« ストリームのCM | トップページ | 青と赤 »

2006年12月10日 (日)

なんでこれが入ってこない

000054491_1 オペルの中核車、アストラがマイナーチェンジしました。
と言っても、日本では買うことができません。なにせ、オペルはとっくに日本市場に撤退してしまっているからです。

アストラは結構評価の高いCセグメントカー。ゴルフとも十分張り合えます。走り、スタイリング、実用性ともにバランス良く、それでいてちょっとだけゴルフよりも安いという価格設定の魅力的なクルマ。しかもスポーツバージョンの2Lターボは240馬力と、実はGTIよりすごかったりする。そしてそして、これをベースにしたミニバンのザフィーラってのもあったりして、コレがまたいいんですよ。
リアハッチがすごく危険なカタチしてる、どっかの栗鼠よりも、これの方が全然いいと思うけどな。
今度のマイナーチェンジでもっと良くなってるんだろうなぁ、と思うと、以前は普通に売っていたクルマだけあって、なんだか納得できない気持ちで夜も眠れない(いやー最近咳がひどくて眠れない)。

なんでこんなクルマが日本に入ってこないんでしょう。売れない韓国車や、日本の交通に適合しないハマーとかは入ってくるのに。これこそ、日本に入れるべきクルマってモノでしょう。000054494

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

|

« ストリームのCM | トップページ | 青と赤 »

コメント

これより小さいコルサ(日本ではヴィータだったかな)なんかもっと日本人にふさわしい車ですよ。オペルも昔は小さい車をいっぱい売っていたメーカーだったのにいつの間にかベクトラとか大きいモデルばかりを売るようになってしまいましたね。大型車の方が利幅が大きいのかもしれませんが、やっぱりオペルは小さい車の方がオペルらしいような気がします。最近のいかにも金属的なデザインコンセプトも僕はあまり好きではありませんでした。そういう無骨?なところもドイツ車らしいドイツ車って感じでよかったのかもしれませんがね。ヤナセあたりが輸入代理すれば良いのにと思うんだけど。

投稿: C4 | 2006年12月10日 (日) 19時26分

C4さん、どうも。

コルサも新型になったんですよね。日本には来なかったので忘れてましたが。これもかなり良さそうです。
ヴィータとして日本で売っていた時代は、安くてお洒落だったので、結構ブームになったようですが、信頼性が低く、その後大変だったようですね。今でも中古でものすごい値段で売られているのを見ます。
でも今は信頼性も向上して、そういうことは無いと聞きます。
ヤナセは一回捨ててますからね、難しいですね。

投稿: パンダ | 2006年12月10日 (日) 21時57分

信頼性が低かったんですね、そういわれれば中古のコルサをさばききれていないヤナセの販売店を見たことがありました。

投稿: C4 | 2006年12月11日 (月) 00時00分

中古のヴィータは、中古車通の間でも“ヤバいクルマ”みたいで、誰も近寄らないようですね。だからあんなにバカ安で売られているのか・・・
わからんクルマが流行ることあるものです。

投稿: パンダ | 2006年12月11日 (月) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134146/4494207

この記事へのトラックバック一覧です: なんでこれが入ってこない:

« ストリームのCM | トップページ | 青と赤 »