« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

2006年を振り返る・・・

三菱アイ:今年出た最高のクルマ、賞貰いすぎ。さすが相棒、と自己満足。日産エルグランド:古くさい乗り味にガッカリ、早く新型出して。トヨタカローラ:最近イイ感じに見えてきた、この価格でこの装備は凄すぎ、アームレストは無くともヘッドレストは3人分用意するリヤシートは偉い。シトロエンC6:いつか乗ってやる一台、カーオブザイヤーも受賞、今シトロエンがキテる!と思った。三菱トライトン:こんなの一台ぐらいあってもあってもいいでしょうっていうクルマ、カッコいいけどまあトラック。三菱ランエボⅨ:もはやリスペクトに値するけど、ガラッと変わる次期型に期待。メルセデスE320CDI:久々のディーゼル、フツーに速そう。日産デュアリス:こういうのもいいけど他のもちゃんとやってますよね?三菱ekワゴン:少しは変われよ、と言いたいけど内容はしっかり進化、実用性はアイの比じゃない。光岡大蛇:ホイールをワイヤーに換えたら、もっと良くなると思う。レクサスLS:近所のデカい家のセルシオがコレに変わってた、とりあえず今はセルシオより特別なクルマに見える。日産プラスコンランシリーズ:一歩間違えたらかなり変態だけど、素晴らしい仕様、もし免許とお金があったら・・・日産オッティ:こっちがスタンダートか。三菱パジェロ:浅いダッシュボードに萌えた、今度もやはり我が道を行くパジェロ、そこのナンパSUV、邪魔だどけぇ!ダイハツムーヴ:もはや普通車と違わない軽の登場、軽大国K児島で大人気。三菱コルト・ラリーアートバージョンR:コルトだってやればここまで派手にできるんだ。ホンダCR-V:画期的なミラーのためにあるクルマ。フィアットグランデプント:このクルマに乗ってたら、きっと毎日晴れだと思う。トヨタオーリス:コンソールに絶句、あとテールゲート危ない、それ以外はきっといいクルマ・・・プジョー4007/シトロエンCクロッサー:別にアウトランダーでもいいけどね。ルノーメガーヌ:ルノースポールに日産も何かを学んでほしい。三菱デリカD5:発売はまだだけど、キノコミラーの隠し方最高、頭いいね。スズキセルボ:スズキが軽に見切りをつけているのが非常に気になる、何かあるのか?スバルインプレッサWRX・STIスペックCタイプRA-R:やったースポイラーレス仕様。SLRマクラーレン722エディション:スーパーカーはもはやヒーローのクルマでは無い、悪者のクルマだ。スマートフォーツー:相変わらずカッコいいね、スマートは。日産スカイライン:普通にイイクルマだった、実車が断然カッコいい。中国コピー車達:私たちはこれらに対して笑ったり怒ったりできるのだろうか。メルセデスCL:本当の贅沢ってきっと究極にムダなモノなんだと思った。ホンダエディックス:ストリームを買いましょう。三菱ランサー:なかなかカッコいいけど、幅広すぎ、エボはもっと広いんでしょ?マツダCX-7:このクルマには悪いけど、SUV増えすぎ。ダイハツミラ:なんでもカスタム路線に反対。日産ADバン:良さそうだけど、MTと4駆もすぐに追加される・・・よね?ホンダエリシオンプレステージ:これはヒドイ、今年一番ヒドイ。トヨタブレイド:いまいちキャラクターが分からない、きっと永遠に・・・日産キューブ:この顔もアリかな?と思うようになったけど、ぐるぐるキャップだけはどうしても譲れない。ダイハツエッセカスタム:なんでもカスタム路線に反対②。日産ティアナ:地味だけどいい、素晴らしい広さ。

Photo_139 カーグラフィックのコラムの下野康史さん風に今年2006年、当ブログでとりあげたクルマを簡単に振り返りました。今年の更新はこれが最後になります。来年は2日あたりから。来年からも変わらずどうかよろしくお願いします。
今年はこのブログを始めて、クルマに対してもっと積極的に考えるようになれて、いろいろな方と知り合えて、貴重な年でした。
来年もたくさんのいいクルマに出会えますように・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (6)

2006年12月30日 (土)

洗車・・・セレナ篇

8787_1 間が開きましたが、次はセレナです。
これは洗車機にぶち込みました。我が家は基本的に洗車機派なんですが、アイはあの特殊なカタチのため、洗車機に入れると誤作動を起こす可能性があるんだそうです。だから仕方なく手洗い。
セレナのようなワンボックスは、ただでさえ大変なので迷わず洗車機です。後でワックス掛けは自分でしましたが、それだけでも大変だった。ワンボックスを綺麗に保つのは無理だね・・・
04089 それにしてもやはり年末、スタンド何処もいっぱいでした。みんな遠くに行くのか・・・いいなあ。我が家も明日は実家に帰省ですが、車で30分ぐらいだし。帰省ラッシュ渋滞何十キロとか聞くとちょっとワクワクします。俺も一度だけならあの列の中に飛び込んでみてぇと。
あ、今その真っ只中の人たちいるんだよね。不謹慎だったかな・・・?

ところでちょっとした仕様変更を行いました。どう変わったか分かります?8954_1 112436

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

洗車・・・アイ篇

64376 今年も残すところあと2日、今日は大掃除に便乗して洗車+ワックス掛けをしました。
しかもアイもセレナも2台とも・・・
綺麗になったけどさすがに疲れました。

94389439 ウチのアイのアッシュグレーという色は、かなり汚れが目立たない色(全体が汚れみたいだから?)で、ある程度汚れてきても遠くから見れば「あら、結構綺麗じゃん」ってなったりするんですが、それも限界に来ている程汚れていました。リアゲートがシマ模様に・・・
今日は一回手洗いして、その後ワックスをかけました。
中の掃除をするたびいつも思うのですが、このクルマのフロアマット使えなさすぎ。運転席以外は全く固定されていないので、乗り降りを繰り返すうちにどんどんずれて、下の方にゴミがいっぱい溜まってました。乗ってるときも、なかなかマットが定位置に定まらないのはイヤで、かえって無い方がいいような・・・これはどうにかして欲しいですね。
軽はセレナに比べたらかなりラクだけど、それでも屋根に手が届かない・・・45232 89793

セレナ篇に続く・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

陽水かよ!!

000056316 昨日テレビ観てて気付いたのですが、ブレイドのCMの曲って井上陽水なんですね。超意外でビックリしました。・・・ますます分からないぞ、このクルマ。

あと、「大人しくない、大人へ」っていうキャッチコピーはどうかと思います。それだったら、「いい歳して、落ち着きのない人へ」ってとらえることもできますよぉ・・・
でもそれはちょっとイヤですね。そんな人が身近にいたら困る。隣人とかに乗って欲しくないクルマだなあ、それだったら。
でもまあ、マークXの「男の真ん中でいたいじゃないか」と並んで、あまり頭イイとは思えないキャッチコピーです。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティアナはいい・・・

Photo_134 昨日は祖父のティアナに乗る機会がありました。
といっても5分ぐらいのチョイ乗りだったわけですが、あまり乗ったこと無かったのでちょっとラッキー!しかもその印象が予想以上にヨカッタ。いいクルマですね、ティアナ。

実はティアナは我が家でセレナを買い換えるとき候補にあがったクルマでもあります。ただ、まだセダンに戻る勇気が無くて断念してしまいました。
祖父のティアナはマイチェン前の前期型。230JK-Mコレクションというグレードで、ボディカラーはシルバー、インテリアはブラックという典型的な地味仕様・・・では無いんだなコレが。私はブラックのインテリアというと、どうも汚れの目立たない無難な色っていうイメージがあるのですが、このティアナの場合はちょっと違います。ティアナならではのパールスエードのシートがいい具合にテカって、ちょっとアルカンターラっぽい感じの高級感があります。これはなかなか渋くていい。

843894 乗るとなかなか快適です。日産とは思えないぐらいフツーに静かで、エキサイティングな直6サウンドが容赦無く入ってきたローレルとはえらい違いです(あれはあれで楽しいけど)。FFだからリアはかなり広く、着座位置もいい具合に低すぎない。しかもサイドウィンドウが意外と立ってる(コレがいい)から、そんなに幅広じゃないのに左右方向も余裕たっぷり。ちょっと頭上空間の余裕が少ないとはいえ、あの“4ドア2+2セダン”のローレルとは雲泥の差です。乗り心地も、柔らかめだけど丁度いい。だらしのないフニャっとした感じはありません。

Photo_135 んーティアナ、予想以上にいいクルマであります。スカイラインも良かったけど、アレとは全く反対の方向でいい。スカイラインは乗った感じは路面に吸い付くような素晴らしい乗り心地と、やはり走りが魅力ですが室内はタイトめ。大人4人乗ってどこか行くのならスカイラインよりティアナの方がいいような気がする。

よし、今度また乗せてもらおうっと。Photo_136 Photo_137 Photo_138

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大掃除

Photo_132 昨日は久しぶりに更新をサボってしまった!
これで連続更新もストップ・・・まあいいや。

今日は棚の大掃除をしました。私はミニカーそんなに持ってないのですが、ケースが無いモノがほとんどなので、ほとんどのミニカーが埃ダルマに・・・
一台一台、丁寧に(いや、わりと雑に)拭いていくのは結構大変。で、これは全てキレイになったときの一枚。こうして見ると、ちっちゃいヤツが増えたなー。
ん?何か様子がおかしいのが一台・・・

Photo_133 ぎゃー!
なんかイイ感じに事故車になってるー!!

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

今年最後のオートカー

6732632 今日は補習の帰りにオートカーを買ってきました。
今月はC4ピカソとフリーランダー3のインプレッション、「車会」はフォーカスSTとメガーヌRSの対決。それからブガッティをはじめとした、スーパーカーの高速周回テスト等々いろいろでした。

実はここ数日、思うように文章が書けていなかった(エリシオンとかキューブとか、キツいの多かったからなぁ)のですが、久しぶりにモリケータさんの記事を見て、「そうそう、コレだよコレ!」と、やっと自分のペースを取り戻せたような気がします。
モリケータさん、ありがとう。オートカーさん、ありがとう。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リフトアップ?

000056290 リフトアップしたモビリオ・スパイクかと思いきや・・・
今度ホンダからこんなクルマが出るらしい。
かつてあったHR-Vの後継かな?
デザイン的には最近出たホンダ車の中ではわりと好きな方ですが・・・000056252_1 000056214

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

族車じゃないよ

000056153 メルセデスが来年のデトロイトショーに面白いコンセプトカーを出品します。
“コンセプト・オーシャン・ドライブ”。まあお日様の下海岸を優雅にドライブするってイメージなのかな?

このクルマ、珍しい4ドアのオープンカーです。ベースは現行Sクラス。4ドアのオープンカーというと、クラウンなんかの屋根を無理矢理切って族車仕様にしたクルマが思い浮かびますが、これはちゃんと幌が付いてるので安心です。
000056156 しかし4ドアのオープンというのは今までなかなか無かったですね。まあただ単に誰もやらなかっただけですが。「とりあえず、誰もやってないし面白そうだから、やってみますか」みたいな感じ(もちろんドイツ語でだよ)だったのかな?いやそれにしてはなかなか良くまとまっていてカッコいいです。絶対売って!とまでは言いませんが、売ったら結構面白そうですよ。
でもその前にCLをオープンにしませんか?SLみたいなメタルトップじゃなくて、幌で。000056159

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

意味無いぢゃん。

000056047 ちょっと遅いですが、エッセカスタムというのが出ました。
ダイハツの一番安い軽、エッセをベースにエアロパーツなどでスポーティに仕立てたクルマ、ということになってます。

000056050 しかし私はこのダイハツの「男はカスタム」的なやり方はどうも賛同しかねる。いや、別に男女差別どうこうってワケじゃ無いですが、そういう決めつけは凄くヤだなーと。
ましてエッセはシンプルさが売りのクルマ。私も何度も言うけどこのルノー5似のスタイルに惚れたのです。なのにこんな余計なパーツ(しかもショボイ)付けちゃって・・・値段も高くなって、意味ないぢゃん。
「男はカスタム」って言われても、こんなの乗れるか!って感じです。

どうせなら黒バンパー仕様を出してくれ。000056053

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

理想のキューブを探す・・・

(前回のあらすじ)
新しいキューブに失望を覚えた俺は、中古車検索サイト●ooで理想のキューブ探すことにしたのだった・・・

というわけで、前期・中期のZ11キューブをいろいろ探してみました。買うのはまだまだまだ先だけどね。やはり大人気モデルだけあって、タマ数豊富、選り取り見取りですね。新型がイマイチ気に入らない者にとって、かなりの救いです。しかも新しいから状態もいいのが豊富。というわけで、気になった物件をいくつか紹介。(このブログの画像と紹介している物件は異なります)
90600611150510065005800まず、これです。アクアミントの1.5L、ぐるぐるキャップ付き。マイチェン前は新車で買いたいな・・・と夢見ていた仕様です。1.5CVTで走りも余裕たっぷり。お買い得仕様車で、インテリジェントキーやフォグランプとかも付いてます。しかも180㎞しか走ってない!新車じゃん。お値段は108万円。
0110070102b400261802800 次にコチラ。これはスゴイですよ。こないだまで期間限定で売ってた“究極のキューブ”、コンランです。ビターショコラの1.4で赤革張り。走行10㎞の新車で、お値段は139.8万円。高いけどそこは検索しても数台しかヒットしない究極のキューブ、「ASK」の物件もあるぐらいです。欲しすぎる・・・
0170070102h400084401800 お次はコレ。これは初期型にしか無いパプリカオレンジ。初期ならこの色が最高。1.4のATで、走行2.3万㎞と少なめ。欲を言えば純正アルミが欲しいとこですが、このキャップも結構好きだからいいや。お値段は73.9万円。いいねえ安いねえ。これなら数年後はもっと安くなってるだろうから、ファーストカーとして買えそうだ。
0130070102d400641000400 それからこれ。パオを思い出させるエアブルーです。初期型のイメージカラーですね。個人的にエアブルーは初期に合う気がする。1.4のATでアルミ付き、エクリュ内装が気に入りました。走行3.1万㎞、88万円。

ここで変わりダネも二つ紹介します。
まずこちらです。ネオクラシカル仕様。キューブを60年代のレーサー風にカスタム(という程ではないですが)した仕様で、純正のオプションです。オーバーフェンダー風のブラックのエアロパーツと、ボンネットストライプ、そして専用のホイールでなかなかいい雰囲気になっています。マイチェン後のヤツにも設定されていますが、やはりこれは丸目の初期&中期でなければ。この物件はエアブルーの初期で走行2.6万㎞、81.9万円です。ネオクラシカルキットを付けた仕様はちょっとレア。これもいいなあ。
そして最後がコレ。これはかなりレアです。初期型の最初の方にだけあった最廉価グレード、BXです。特徴はホイールがキャップ無しの鉄チン剥き出し。鉄チンマニアの私にはこれもなかなかたまらない・・・他にミラーもカラードでは無くブラックだったりします。色は確か白とシルバーのみ。この物件は白ですね。走行2.9万㎞、68万円と結構美車です。

さてさて、どれがいいかな~・・・なんてね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

グリル総取っ換えかなあ・・・

000056114 あらためて・・・
今日は私の未来の愛車候補の一台、キューブがマイナーチェンジしました。こうなることは既に分かっていたけれど、実際にHP等で確認してみると、やはり受け入れることは出来ない・・・

Cube_cube3_17 主な変更点は1.5LエンジンとCVTの改良、顔とテールランプ(LEDクリア化)、そしてボディカラー&インテリアカラーの変更。何故だろう、機能は確実に良くなっているハズなのに、以前のキューブのデザインが大好きだった自分から見れば、あらゆる所が悪くなっている改悪にしか見えない。近年で最もイヤな気持ちになったマイナーチェンジだ。

気になった点は次のとおり。
まず顔。なぜこんなデザインにしなければならなかったのだろう、なぜ以前のような丸目ではいけなかったのだろう。デジタル文字をヒントにしたグリルもワケが分からない。浅はかな思いつきでやったようにしか見えない。なお、今回からキューブとキューブ・キュービックは顔が共通になり、さらに見分けにくくなった。これにも、キュービックが好きではない自分としてはガッカリだ。
次にテールランプ。LEDになったのは嬉しいが、クリアタイプになるなんて・・・全然キューブのイメージと合っていないと思う。こういうのはライダーとかだけでやってくれ。
さらにボディカラーだが、初期のイメージカラーであるエアブルーが廃止された。これにも失望した。替わりにソラブルーとかいう色が追加されたが、エアブルーより青がだいぶ強く、既にあるマローブルーという色と被るのではないかと思う。どうせならこっちを無くせばよかったのに。
Photo_131 追い打ちをかけるようにもうひとつ失望したことがある。マイチェン前のキューブに付いていた“ぐるぐるデザイン”のホイールキャップが廃止された。これをキューブの魅力のひとつとして捉えていた私はまたもや失望。
しかもよりによってその替わりはキュービック用のホイールキャップが流用される。もう涙が出てきた。逆にぐるぐるをキュービックに付ければ、少しはあれもマシになったのに・・・

そもそもなぜ顔を変えなければいけなかったのだろう。丸目が不評だという話なんて聞いたこと無かった。少なくとも私は。
被害妄想かもしれないけれど、今まで私が魅力に感じていた部分がことごとく潰され、私のイヤな方向に直されているような気がしてならない。ホントそれこそ、冗談は顔だけにして。
本当にわけが分かりません、なぜ丸目は角目になったのか、なぜエアブルーは廃止されマローブルーが残ったのか、なぜぐるぐるがキュービック用のヘボいヤツになったのか、だれか説明してください。

私は今まで大抵のことがあっても結局日産に付いていきましたが、今度ばかりはちょっと考えてしまいます。そろそろ“日産党”を出る覚悟を決めなきゃいけないのかな・・・?と本当にチラッとですが思ったりして・・・

こうなったら、自分でグリル総取っ換えしか無いですね。でもヘッドランプとかも換えなきゃいけないし、お金もかなり掛かるだろうな。ぐるぐるキャップも欲しいなあ。
こんなに散々言っておいて、まだキューブに乗るつもりでいる私。だって、それでも結局は好きなんですよね。
やはり中古車かなぁ・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (11) | トラックバック (1)

俺のキューブを返せ

Cube_cube3_15 まずは一言。

「俺のキューブを返せ。」

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

TAXIのサントラ

Fly1 今日は初めてTSUTAYAの会員になりました。
今のところに越してきて9ヶ月、今更って感じですが・・・

で、前から興味があったTAXIとTAXI3のサントラを借りてきました。いやーこれ、既に廃盤になってたりして、結構見つからなかったんですよね。あるとこにはあるんだなー。

TAXIのサントラはフレンチHIPHOPが中心ということは知っていて、HIPHOP結構好きなので興味があったのですが、映画のつくりとは裏腹にわりとハードコアな内容でした。あの印象的なテーマ曲のMisirlouとか入ってないんですね。しかし、フランス語のラップというのもなかなかいいもんです。

1161341475030_1 ところで先日、続編のTAXI4の予告編みたいなのをyoutubeで見つけました。フランスで公開されたかどうかは分かりませんが、やはりやるみたいですね。テーマ曲もMisirlouから、Black Eyed PeasのPump Itに変わってました。
この映像ではクルマはほとんど出てきませんが、最後の方に白い407が出てきます。ぜひ、日本でも公開してほしいですね。そのときは、3のようなのは勘弁、あくまでカーアクション中心で。
TAXI4予告映像は↓
http://youtube.com/watch?v=Ug958-cvfVE

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (2)

サンタクロースはADバンで

Ad_1 今日はクリスマス・イヴらしいですね。まあ山下達郎なら5回ぐらい聴いたけど、残念ながら私にはあまり関係のないこと。
そこで、この雰囲気をぶっ壊してやろうと、くだらないモノをつくってしまった・・・
もし、サンタクロースが実際にいたら、移動はソリなんかでは無く、こんなライトバンだったりして・・・

90398932_1 というわけで、今日は新型ADバンのカタログが届きました。
いやー、やっぱりADはいいですね。
というわけで、いつものカタログインプレッションです。気になった点や面白い点などを挙げていきます。まず、オプション扱いですがインテリジェントキーが選べることに驚きました。あれは一度使えば手放せない程便利な機能、こういう商用車にこそ必要な装備です。その辺を日産はちゃんと分かっているんですね、偉い!その他にも、シートバックテーブルやホワイトボードなど便利装備満載です。気になったこともひとつ、燃費です。1200の燃費は15.8km/L。それに対し、1500は16.2km/L。設計の旧い新しいはあるにしても、1200より1500の方が燃費いいってどういうことよ。これは走行性能の面から見ても、断然1500が良さそうですね。
ADエキスパートのほうですが、やはり1800は速そうですね。多少値は張るけど、魅力的です。ただ、ミラーやドアノブまでカラードってのはちょっと贅沢かも。

Ad_2 リヤビューです。ベース車のウィングロードのテールランプのモッコリが、そのまま残ってるのが気になりますが、それを除けば適度に商用チックでイイ感じです。
汎用品を無理矢理埋め込んだようなバックランプが泣かせます。こういうの、嫌いじゃない。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月23日 (土)

ただそれだけのこと

今日はダイハツからミラとミラ・カスタムとムーヴ・カスタムのカタログが届きました。
で、ムーヴ・カスタムのオプションカタログを見ていると・・・・

Photo_130 “なんちゃってGTI”発見!!!
ゴルフGTIに非常に似たグリルデザインの、フロントバンパーを売っていた!

上のグリルの白いフチが赤だったら、完璧GTIです。
トヨタさん、立場上自分が出来ないからって、こういうこと子会社にやらせないでよ・・・
みっともないねえ。

ただそれだけのことです。
今日は風邪がなんか急に酷くなってきたので、もう寝る・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アッシュグレーと赤

87y782 昨日宣言してしまったものの、今日は洗車できなかった・・・・

その代わり、久しぶりにアイでお出かけして来ました。
コレはそのときのショットです。グレーのアイと赤い鳥居、なかなかイイ感じの組み合わせだと思いません?
このクルマ、赤いモノと合うということを発見しました。
このアッシュグレーメタリックという色は、グレーですが少し緑がかってます。緑と赤ってなんか合いますよね。補色なのに(だからか?)。
5625_1 そういえば、カタログでもアッシュグレーとレッドのインテリアの組み合わせをオススメしてたっけ・・ていうか、ウチのクルマその仕様だったね。
これは偶然にしてかなりいい組み合わせを選んじゃったぞ、と自己満足。結局色って、悩んで決めるよりカンなのかもね・・・

今度からこういう組み合わせを意識して写真撮ってみよう。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

ホンダのカッコいいヤツ

Photo_128 こちらはホンダの現行アコードです。
私これ好きなんですよね。しかもユーロRでなんかエアロ付き。
いやね、ホンダもこんなカッコいいセダンもつくってるんだぞ、って思って。昨日のエリシオン・プレステージとは雲泥の差ですよ。ホンダはデザインにかなりムラがあるような気がする・・・

ウチの学校で一番コワイ生徒指導の先生が、ダークグレーのこの現行アコードに乗ってます。ほとんどノーマルなのに、なんとなくコワイ雰囲気が漂ってて、みんなから恐れられている・・・

ところで今日は、今年最後の通常授業でした。でも補修が来週まであるんだよね・・・
明日は久しぶりに晴れるようなので、洗車でもしようかな。すごい汚かったし。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

あれれ?

000055804 あれれ、
大リスもうマイナーチェンジかあ、早いなー・・・・

・・・なんて、意地悪なことを言ってみましたが、これはオーリスではなく、トヨタの全くのニューモデル、“ブレイド”です。今変換したら「無礼度」って出た。大栗鼠といい、面白い誤変換が多いね、このシリーズは。

ブレイドは、“洒落た大人の高級ハッチバック”をテーマに開発されたトヨタ・ブランドの最上級ハッチバック車、ということになっているようです。
エンジンは2.4Lのみという余裕たっぷりの仕様で、インテリアも上質な素材を使っているそうです。
しかしねえ、ベース車が一目で分かるスタイリングは「高級」なのかなぁ?
サイドパネルはオーリスと全く共通という悲しい事実。
それ以外のスタイルも正直どっちつかずで微妙な感じです。この顔、スポーツ方向なのかラグジャリー方向なのか分からない。中途半端に感じます。
000055807こちらがリアビュー。オーリスもだったけど、相変わらずテールゲートが危険な形してるなあ。開けたときの角がコワイ。あと点灯してないときは無色透明なテールランプも論外。そんなものはテールランプじゃねえ!と私は思ってるんですが・・・

000055810 正直、どういう人に売りたいのかさっぱり分からんです。「団塊の世代に」と言っているようですが、あの人達がこんな子供っぽいのに乗るかなぁ?
乗ったらいいクルマだろうけど、いいなりに値段も結構だしねえ。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

これは悪夢

000055785_1 さっきの続きです。
ついにホンダがやりやがった!見てください、このアルファード完全コピーの顔!これは今回マイナーチェンジで追加された豪華版、“エリシオン・プレステージ”。フロント、リアに専用のデザインが与えられ、レジェンドの300馬力の3.5Lを搭載した、極悪ギラギラ豪華仕様。分かりやすくいえば、アルファード風につくり変えたエリシオン。

000055788_3 なんというか、このスタイルにはもう絶句・・・
最初雑誌のスクープで見たときは、このテの雑誌にありがちな無責任なコラか何かかと思ったのですが、ホンモノだったのね、あらま。
それぐらい本当にバランスが悪い。ハッキリ言って、最近よくとりあげられる中国の顔だけコピー車とかよりずっと酷い。むしろ中国から学ばなきゃいけないんじゃないの?今年最後にして、最悪なデザインのクルマが出てきましたよ・・・

000055791_1 インテリアに至ってはもっと酷いです。私はただでさえテカテカの木目調パネルが好きでは無いのですが、コレは全面木目!というぐらいテカテカの木目がすごい面積を占めています。もう吐き気がする・・・
しかもFFなのにセンターにでっかいコンソールがあったりする。なんか昔のラルゴとかを思い出すようなカタチの。なのにシフトレバーはインパネ。
こういうFFでコンソールを備えたミニバンは他にもありました。トヨタのアルファード・ハイブリッドとエスティマの同じくハイブリッドです。しかしあの2台にはちゃんとした理由があって、あれはバッテリーを収納するためにあるんですよね。ホンダさん、ひょっとしてこのこと知らないでやってたりして、まさかね。「トヨタがやってるんだから、ウチもやりやしょうや」なんて、まさかね。

なんかこのクルマ、いろんなところが古くさいような気がします。そりゃ、メカニズムは最新のものですが、普通でも豪華なLクラスミニバンにハイパワーエンジンをぶち込んで無理矢理豪華に仕立てる、っていうやり方が。しかもその“豪華”の内容も、テカテカの木目攻めだったり、ヘッドランプやテールランプの大型化だったり。そもそも「プレステージ」って名前がどうも。発想が20年ぐらい前なんじゃないか、と思ってしまいます。20年前のセドリックとか、まさにこんな感じだった。

いやー、今日はココログのレスポンスがすごく悪くて、イライラしながら書いたので、かなり悪意に満ちた文章になってますね・・・反省しないと。
でも実際のところ本音はこんな感じ。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (1)

エリシオンがマイナーチェンジ

000055767 今日はちょっと学校が早く終わった。ラッキー♪
しかし、その間にクルマ界はちょっと大変なことになっていた・・・

まずは軽めの話題から。
ホンダのLクラスミニバン、エリシオンがマイナーチェンジしました。
登場以来2回目のマイナーチェンジ、今回の変更点はフロントとリアのデザイン。ちょっと精悍な顔つきになった感じがします。
まあ、でももし自分がLクラスミニバンに乗るなら、エリシオンは選ばないでしょう。やはりエルグランドです。2.5Lに乗ったときはえらく古くさい乗り味に少しガッカリしたものですが、3.5となるとどうなってくるのだろうなー、と思ってしまう・・・
エクステリアもインテリアも、デザイン面では依然として一番好きだし。
000055770 ところで疑問なんですが、どうしてこんなふうにガーニッシュで無理矢理繋げちゃうんでしょうね。オデッセイもそうだし、成功してるとは思えないです。バブル期の昔のクルマとかではやってたけど、なんで今?

しかし“アレ”を見てしまった今となってはそれももう・・・
続く。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月20日 (水)

無敵のライトバン、ADバンフルモデルチェンジ

000055571 さてさて、今日は高速道路最速の異名を持つ、あのクルマがフルモデルチェンジです。

日産ADバン。プロボックスと共に日本を代表する小型商用バンです。ADバンといえば、空いた高速をカッ飛ばすイメージ。カッコいい日本車だと思っている一台。
それが今回フルモデルチェンジし、1月の半ばから発売されるそうです。
いやー、個人的にCX-7なんかよりずっと心待ちにしていた一台だったりします。
今回も、ウィングロードをベースに開発されたADバン。鉄チンホイールと無塗装黒バンパーで完全武装です。正直、なんだかボテッとした印象のウィングロードでしたが、このADはなかなか素朴な感じでいいです。ちょっと気になる処理の仕方もありますが、そこは商用車ということで割り切ろう。旧型ADのさわやかな感じも捨てがたいですが、コレはコレで良し。なかなか魅力的だと思っています。
エンジンはADが、マーチの1.2Lとティーダ等に搭載される1.5L。どちらも今のところATのみで、MTと4WDは旧型を継続販売。
このティーダの1.5L、HR15DE型というのはなかなかトルクフルで力強い、評判のエンジンです。これとバンの軽量ボディでどんな走りを見せるのか、意外と期待できそうな組み合わせ。
000055574 ADよりワンクラス上のアベニールベースだったエキスパートは、今回、ADバンに統合。ADエキスパートとなります。こちらはバンパーなどがカラードで、エンジンはティーダの1.5Lと1.8L。こちらも素朴さは変わらず、イイ感じですね。1.8速いだろうなー。

このADシリーズ、追ってMTも追加されるでしょう。そうなったらいっそう魅力的なクルマだと思いませんか?こういう小細工の許されない“素”のクルマってのも悪くないです。

価格は1.5LのDX(安いヤツ)が131万円、1.8のエキスパートLXが155万円。
4ナンバーだから税金も安い。そこそこ今の車の装備は付いてて、安くて速くて荷物がいっぱい積める。サイコーでしょ?


にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年12月19日 (火)

ウチのと取り替えて!

000055465 今日は久しぶりにセレナの話題です。

HDDナビを搭載したお買い得車の登場、“20GHDDナビエディション”。ウチのセレナ君と同じ20Gグレードをベースに、先日晴れてスカイラインに採用されたHDD方式のカーウイングスナビゲーションシステムを装備。これで旧いDVDナビというウィークポイントともおさらばだぜ。
その他、キセノンヘッドランプや撥水加工シート、シートバックのテーブル等の人気の高いオプションを標準装備。価格は2WDで266万円。んー、装備を考えればかなりお買い得ですね。
コレ、我が家にドンピシャの仕様です。今の20G買うときコレがあったら、絶対コレにしてたよー!まあ、あのときは発売されてすぐだったからね・・・でもHDD羨ましすぎる。
日産さん、ウチのと取り替えて!今度は後悔が無いようにソレイユオレンジにするから。あ、そのときはドアバイザー付けないってことをお忘れなく。

000055478 それからこれは、ハイウェイスターをベースにした特別仕様、“ハイウェイスター・アーバンセレクション”。
さっきのHDDナビに地上デジタルチューナーを搭載し、その他諸々装備が加わっています。
価格は2WDで301万円。セレナとしては高めですが、結構オプションてんこ盛りの状態で、こっちもお買い得かもね。

悔しいけどセレナ、今がいい買い時かもしれませんね。もし今セレナを買おうと思ってる方がいたら、20Gのナビエディションがオススメです。

ところで明日は、あの高速道路最速伝説のクルマの新型が出るらしいです。
んー、楽しみ!

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月18日 (月)

北米ショーでエボプロト公開

000055323 来年の北米ショーで三菱は、次期エボのプロトタイプ、“プロトタイプX”を公開するそうです。
以前東京で公開されたヤツより、より現実的に市販型に近いカタチが予想されます。レクサスからもスポーツカーのコンセプトがあるみたいだし、これは本当に今度の北米ショーは目が離せない内容ですね。これにGT-Rが加われば最強なのにな・・・

それにしてもこういうイメージイラストってカッコいいですよね。誰が描いてるんだろう。やっぱりデザイナーさんかな?言い方が悪いですが、ウソの無い範囲で確実に実車よりカッコ良く見せる。これはすごいことだと思います。例えばノーマルのセレナとか描いても、こんなふうにカッコ良く描くことはできるんですよね。自分もこういうイラストが描けるようになりたいよぉ・・・000055326

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか微妙、新型ミラ

000055247_1 今日は新型ミラが発売されました。
シャシやエンジンは評判のすこぶるいいムーブと共用にチェンジしました。ムーブと同じく、すごく良くなってるんだろうなあ。
しかしデザイン的にはビミョーですね。基本的に先代ミラのキープコンセプトで、ブーンの要素をちょっと取り入れて、グリルはヴィッツっぽくして、少しセルボの雰囲気も混ぜつつ・・・といった感じでしょうか。まあ既にどっかで見たような感じで、新味は全く無いなあ。もし明日走ってるの見ても、きっと気付かねえぞ。まあ、そういうクルマですが。

000055250アルト/ミラといえば、激安軽自動車同士、永遠のライバルでありましたが、今度はちょっと状況が違います。ミラの一番安い仕様はMTで87万円。まあ激安車はエッセに任せるということでしょう。でも私ならエッセ選びます。スタイルがシンプルでルノー5似というのもありますが、ミラにコミコミで100万弱というのは、いくらいいシャシでも高いような・・・だったらいっそシンプルに開き直ったエッセがいいじゃん。トランクが狭いっていう弱点はありますが。

000055253 それからこれは、今回ミラ・アヴィの代わりに加わった“ミラ・カスタム”です。ミラの高級版ですね。ソニカとイメージが被るのは私だけ?
あと、顔は先代後期のストリームを思い出させます。
ところで、この“ミラ・カスタム”って名前はどんなもんだろうか。何でもカスタムを付けて、ターボで派手目でテールランプクリアにすりゃいいってモノでも無いと思いますが。なんかタント・カスタムとかもう若干馬鹿にされた気分。このシリーズが無くならない限り、私は軽自動車はスズキ派でいます。でもコペンとエッセは好きよ。000055256 000055272

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

最後の“最善か無か”メルセデス

W140aaa いいベンツを見つけました。先々代のSクラス、W140型です。
私このクルマすごい好きなんですよね。誰が見ても「おお!ベンツだ」と感じるオーラがある、最後の“最善か無か”メルセデス。
このW140型はとにかく気持ちいいぐらい巨大で、迫力があります。すごく頑丈そうです。たまに窓開けて走ってるのを見ると、窓ガラスが普通のクルマより厚いんですよね、何重構造かになってて。さすがベンツやぁ、と思ってしまいます。そのため、押しの強さを重視する人たちからは、今でも人気があります。押しの強さを重視する人たちっていうのは、ちょっと怖い人たちなんかも入ってたりするのですが・・・

でもこの140はホントにキレイでした。フツーこのクルマは、ヘンなホイール履いてたり、窓がフルスモークになってたりすることが多いですが、コレはホントにフルノーマルで、白いシートカバーなんかが付いてたりしました。ウィンカーも初期のオレンジ色のままでいいなあ。スリーポインテッドスター付きのポールも泣かせる。排気量グレードを示すエンブレム見るの忘れてた。多分320あたりの下級グレードだと思う。ガラスもスモーク無しでした。そういえば、今は軽自動車でさえ暗めのガラスですね。物騒な世の中になったもんだ。
このW140Sクラス、Sの中で一番好きです。こういうキレイなヤツに一度は乗ってみたいなー。取り回し大変そうですが。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

撃沈・・・

673268734_5 昨日のことですが、またこのシリーズ買ってしまいました。
お目当てはもちろん前といっしょで、パオです。しかもちょっと頑張って2個も買っちゃいました。
果たして結果は・・・・

・・・撃沈でした・・・・

Nec_0211 一個目は白のプレリュードでした。
特に狙っていたクルマでは無かったので、ちょっとガッカリ。しかも白っていう微妙なカラー、ミラーが付いてない、妙に幅広く見えるってところが気に入らん。

Nec_0213 二個目は赤のセリカ。これもねぇー・・・
ミニカー自体は悪くないですが、あんま好きなクルマってわけじゃないんで。まあ、前に引き当てたマークⅡ(奥に写ってる)と被らなかっただけましかな。

ああー、ミニカーとしては悪くないですが、これ二つで900円もしたんですよぉ。好きなクルマがひとつも出なかったら、そりゃショックですよ。なんで中身が分かるようにしてないんだよー。
パオ欲しいなー、また買おうかな、でもなあ・・・
と、言いつつ写真はしっかり撮ってます↓Nec_0212 Nec_0214 Nec_0209_1 Nec_0210

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

公開中、ストリームのCM

000034137 以前このブログでとりあげたストリームのCM、ピーターガンのボーカル付きが使われてるヤツですが、公式HPで公開してました。
http://www.honda.co.jp/STREAM/cm-gallery/
メイキング映像もあって、曲がほぼフルで聴けます。
やっぱりカッコいい!
我慢できなくなってiTunesで探したらあったので、150円で買いました。
「Max Sedgley & Sarah Vaughan」というアーティスト名の「Peter Gunn (Max Sedgley Remix)」という曲です。興味のある方はどうぞ。
前はそれほどでも無かったけど、ストリーム好きになりました。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

コンフォートは素晴らしい

783832 今日は家族で外食だったので、タクシーに乗りました。
「珍しいタクシー見た」とブログで紹介している人もいますが、K児島で走っているタクシーは法人個人含めても、コンフォート、コンフォート、コンフォート、ときどきクルー・・・という感じで、とくに珍しいクルマはいないんですよね(派手なコンフォートならいるけど)。

で、今日もコンフォートだったのですが、いやぁ、これがまたヨカッタ。
私はタクシーに乗るたびにコンフォートのパッケージングの素晴らしさに感動するんです。なんて広いんだ!って。いい空間設計のクルマは、乗っていてすごく気持ちのいいものだということが、つくづく分かります。ちょっとぐらいこれを見習った乗用車が出てきてもいいのにねぇ・・・
ここからは、ちょっとヘンタイの領域です。
ヨレヨレのシート、でも意外と体を支えてくれます。外の風景と微妙にリンクしない、現実感に乏しい寝ぼけた乗り心地もイイ。なんか不思議な気分です。悲鳴のようなプロパンエンジンの音、アイドリングでブルブル震えるフロア・・・なんかそれらが全部、心地良く感じた。
いかん、俺、そろそろ本当にヘンタイかも・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おっとヴィークロス

Photo_127 この妖怪みたいな奇妙なSUVは、いすゞのヴィークロス。
珍車・迷車の話をすると、必ずと言っていいほど出てくる日本を代表するレアカー(なんじゃそりゃ)です。

まるで火星探査車かなんかのような、非常に未来的でSFチックなデザインです。これを10年ぐらい前にやってたというのだから、驚きです。今もスタイリッシュなSUVとか言って、いろいろ出てきますが、コイツの前では霞みますね。インパクトでは依然として一番。カイエンだって敵わない。
それにしても、こんなんで後ろ見えるのかなー・・・運転難しそうなクルマです。

いすゞってのは、たまにぶっ飛んだクルマをつくりますよね。117クーペ、ピアッツァ、そしてこのヴィークロス等々。現在は乗用車から撤退してしまっているわけですが、今ももし乗用車をやっていたら、どんなぶっ飛んだクルマが出てきたのか、気になりますね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年12月15日 (金)

悪魔のレジェンド

Photo_126 ホンダレジェンドです。ピカピカのブラック、純正エアロ付き、そしてナンバーは「666」!
コワッ!悪魔のレジェンドです。関係ないけどゲームのチョロQの「悪魔パーツ」はいくらなんでもやりすぎだろうと思う。

このクルマ、SH-4WDとかいう駆動力を左右前後で変えて、コーナリングするというなんだかすごいテクノロジーが搭載されていて、発売当初は各メディアが試乗記やテクノロジー解説、欧州車などとの比較テストをやったりして、かなり話題になったものです。
それが今じゃどうだ!?名前もほとんど聞かないクルマになっちゃいました。ほんの2年ぐらい前の話なのに・・・
リアスタイルが地味めだから、走っていてもあまり気付かないのかな?いや、やっぱり台数が少ないんですよね。

あんなにもてはやしてたのに・・・このクルマを見ると、マスコミの冷たさというか、なんというかそういうものを感じます。あの特集を見て買った人たちはどうしろと?
ホント、今度こそは沈まないと思っていたのになぁ・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スーパーなCX-7

マツダ自らがスタイリッシュでスポーティなSUVだという、CX-7がもうすぐ日本でも発売されます。
正直このテのクルマはもうお腹いっぱいで、このCX-7もわりとノーマークなクルマだったんですが・・・Image01_1Image02 

こんなモノを見つけました。これってCX-7ですよね?アメリカのカスタムカーショーか何かに出品されたコンセプトカーかな?と思うのですが、詳しいことは知りません。
でも、こんなお遊びは大歓迎です。日産もムラーノでこういうお遊びやってくれないかなー・・・と思ってたらやってましたね。12007nissanmuranogtc

こっちははるかに現実的な仕様です。これはアリかも。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

岡山限定の

000054989 岡山三菱販売から、「アイ倉敷」という特別仕様車が100台限定で発売されました。
NAエンジンのSをベースに、国産ジーンズ発祥の地である倉敷ならではのジーンズ柄の専用シート生地や専用ステッカーを採用しました。倉敷ってそうなんだ、知らなかった。
000054992 ブルーグレーのシートカラーが、なかなかさわやかにきまっております。いいなーこれ。
その他、人気装備のCDプレーヤー+4スピーカーや、プライバシーガラスを装備。
それで価格は109万円。って、安いじゃないですか!いいなー、岡山でしか売ってないなんて、もったいないよ。000054995
リアにはこの漢字でデザインされた、専用ステッカーが。どのぐらいの大きさかは分かりませんが、なかなかですよね。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月13日 (水)

どっちだっけ?

Photo_125 こちらはエスティマのルシーダ・・・いや、エミーナだったか?
すみません、姉妹車に弱い私です。調べりゃ分かるのですが、今日のところはあえてこのままで・・・誰か教えて・・・

で、このエスティマ・エミーナ/ルシーダなのですが、ある日何気なく停まってるのを見て、キレイなカタチだなー、と思わずパシャリと。
ちょっと前はそこらじゅうにいて、珍しくもなんとも無かったクルマで、今もあまり変わりませんが、最近確実にFF化された2代目&現行型へのチェンジが増えてきてますよね。

大型過ぎて不評だった初代エスティマを小型化してつくられ、ヒットしたこのエミーナ/ルシーダ。アメリカンな感じのする大柄なエスティマも、全く古びないスタイルですが、私はそれ以上にこの“小型版”のスタイルも未来的でなかなかのものだと思っています。今までたくさんいたから気づかなかったけど、カッコいいクルマだったのね、これ。十何年前のクルマなのに、今のエスティマとフォルムは変わらず、十分の一の値段で買えて、しかもMRレイアウト。隠れた名車ですね。
このクルマの当時のライバルといえば、初代セレナかな?ウチは初代セレナのディーゼル乗りでしたが、商用車上がりのセレナとこのエスティマじゃ、雲泥の差なんだろうな、きっと。悔しいけどトヨタには勝てませんね。ま、コンパクトさと、スタイリングでは、セレナも負けてないと思うけど・・・

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

ビスタん。

Photo_123 トヨタのビスタです。
こないだ絵に描いたヤツ↓
http://pandacar.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_7e35.html

元祖背高系セダン。これ結構好きなんですよねー。5ナンバーでありながら、すごく広い(乗ったことないけど)。それでいて、微妙にハズしたスタイリングがいい。
ちょっとあったら楽しそうなクルマです。
再度言うけど、ベンチシート&コラム仕様もあったし、タクシーにピッタリだと思うんですがね・・・今もう無いですが。
今日の更新は比較的手抜き目で。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

還ってきたステレオ

Photo_122 修理に出していたステレオがやっと還ってきました。
これで大好きなライムスターの月曜WANTED!が録音できる!!
お、今日月曜じゃん。

それにしても3回立て続けの修理で、しかも1ヶ月も待たせるとは、どうなってるのよ某Y電機さん。正月にipodを買い換えようと思うのですが、Yで買うの止めようかな・・・でもYが一番近い電機屋なんですよね。
これでまた治ってなかったら、どうしようか。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

“普通ランサー”スタイリングが明らかに

000054642 来年のLAショーに出展される、次期ランエボのベースとなる“普通ランサー”の写真が公開されました。

こんな風になったのですね。“普通ランサー”もこれまでのダサいイメージから抜け出して、随分とカッコ良くなったものだ。それでもやはりエボの存在があるからか、随分と抑えた印象ですね。
まあこれは、北米仕様ですから、日本仕様はもう少し細部が変わるかもしれませんが、だいたいこんなもんでしょう。幅が広くなったので、3ナンバーは確定かと思われますが、ライバルと思われるシビック、シルフィ、カローラなどのセダン達の中でもなかなかいいと思います。インプレッサがどうなるか分からないですが、スバルはデザイン不安要素多いからなぁ・・・またあのグリルやるのかなぁ。ま、このランサーも、リアはアルファロメオからの借り物ですが、こっちは断然イイ感じで、マネするなら前より後ろだよなー、と思ってしまいます。

さ、エボはどうなる。000054644

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

青と赤

今でこそ、日産の販売会社はひとつにまとめられて、どのお店でも全ての車種を買うことができるようになっていますが、昔はいろいろあって、系列によって取り扱い車種が違いましたよね。プリンスとかモーターとかサティオとか、○○日産とか。
今でもその名残は、「ブルーステージ」と「レッドステージ」という看板に残っています。
ここからはちょっと前の話です。

5488_o 我が家はずっと、ブルー系にお世話になっています。
ブルー系で取り扱っていたのは、セドリックをはじめ、ローレル、セフィーロ、ブルーバードシルフィ、リバティ、エクストレイル等々。キューブやマーチ、エルグランドといった人気車種は両系列で扱っていました。

Exterior_9 それに対してレッド系は、グロリアをはじめ、スカイラインやフェアレディZ、プリメーラやサニー、セレナやサファリ等々。こちらもキューブやエルグランド等の人気車種はありました。

さて、いったいどちらがクルマ好きが喜びそうなラインナップでしょう。
答えは一目瞭然です。レッド系に決まってます。
誤解を恐れずに言えば、ブルー系はローレルやセフィーロ、シルフィなどダサいクルマしか取り扱っていないのに対し、あちらレッド系はスカイラインにZ、さらに名車プリメーラなど豪華ラインナップです。ミニバンにしても、レッドがまあまあ人気のセレナに対し、ブルーは鳴かずとばずのリバティ。何この不平等!?
ウチはブルー系なので、セレナはわざわざレッドから取り寄せて買いました。私はその頃スカイラインとかが好きだったのですが、ブルーではカタログも無く、代わりあるのは、ローレルやセフィーロ。今は初代セフィーロは大好きなクルマですが、その頃はもうFFのダサいオヤジセダンになってたし、昔のクルマなんて興味無かったので、なんだかなあという感じでした。
そして現在、ブルーでもこうしてスカイラインを取り扱うようになり、試乗もできるようになりました。やっと、長年の願いが叶った感じです。

しかし、売る側はなかなか困っていることもあるようです。
昨日試乗したときに聞いたら、その店ではまだスカイラインは1台も出ていないとのこと。そこが郊外の小さめの街のディーラーというのもありますが、やはりブルー系は、スカイラインの客は持たないのだとか。まだまだ扱い慣れてない部分もあるようです。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

なんでこれが入ってこない

000054491_1 オペルの中核車、アストラがマイナーチェンジしました。
と言っても、日本では買うことができません。なにせ、オペルはとっくに日本市場に撤退してしまっているからです。

アストラは結構評価の高いCセグメントカー。ゴルフとも十分張り合えます。走り、スタイリング、実用性ともにバランス良く、それでいてちょっとだけゴルフよりも安いという価格設定の魅力的なクルマ。しかもスポーツバージョンの2Lターボは240馬力と、実はGTIよりすごかったりする。そしてそして、これをベースにしたミニバンのザフィーラってのもあったりして、コレがまたいいんですよ。
リアハッチがすごく危険なカタチしてる、どっかの栗鼠よりも、これの方が全然いいと思うけどな。
今度のマイナーチェンジでもっと良くなってるんだろうなぁ、と思うと、以前は普通に売っていたクルマだけあって、なんだか納得できない気持ちで夜も眠れない(いやー最近咳がひどくて眠れない)。

なんでこんなクルマが日本に入ってこないんでしょう。売れない韓国車や、日本の交通に適合しないハマーとかは入ってくるのに。これこそ、日本に入れるべきクルマってモノでしょう。000054494

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ストリームのCM

000040620 今テレビ見てて、ストリームのCMが流れたんですが、曲に聞き覚えが・・・
あっ!ピーターガンじゃん!
私の大好きな映画、“ブルースブラザーズ”でかかってた曲です。
ボーカル付きかぁー・・カッコいいなあ。
ホンダのCMは曲が好きなのが多いです。クルマは微妙ですが・・・

ブルースブラザーズについては、今度紹介したいと思います。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

“ピノ”ってヤツが出るらしい

000016611_1 ところで今日、親戚の日産の人に、「ピノ」という新型軽自動車の話を聞きました。

ピノはスズキアルトのOEM。来年の1月に出ます。
アルトとの違いは、フロントバンパーとグリル、それからホイールキャップのデザイン。
実は、販売マニュアルをこっそり見せて貰ったのですが、バンパーのデザインは随分と変わってましたね。でも正直微妙でした。これならアルトの方がいいな、と。まあ、私はアルトっていうブランドが好きなんですが。
70万ぐらいで売り出すそうです。日産としては、貨物のアルトバンも欲しかったけれど、それはスズキに断られたとか。アルトバンは、営業車需要がかなりあって、オイシイ車なんだそうです。他にワゴンRとかも断られたそうです。一番の稼ぎ頭は、OEMしないことになっているらしい。オトナの事情ってヤツですね。
ちなみに、日産からはセレナがスズキのOEMされるらしい・・・セレナ乗りとしてちょっと複雑・・・

ところでウチのセレナ、フロントガラスの撥水をやり直してもらいました。これでワイパーも鳴かなくなった。

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (7)

スカイラインに乗ってきた

Photo_112 今日は、日産にスカイラインを観に行きました。
やれやれ、やっと実車と対面することができました。

お店にあったのはストラフィアブルーの250GT。一番安いヤツです。
でもそんなの全然関係ないぐらいカッコ良かった。やっぱり私の思ったとおりコレ、写真より実車のほうが断然カッコ良さが増すクルマですね。だいたいカタログの写真がCGだってバレバレだったし。
新型、カッコがイマイチだなぁ・・・と思っている方、実車を見たことないのであれば、見た方がいいですよ。印象変わるかも。フーガには全然似てません。

Photo_113 試乗もちょこっとしました。もちろん私は助手席ですが。
乗り込んで感じたのはインテリアの質感の高さ。アルミパネルは派手過ぎず、イイ感じです。やはり中央のアナログ時計はカッコいい。ナビ等のスイッチ類は巧くまとめたと思います。ステアリングは小径で太いですね。
そして予想以上のタイトさでした。これはスポーティーカーとしての演出ですね。なるほど、広いのが欲しい人はティアナを買えと。そういえば、助手席オットマンもオプション設定無かったな。スカイラインとティアナの両方の要素を兼ね備えたのが、フーガというわけですね。
走り出す。エンジン音はかなり静かです。もうちょっと聞こえてもいいかな?という気がしないでもないですが、これはおとなしい2.5Lだからでしょう。3.5Lはもっとイイ音が聞こえたりするのかな?
乗り心地は硬めで、低く座っているので、スポーティな感じが味わえますが、ヘンな揺れはありません。フラットで至って平和です。なるほど、これがプレミアムカーの乗り心地なのか、と思ってしまいました。

Photo_114 いやー、それにしても“いいクルマ”です。
とても最廉価グレードとは思えない内容です。パワーは2500で十分だし、シートは合皮で高級感は十分で、インパネも基本的に全グレード共通。ホイールも17インチで十分大きいし、上の18インチとデザインにそんなに違いはありません。
この試乗車に付いていたオプションはナビぐらい。装備も不足無し。
4WSとか要らないんだったら、250GTで十分じゃないですか。上のタイプVとかPとの違いは、不要な豪華装備だけだし。
私はナビも要らないから、オプションはフロアマットぐらいでいいや。
全く素の250GT。車両本体約280万。
お、これはほんのちょっとだけ現実的な数字です。色はこのストラフィアブルーか、ブレードシルバーがいいな。Photo_115 Photo_116 Photo_117

にほんブログ村 車ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

あっ、フーガだ

Photo_111 あっ、フーガだ!
と思わず撮ってしまいました。
いやー、やはり後ろ姿がカッコいい。
やはり最上級のV8の450GTがいいなと思っているのですが、こうなったら350GTでも、いやいや、250GTでもいい!どっかに落ちてないかなぁー。
まだまだ中古は高いです。こりゃ、かつてのセドグロのように簡単に値落ちしてくれそうには無いですね・・・気長に待つしかありません。

そういえば、こないだ登校中のまだ真っ暗な朝6時頃、ブラックのフーガが横を通り過ぎて行きました。暗闇の中で見るともっとカッコいい。しかもピカピカの黒で、純正の18インチアルミ(このホイール好き)履いてた。ありゃブラックセレクションだな、きっと。
やはりスカイラインよりフーガだな、と痛快した朝でした。

ところで恥ずかしながら、まだV36スカイラインの実車を見ていない私。見たらまた考え変わったりして。

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

クルマの旅

2cv02 今日はちょっと語ります。

私は免許を取って車の運転ができるようになったら、やりたいことがあります。
クルマの旅、ロングドライブ。クルマに乗って、どこか遠くまで行きたい。

我が家では何度か家族で旅行に行ったことがあるのですが、大抵移動は車でした。まあK児島に住んでいるのですが、Q州内の県は大抵制覇したし、本州に出たことも何度か。H海道に行ったことも2回あります。それら全て車で行きました。H海道も2度とも、K児島ナンバーのセレナ(1回目C23、2回目はC24)をフェリーに載せて乗り入れました。唯一OK縄に行ったときはさすがに飛行機で、現地の移動もバスでしたが、車での移動が大好きなパンダには、いささか物足りなかった。
で、K児島って日本列島の端っこですから、どこに行くにしてもだいたい最初は同じ道を通るんですよね。Q州自動車道。これを北へと向かうわけです。で、私はこれがすごくワクワクするんですよね。これからどっか行くんだなー、みたいな。
ま、田舎の高速なんで、車はそんなにたくさんは走ってないんですが、私にとっては好きな道なんですね。
で、それをいつか自分のクルマで走りたいなー、と。

早く免許取って、家のセレナかアイを借りて、この道を走ってみたいです。
そういえば最近、あまり遠くに行ってないんですよね。今のセレナはO分まで行ったのが最長、アイはMY崎まで行ったのが一番遠かったっけ?

いつか自分のクルマ買って、どこそこ行くのが楽しみです。
私の乗りたいクルマを当てはめると、C6やフーガみたいな大きめの車でドーッ、ていうのもいいけど、パンダやキューブみたいな小さめのクルマでちょこちょこ行くのもいいな。
どちらにしても問題はガソリン代と高速代・・・

夢はズバリ、シトロエン2CVで旅に出ること!
ということで、2CV結構頑張って描きました。

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (9)

レクサスISの高性能バージョン

テスト終わりましたー!
これでおおっぴらにブログ更新できます(してたじゃないか)。

000054306 本日もまた、来年1月の北米ショーの話題。
レクサスがISの高性能バージョンと、新しいスポーツ・コンセプトを出品するようです。
←で、IS高性能バージョンの写真がちょっとだけ公開されました。
IS-Fというそうです。Fってフォーミュラーのことか?
なんか派手なブルーで、マフラーがなんか面白いことになってます(あえてカッコいいとは言わない、斬新だけど)。気合い入ってるなー。

しかし少し心配ですね。ここまでレクサスは日本では上品なイメージで売ってきたというのに、ここでこんな激しい仕様を。このリアビューを見る限り、お世辞にも上品とは言えないぞ。ま、私はノーマルのISよりこっちの方がインパクトがあって好きですが。
レクサスのブランドイメージに早くも方向転換か?

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

新型アコードクーペ、北米ショーで公開

000054203 するそうです。今度の北米ショーは注目度高いですね。

これが事前に公開されたイラスト。
いや・・・・・・・・・・なんだ・・・・・・・・・・・激しくBMWのニオイが。
6シリーズにそっくりね、と思ってしまいました。ちょっとZ4も入ってるな。
クーペが6似ということは、セダンは5似かな?まあ、まだイラスト段階なんですが。

でも、一番の問題は、日本で次のアコードがあるのかということ。現行アコードを始め、シビック、インスパイア、レジェンド・・・泣かず跳ばずのホンダセダン。個人的には現行アコード結構好きだし、カーオブザイヤーも獲ったし、レジェンドも発売までかなり盛り上がったというのに、いざ売り出せばこれですよ。
ギャランみたいなことにならねばいいが。次のアコード、あるかなぁ?

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

輸入SUV三連発

面倒なので3つをまとめてみた。

000054075000054078 ポルシェカイエンが大掛かりなマイナーチェンジをしました。排気量アップで馬力もあがり(ターボは500馬力)、顔もご覧のとおり変わりました。でも依然としてウシガエルだなー・・・

000054110 ハマーH2に2007年モデルが登場。メッキパーツが増えました。なんか年々メッキが増えてる。そういえば最近3000万の特注仕様を亀田兄弟が買ったそうです。ミーハーやなー。

000053316 一週間ぐらい遡りますが、メルセデスのGクラスが小変更。おっと、まだつくってたんかい。ついこないだ次期型のGLクラスが出ましたが、本格派はこっちのG。継続生産中です。今回はATが7段になり、AMG仕様は500馬力にアップ。基本設計30年前だよね。大丈夫かな?それだけホネが丈夫なんだなきっと。

個人的にこの3台で一番好きなのはベンツ。Gは一番本格的で骨太で、インテリアとか信じられないぐらいダッシュボード浅くて、好きです。唯一生き残る“昔気質のベンツ”だし。EクラスCDIの次に欲しいメルセデスです。さすがに500馬力はいらねーが。
ハマーは、なんというか意外にヤワなんですよね。よくホントに軍用車を民間に仕立てたタフなクルマだと思っている人(とかマスコミ)がいますが、H1はそうだとしても、流行っているH2やH3は全くの別物なんですよね。H2は、GMのトラックをベースに外見をそれらしくしたクルマ。その成り立ちは似ても似つかない、オフロードに関しては全くのヘタレ車(そういう俺は全くのヘタレ高校生)。
カイエンはなんかキモチワルイ。ホントにウシガエルだ。いや、キモカワイイと言うべきか?ポルシェの引き締まったデザインを、こんなデブデブなSUVで表現するには無理がありますね。

そんなこんなの輸入SUVなのでした。                                                 

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月 4日 (月)

衝撃!キューブ間もなくマイチェンの事実

今日からテストでした。今日の教科は、国語の現代文と英語Ⅰと理科総合でした。手応えは・・・おっと、多くは語るまい。

ところで今日は衝撃の事実が判明しました。
なんと、キューブが年末年始にかけて、フェイスリフトも兼ねたマイナーチェンジを行うとのこと。顔が変わるってことです。

1165169438761 ←こんなふうになります(右:ノーマル仕様、左:新設定アクシス仕様)。
画像は拾いモノです。
コレはっきり言って、イヤだ。やはりキューブは丸目がいい。これはまだ噂ですが、テールランプもメッキの枠が追加されるらしいです。ああ、なんだか私の大好きなキューブからだんだん違うモノになっていってるような・・・
しかし残念ながら、来年にはこの顔になっているはずです。
どうしよう、親戚の日産の人に「キューブ新車で買う」と約束しちゃったんですが(なんじゃそりゃ)・・・

俺のキューブを返せーーーーーー!!!(泣)

というわけで、キューブ買おうかなと思ってる方はお早めに。絶対今のデザイン(欲を言えば四角穴グリルの初期型ですが)の方がいいに決まってます!
セレナ売って、現行型買う?(ぇ)Cube_cube3_01

←新型よりサイコーにイケてる今の

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ
                     ↑このマイチェンはダメでしょ。と思った方はポチっと

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年12月 3日 (日)

おもひでのパオ

Photo_110 今日は日産のパオをみました。
バブル期に日産が放ったマーチベースの“パイクカー”のうちの一台。
もう18年も前のクルマなのに、今でも結構現役で走ってるのを見ますよね。同時期の初代マーチはとうに絶滅してまず見ないのに。このパオも水色で綺麗だった。

実はこのパオってヤツ、昔ウチで乗っていました。3台セレナを乗り継ぐ前のクルマです。私が生まれたとき、ウチにあったのがコイツです。まだ全然小さい頃だったので、少ししか覚えてないのですが、確か色はコレと同じ水色で、キャンバストップじゃないフツーの鉄屋根で、フォグランプが付いてました。
いやー、アイといいこのパオといい、結構ヘンな車歴ですね、ウチは。
私のクルマ好きの原点は、スカイラインか何かかと思ってましたが、よく考えると、今ヘンなクルマが好きになっているのは、コイツのせいかも。キューブにビビッ!ときたのも、似てるからね、パオと今のキューブは。

乗った感じはあまり覚えてません。ただ、1Lでオートマで重たいので、遅かったという話は聞きました。
でもこのパオって、最近になって気付いたんですが、ものすごく造り凝ってますね。さすがバブル期。外装はベースのマーチの面影は全く無い。ま、全部専用品なんで当たり前ですが。マーチというかその当時のクルマと全く違うカタチしてるし、三角窓とか、ミラーとか、テールランプとか、スジ入りのボンネットとか、細かいところまで完璧にレトロです。
内装もすごい。これまたマーチの面影は全くナシ。今のこういうキャラクター狙いのクルマは、内装はせいぜいベース車に毛が生えた程度。このパオはすごい。あちこちの鉄板が剥き出しで(それもチープというより楽しい)、スイッチ類まで、昔風のちっちゃなレバーとかにしてあるし、オーディオも専用デザイン。「日産のパイクカーのデザインは、今でも十分通用する」とか「今売ったら絶対ウケる」などということを言う人がいますが、いや、全然今を超えてますから!この頃はエアバッグやナビのモニターなど必要無かったから、こんな自由なデザインができたのでしょう。今のインテリアデザインは要求が多すぎて、かなり不自由なんですね。
そう考えると、こういうクルマはコスト面も含めて二度と出てこないんだろうなぁ。なんだかんだ言って、バブルってすごい。
だから大事に乗ってる人が多いんでしょうね。

キューブもいいけどこのデザイン、欲しいなぁ。

・・・・・

いや、なんというか、明日からテストだったりする・・・・

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月 2日 (土)

ハァ?何言ってんだー

Photo_109 まずはこちらをご覧ください↓
http://www.gran-turismo.com/jp/sp/d375.html
グランツーリスモシリーズのプロデューサー、山内一典氏からのメッセージです。なんでも、今後のグランツーリスモシリーズのタイトル展開に、方針変更があるとか。
読んでいってみると・・・・

「『グランツーリスモHD』の製品戦略を見直し、『グランツーリスモ5』の開発を優先させます。『グランツーリスモ5』の発売時期については未定ですが、目処がつき次第ご報告致します。」

PS3が発売されてた今、それに続いてグランツーリスモHDも発売される予定でした。しかし、それが突然の発売中止。そして次回作はグランツーリスモ5という作品になるということ。しかし、発売時期の目処はたっていない。いつになるか分からないということ。
ハァ?何言ってんだー!?

「いやーなんか、グランツーリスモHD、間に合いそうにないし、なんかダメっぽいし、イヤになったちゃったから、ひとまずこれはやめて、次はやっぱり5にします。出るのいつになるか分からないけど、待っててね。」

こう言ってるようにしか聞こえないんですけど!!
私は近いうちにPS3を買うつもりは無い人間ですが、それでもこれはすごく腹が立ちました。ホントに客をナメてるとしか言いようがない。これずっと待ってた人はどうなるのよ。体験版ぐらいじゃ、ごまかせません。
PS3の不具合もですが、ソニーって会社、ヤバくないですか?

あ、ちなみに画像は何も関係の無いレックス・コンビです。

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

エボランダー、やるらしい。

000053785  またまたLAショーの話題です。

三菱はこんなコンセプトカーを出品していました。その名もエボランダー。ランエボ風アウトランダー。いや、アウトランダー・エボリューション?
アウトランダーをベースに、330馬力のスーパーチャージャー付き3LV6エンジンを搭載し、パドルシフト付き6速AT、ラリーアートのワイドなエアロ、OZの20インチホイール、ブレンボのブレーキでバリバリに強化したモデルです。
なんでも、三菱はこのエボランダーを、アウトランダーのラリーアートバージョンとして、市販することを検討しているとか。これは聞き捨てならない話です。かつてのRVRやパジェロエボなどの、「三菱ハイパワー(おバカな)SUV」が帰ってくるのか。アウトランダーはいいクルマですが、スポーツを謳っているわりにパワーに刺激がないため、なんかインパクトに欠けました。これは非常に楽しみな話です。
このエボランダーがどこまで市販型に反映されるのかも気になります。
今年は、ちょっと知的な感じでやってきた三菱ですが、来年以降からはランエボも含め、スポーティで過激な感じでやっていきそうですね。
周囲の目なんて気にするな!三菱にはこのスタイルを貫いて欲しい!000053788_3 

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

LAショーその2

昨日に引き続き、ロサンゼルス・ショーの話題。

000053350 このリアスタイルが綺麗なクーペは、日産の北米専用サルーン、アルティマのクーペ、アルティマ・クーペです。Zやスカイラインに通じるスポーティな雰囲気ですが、なんとアルティマはFF。FFの大きめの2ドアクーペなんて、いかにもアメリカでしか成り立たないジャンルですね。しかし、アルティマはなかなかスポーティでカッコいいミドルサイズセダンなので、日本でも売って欲しいな。

000053335 これはあのジウジアーロ先生率いるイタル・デザインが、マスタングをベースに完全にデザイン仕直したものです。イタル・デザインの考えるマスタング、と言ったところ。デザインディレクターはジウジアーロ先生の息子、ファブリツィオ(息子がいたんだ)。まあ、これは、あくまでコンセプトカーですが。

000053493 最後にこのクルマ、VWのSUVコンセプトです。
巷で噂されているゴルフベースのSUV。ミニ・トゥアレグというヤツですね。ちょっとギラギラし過ぎているような気もしますが、コンパクトなSUVというのはいいかも。

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »