« 笑えない中国のコピー車たち | トップページ | 好きな構図 »

2006年11月21日 (火)

悲願のHDDナビ

Navi1 ところで昨日言い忘れましたが、この新型スカイラインから、やっと日産の純正メーカーオプションのナビがDVDからHDDになりました。
本当にやっとです。ホンダがHDDを採用したのは何年前だっけ?って感じですが、日産のメーカーオプションナビは今回は初HDDナビ採用です。

Photo_102 日産のメーカーオプションナビの特徴は、インパネのつくりが専用になることです。モニターとスイッチがパネルに最初から組み込まれていて、このセンターのスイッチ類でナビとオーディオの操作ができます。質感はともかく、パネルが専用品なので見栄えは他メーカーの純正ナビ/オーディオに比べ格段にいいです。
ウチのセレナ(写真)もそうですが、スイッチ類も大きくて、ほとんどが日本語で表示されているので、とても分かりやすい。
弱点は3つ。ひとつはナビがいまだにDVD方式で、性能には他の最新HDDナビに大きく引けをとるということ。2つめは、インパネのデザインがどのクルマも似たり寄ったりになってしまうということ。そして3つめは、社外品のオーディオに交換することは基本的に無理ということです。
2つめはともかく、ナビの性能に問題があるのは重大です。社外品に交換することが不可能ならなおさら。この問題はどのクルマにも言えます。セレナでもフーガでもナビは同じDVDなのです。これはもう、日産車全体の問題とも言えました。

そこでやっとこと登場したのが、今回のスカイラインのHDDナビ。やっと時代に追いつきました。スカイラインだけでなく、できるだけ早いうちに他の車種もHDDに切り替えて欲しいものです。でも今の日産のことだから・・・

にほんブログ村 車ブログへ 人気blogランキングへ

|

« 笑えない中国のコピー車たち | トップページ | 好きな構図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134146/4266928

この記事へのトラックバック一覧です: 悲願のHDDナビ:

« 笑えない中国のコピー車たち | トップページ | 好きな構図 »