« あれ、ウイングは? | トップページ | ワルモノのクルマ »

2006年11月 9日 (木)

素晴らしいヨーロッパのバン

000051416 プジョーシトロエングループとフィアットが、商用バンを共同開発しました。それぞれ、プジョー・エキスパート、シトロエン・ディスパッチ、フィアット・スクードといいます。
日本では全然馴染みのないモデルですが、ヨーロッパにおけるハイエースみたいな存在です。

私が、日本車は欧州車に絶対に勝てないと思っている分野が商用車です。あらゆる部分で負けています。
例えばこの3台、カッコがとても素晴らしい。日本の下手なミニバンよりずっとカッコいい。ハイエースもだいぶマシになったとはいえ、やっぱり差を感じます(決して、外国のモノだからカッコ良く見えるだけではなくて)。だいたいなんで日本の商用バンは、いまだにあんな古臭いキャブオーバー型のワンボックスなんでしょうか。今どきコレやってるのは日本ぐらいです。なぜそんなにこだわる?
カッコだけではありません。こういうヨーロッパのバンは大概高性能ディーゼル+6MTで結構速い。まあこれは、日本でディーゼルをおおっぴらに開発できない、というのもあるでしょうが。
こういう事実を突きつけられると、「日本はミニバンが得意」って言うけど、ホントにそうかぁ?って思えてきます。

それにしてもヨーロッパのバンは素晴らしい。この3台とは別ですが、ルノー・トラフィックなんてもっと凄いです。今度紹介しようと思いますが、ありゃ世界一のバンですぜ。000051413 000051419

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

|

« あれ、ウイングは? | トップページ | ワルモノのクルマ »

コメント

キャブオーバー型が作られているのは国内の道路事情、ナンバー制度、そして車庫事情があるからでしょうね。
顧客に求められるモノを作るのが、最も大切な車種でしょうから。
使い勝手のためといって、5cmも大きさが変わったら駐車スペースを確保出来ないなんていうこともあるでしょうからね。

200型ハイエースはスーパーロングハイルーフがワイドボディになってしまったので、このカテゴリーではE25型キャラバンに増えているような気がします。

ミニバンに関しては同意です。
スバル・トラビック(オペル・ザフィーラ)の使い勝手と運転席の印象はかなり良かったです。

投稿: げしょ | 2006年11月10日 (金) 00時30分

げしょさん、どうも。

そうなんですか。でもハイエースもキャラバンも今は3ナンバーですよね。
せめて日本のミニバンにも高性能なディーゼルを載っけて欲しいです。ミニバンの役割にすごく合ってると思うのですが。
誤解かもしれませんが、ルノー・トラフィックはスバル・トラヴィックとは関係ありません。トラヴィックもいいクルマですね。新型のザフィーラが(というかオペルが)日本で買えないのが本当に残念です。

投稿: パンダ | 2006年11月10日 (金) 19時29分

ごめんなさい
商用車(4ナンバー)についてのコメントでした。
200系ハイエースのワゴンは3ナンバーモデルしかありませんが、E25系キャラバンのワゴンモデルには排気量以外は5ナンバー枠に収まるものがあります。
http://www.nissan.co.jp/SILKROAD/E25/0512/CONCEPT/main1.html

勤め先にあるZD30DDTi+5MTのキャラバン・ロングDXは結構軽快に走ります。(3/6人乗りの1トン積み、4ナンバーです。)
クオーターウインドウがあっても商用車になる日本のモデルならではの、ルーミーな荷室もなかなかいい雰囲気です。

投稿: げしょ | 2006年11月11日 (土) 00時04分

あっ、そうなんですか。
エンジン排気量が大きいからなんですね。
私の親戚の叔父さんに、画材屋さんで働いてる人がいるのですが、最近会社の車が旧いハイエースからディーゼルのキャラバンに変わって、すごくよく走ると言っていました。燃費は下がったとも言っていましたが。
私も「キャラバンシルクロードいいなあ」と思ってわざわざカタログ貰ってきたことがあります。ちょっとフロントマスクがヨーロッパっぽくていいですよね。

投稿: パンダ | 2006年11月11日 (土) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134146/4128083

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしいヨーロッパのバン:

« あれ、ウイングは? | トップページ | ワルモノのクルマ »