« ~クルマの顔~ Vol.03 プジョー407とその仲間たち | トップページ | 開国!ディーゼルメルセデス »

2006年8月29日 (火)

もはやリスペクトに値する

000042742 ランサーエボリューションがまた進化です。この型のランサーでは最後の進化だと思われます。ランサーエボリューションIXMRといいます。もはやここまで来るとリスペクトに値します。
今度もワゴンはあります。ウィングがない分少し地味でいいです。
しかし、ランエボもだんだん少しずつではありますが、大人っぽいデザインになりつつありますね。次のエボはベースが変わるらしいので、どんなスタイルになるか楽しみです。GT-Rとともに、期待しているスポーツカーのひとつです。
残念なのは、ランエボにしろ、インプレッサにしろ、ただ速いだけで、4ドアであることを生かせてないような気がするところです。基本的に2ドアクーペが多いスポーツカーなかで、せっかく万能なセダンボディなんだから、セダンならではの何かが欲しいです。せっかく4枚のドアとちゃんと座れるリアシートと、大きなトランクがあるんだから。000042745

|

« ~クルマの顔~ Vol.03 プジョー407とその仲間たち | トップページ | 開国!ディーゼルメルセデス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134146/3248846

この記事へのトラックバック一覧です: もはやリスペクトに値する:

« ~クルマの顔~ Vol.03 プジョー407とその仲間たち | トップページ | 開国!ディーゼルメルセデス »