダウンサイジング”っていうヤツですね。
この初代モコ、結構好きなんです。デザインとかツルンとしてて綺麗だし、広さも申し分ない。カッコは今のより断然好きです。
0890898 インパネはシンプルに分かりやすく。おそらく全然使わないCDプレイヤーが付いてます。
乗るとまたアイとは違った軽自動車ライドがたまらない。ベンチシートで着座位置が高く、隣との距離が近いので、なんだか昔のクルマに乗ってるような感じになります。6743674343_1 6565

モコはスズキからのOEM車。当たり前ですが、エンジンルームにはスズキの刻印が。
ところでこんな狭いところにエンジン入ってるんですね。アイの後ろに入ってるのもスゴイけど、これもなかなかですよ。988766

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年あけましておめでとうございます。

4543532 遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうかよろしくお願いします。

これは初日の出っぽいモノです。昨日は天気は雨だったけど、朝だけは晴れてて見ることができました。年越しは父の実家で過ごしたのですが、その家の裏が自動車教習所になっていて、なかなかおもしろいのが撮れました。

さて、今年もいろいろクルマについて好き勝手に書かせて頂きます。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »