« 伝説のデボネアAMG | トップページ | チョロQアイ »

2006年11月 4日 (土)

ヒコーキっぽいクルマ

航空機がルーツのメーカーといえば、日本ではスバルが思い浮かびますが、スウェーデンにも、スバルと同じターボが得意で、航空機メーカーでもあるサーブがあります。

Photo_89 サーブのデザインはとても個性的です。最近は薄れてきたと言われますが、それでもスラントしたノーズと、高いトランクは、航空機メーカーならではの空力を意識したデザインです。この辺、ヒコーキっぽさの演出がサーブは本当に巧いなと思います。

000035726 それに対してスバルは、同じ航空機がルーツながら、アルファロメオをひっくり返したようなグリルを、「ヒコーキの羽です」と言い張る・・・
この差はいったい・・・

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

|

« 伝説のデボネアAMG | トップページ | チョロQアイ »

コメント

いや~実にサーブは個性的なお顔立ちをされてますな~
昔っからこのお顔を守り続けてきたサーブ様はスゴイ!
それにひきかえ何と言うかスバルは、つい数年前からいきなりスプリットを採用して「これがスバル顔じゃ!」と言わんばかりにいきなり出してきたからの~
そんな、あのデザインであんなん全車種に採用するとか言われてもスバルとしてどうかと←自分が嫌いなだけ
レガシィもあんな顔になるのかな?

投稿: 八十 | 2006年11月 5日 (日) 13時01分

スバルのデザインは未完成で、まだまだこれからって感じですね。
でもR2から始めたあのグリルなのに、R2はマイチェンで止めちゃったりして、でもトライベッカやインプはしっかりあの顔だったりして、でもステラはごくフツーのグリルで、レガシィは猫みたいな変な顔になっちゃたりして、いまいちスバルの方向性がよく分からない・・・

投稿: パンダ | 2006年11月 5日 (日) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134146/4067336

この記事へのトラックバック一覧です: ヒコーキっぽいクルマ:

« 伝説のデボネアAMG | トップページ | チョロQアイ »